能登国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
能登国
地図 令制国 能登国.svg
-能登国
-北陸道
別称 能州(のうしゅう)
所属 北陸道
相当領域 石川県北部(能登半島
諸元
国力 中国
距離 中国
4郡26郷
国内主要施設
能登国府 石川県七尾市
能登国分寺 石川県七尾市(能登国分寺跡
能登国分尼寺 (未詳)
一宮 気多大社(石川県羽咋市
テンプレートを表示

能登国(のとのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。北陸道に属する。

沿革[編集]

養老2年(718年5月2日越前国から羽咋郡能登郡鳳至郡珠洲郡の四郡を分立して成立した。天平13年(741年12月10日越中国に併合された[1]が、天平宝字元年(757年)に再び分立した。

また、天元3年(980年)、『和名抄』の編纂で有名な源順が能登国守として赴任している。

能登郡の名称は後に鹿島郡へと改められた。

近代以降の沿革[編集]

領域[編集]

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。太字の自治体及び郡は全域が、通常体は一部が国土にあたる。

国内の施設[編集]

国府[編集]

源順の『和名抄』には「能登国国府在能登郡」とあり、現在の七尾市古府の総社の付近か府中町にあったと推定されている。発掘調査はまだなされていない。

国分寺・国分尼寺[編集]

国分僧寺は、新たに創建されたものではなく、飛鳥時代後期(700年頃)に創建された大興寺を承和10年(843年)に国分寺としたものである。国分寺跡には建物の基壇や柱跡が表示され、南門と塀が復元されている。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社1社1座・小社42社42座の計43社43座が記載されている。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。
総社一宮以下
  • 総社 能登国総社 (能登国魂神社とも、七尾市古府) - 源順が能登守の時代、大穴持命を祀っていた神社に国内の有力神社43社の神を勧請・合祀し、現存する。
  • 一宮 気多大社
  • 二宮 伊須流岐比古神社または天日陰比咩神社

地域[編集]

[編集]

国司[編集]

能登守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

武家官位としての能登守[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 能登国が越中国に併合されていた時期に越中国守となった大伴家持天平感宝元年(749年5月14日に妻のために珠洲郡の真珠を求めた歌が『万葉集』に残されている。
  2. ^ 旧高旧領取調帳」は能登国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書13 旧高旧領取調帳 中部編」(近藤出版社、1977年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]