羽前国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東山道 > 羽前国
羽前国の位置

羽前国(うぜんのくに)は、東北戦争終結直後に出羽国を分割し制定された、日本の地方区分のの一つ。東山道に位置する。別称は羽後国とあわせて、または単独で羽州(うしゅう)。領域は現在の山形県のうち、飽海郡酒田市北部(最上川以北)を除いた大部分にあたる。

沿革[編集]

地域[編集]

[編集]

以下の四郡で構成された。

人口[編集]

明治5年(1872年)の調査では、人口56万0984人を数えた。

脚注[編集]

  1. ^ 「旧領旧高取調帳」では天童藩領の全域が天童県の管轄となっており、減封の対象となった村の詳細は不明。
  2. ^ 羽前國飛島管轄替関係絵図(国立公文書館デジタルアーカイブ)
  3. ^ 「旧領旧高取調帳」では佐倉県・館林県・館県・土浦県の管轄となっているが、誤記とみられる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]