豊前国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊前国
地図 令制国 豊前国.svg
-豊前国
-西海道
別称 豊州(ほうしゅう)[1]
二豊(にほう)[1]
所属 西海道
相当領域 福岡県東部、大分県北部
諸元
国力 上国
距離 遠国
8郡43郷
国内主要施設
豊前国府 1.福岡県京都郡みやこ町(豊前国府跡)
2.(推定)福岡県行橋市
豊前国分寺 福岡県京都郡みやこ町(豊前国分寺跡)
豊前国分尼寺 (推定)福岡県京都郡みやこ町
一宮 宇佐神宮(大分県宇佐市
テンプレートを表示

豊前国(ぶぜんのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。

領域[編集]

領域は福岡県東部に属す北九州市の東側(小倉北区小倉南区門司区)、筑豊地方の東側(田川市田川郡)、京築地方の全域を中心に、大分県北部(中津市宇佐市)にまで跨っていた。

明治9年、豊前一国であった小倉県の大半(6郡)が福岡県に編入され、山国川以南の2郡は大分県に分割されたが、豊前国として共通の歴史を持つため、現在でも文化面、生活面での結び付きが強い。

なお、豊前豊津出身の堺利彦はその自伝の中で、「筑前筑後、豊前の三国が福岡県を成しているのだが、私は福岡県人と呼ばれることがあまり嬉しくなかった。何だか筑前の附属になったような気持のするのが少し厭だった。福岡県というものは、私に取って、故郷でない。故郷はただ豊前ばかりである。私はどこまでも、豊前人でありたい。ただし豊前の中でも、北部の六郡の元小倉領だけに親しみがある。」と記している。

沿革[編集]

7世紀末に、とよのくに、とよくに)を分割して、豊後国とともに設けられた。豊前は、平安時代まで和名で「とよくにのみちのくち」と読んだ。

1871年明治4年)、豊前国内にあった3県が統一されて小倉県となった。1876年明治9年)4月に小倉県は福岡県に編入され、同年8月、豊前国(延喜式8郡)のうち最南部の2郡(宇佐郡・下毛郡)は大分県に編入された。

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は、仲津郡(現 福岡県1896年明治29年)2月26日 京都郡に編入)にあった。仲津郡は、景行天皇による豊国地名伝承発祥の地(『風土記』)である。なお、現在の福岡県京都郡みやこ町(旧豊津町)の国作~総社地区で遺跡が発見され、豊前国府跡公園として整備されている。

国分寺[編集]

豊前国分寺
福岡県みやこ町(旧豊津町)

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社3座3社・小3座3社の計6座6社が記載されている。大社3社は以下に示すもので、全て名神大社である。
  • 宇佐郡 八幡大菩薩宇佐宮
  • 宇佐郡 比売神社
  • 宇佐郡 大帯姫廟神社

これらは宇佐神宮(大分県宇佐市)に関わる神社である。なお小社3社はいずれも現在の香春神社であり、6社とも渡来系の神であることが特色である。

総社一宮
  • 総社 惣社八幡神社 (福岡県京都郡みやこ町国作字総社)
  • 一宮 宇佐神宮

二宮以下は存在しない。

安国寺利生塔[編集]

  • 興国寺 - 福岡県福智町上野。
  • 安国寺 - 福岡県北九州市小倉北区竪町。

地域[編集]

[編集]

8郡(延喜式)

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国時代[編集]

主として彦山権現宇佐八幡等の寺社勢力、および城井氏麻生氏等の宇都宮氏一族を中心とした国人衆が割拠していた。ここに大内氏大友氏等の隣接する戦国大名が守護代等として杉氏(大内系)や田原氏(大友系)を置いて、門司氏貫氏香月氏豊前長野氏豊前佐々木氏時枝氏などの各勢力はその下で離合集散を繰り返していた。

豊臣政権の大名[編集]

武家官位としての豊前守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

豊前国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 別称「豊州」・「二豊」は、豊後国とあわせて、または単独での呼称。

関連項目[編集]