嘉麻市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かまし
嘉麻市
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
団体コード 40227-3
面積 135.18km²
総人口 39,661
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 293人/km²
隣接自治体 飯塚市田川市朝倉市
田川郡川崎町添田町
朝倉郡筑前町東峰村
嘉穂郡桂川町
市の木 さくら
市の花 ツツジ
嘉麻市役所
所在地 820-0502
福岡県嘉麻市上臼井446番地1
北緯33度33分47.8秒東経130度42分41.7秒
外部リンク 嘉麻市

嘉麻市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

嘉麻市(かまし)は、福岡県筑豊地方南部の2006年平成18年)3月27日山田市嘉穂郡稲築町碓井町嘉穂町合併して誕生。

市名は一般公募に基づくもので、この地域の旧郡名であった「嘉麻郡」(1896年明治29年)に麻郡波郡が合併して嘉穂郡となる)に因む。

一旦は、飯塚市山田市嘉穂郡の2市8町での合併協議会が設立されたが、桂川町が合併協議会を離脱したためこの合併は成立せず、上述の通り、山田市と嘉穂郡3町での合併が協議・成立した。

地理[編集]

福岡県のほぼ中央部、飯塚市の南、朝倉市の北、田川市・郡の西に位置する。内陸気候のため寒暖の変動が激しい地域で、雪が降ると積雪することもある。かつて筑豊有数の炭鉱都市として栄えたが、現在はすべて閉山しており人口減少や急激な過疎化が進んでいる。市域中央部を遠賀川が流れ、市域南部は標高1000m以上の筑紫山地が連なる。

隣接する市町村[編集]

地名[編集]

旧山田市
  • 上山田
  • 熊ヶ畑
  • 下山田
  • 猪国(1955年、猪位金村より編入)
旧稲築町
  • 稲築才田(嘉麻市合併時に才田より改称)
  • 岩崎
  • 漆生
  • 鴨生
  • 口春
  • 山野
旧碓井町
  • 飯田
  • 上臼井
  • 光代
  • 下臼井
  • 西郷
  • 平山
旧嘉穂町
  • 牛隈(旧大隈町)
  • 大隈(旧大隈町)
  • 大隈町(旧大隈町)
  • 上西郷(旧大隈町)
  • 貞月(旧大隈町)
  • 中益(旧大隈町)
  • 小野谷(旧宮野村)
  • 上(旧宮野村)
  • 九郎原(旧宮野村)
  • 桑野(旧宮野村)
  • 宮吉(旧宮野村)
  • 芥田(旧千手村)
  • 泉河内(旧千手村)
  • 嘉穂才田(旧千手村。嘉麻市合併時に才田より改称)
  • 千手(旧千手村)
  • 大力(旧千手村)
  • 東畑(旧千手村)
  • 馬見(旧足白村)
  • 椎木(旧足白村)
  • 屏(旧足白村)

歴史[編集]

安土桃山時代[編集]

戦国後期までに、現市の全域は秋月氏が支配していた。豊臣秀吉九州征伐で攻めてきた時は、農民たちが秀吉に協力し、一夜で城を造った事で有名である(この後、秀吉は感謝の印として、農民たちに陣羽織を送った。現在は市内の大隈地域(旧嘉穂町大字大隈)にある)。島津氏との同盟を重んじ秀吉に抗戦した秋月氏は日向高鍋に転配され、当地は福岡・黒田氏の領地となった。

江戸時代[編集]

黒田長政は遺言によって三男の黒田長興に5万石を分知し、秋月藩を立藩させた。以後、秋月藩は明治まで福岡藩支藩として秋月(現在の朝倉市)を城下町として、黒田氏が支配した。この間、大隈は当地の中心地として栄えた。

明治時代 - 昭和時代前期[編集]

明治維新後、現市の全域では石炭産業とその関連産業が起こり、大いに繁栄した。中でも、熊田村(後の山田市)や、碓井村(後の碓井町)、及び稲築村(後の稲築町)は採炭地として、また、大隈町(後の嘉穂町)は商業農業の中心地として、それぞれ栄えた。千手村、足白村、宮野村(いずれも後の嘉穂町)では農業の方が盛んであった。 特に、昭和時代に入ると戦争(太平洋戦争)が始まり、石炭の需要が多くなり、筑豊地域は多くの人で賑わった。

昭和時代中期 - 現代[編集]

終戦を迎えた後も暫くは、復興を模索して混迷する日本経済のなかで、筑豊地域は産炭事業に従事する人が多く、比較的繁栄を維持していた。しかし、朝鮮戦争以後、日本が高度経済成長に向かうと、危険な採炭業は次第に魅力が乏しくなり、更に、エネルギー革命が起こると石炭の需要が急激に減少した。そのため、昭和30年をピークにして、坑夫数、人口はともに急激に減少した。炭鉱都市であった旧山田市では採炭業衰退の影響が特に大きく、人口はピーク時の約4分の1まで減少した。今尚、どの地域でも過疎化が進み、牽引役となる新たな産業の育成に苦しんでいる。さらに市の財政も厳しくなっており、経常収支比率は110%を超えている。これは福岡県内で最も高い数値である。

市の変遷[編集]

歴代市長[編集]

  1. 松岡賛(2006年4月23日-2014年4月22日)2期

行政[編集]

市長[編集]

  • 赤間幸弘(1期目)
  • 任期:2018年4月22日

市議会[編集]

  • 定数:22人(次期改選から18人)
  • 任期:2015年4月30日

庁舎[編集]

  • 嘉麻市役所(旧碓井町役場)
  • 同稲築庁舎
  • 同嘉穂庁舎
  • 同山田庁舎

警察[編集]

消防[編集]

  • 飯塚地区消防本部
    • 山田消防署
      • 稲築派出所
      • 嘉穂派出所
      • 碓井派出所

地域[編集]

人口[編集]

Demography40227.svg
嘉麻市と全国の年齢別人口分布(2005年) 嘉麻市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 嘉麻市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
嘉麻市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 58,420人
1975年 54,860人
1980年 54,703人
1985年 54,510人
1990年 52,497人
1995年 50,804人
2000年 48,378人
2005年 45,929人
2010年 42,607人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

小学校[編集]

市立

  • 嘉麻市立稲築西小学校
  • 嘉麻市立稲築東小学校
  • 嘉麻市立牛隈小学校
  • 嘉麻市立碓井小学校
  • 嘉麻市立嘉穂小学校
  • 嘉麻市立上山田小学校
  • 嘉麻市立熊ヶ畑小学校
  • 嘉麻市立下山田小学校

中学校[編集]

市立

  • 稲築中学校
  • 稲築東中学校
  • 碓井中学校
  • 嘉穂中学校
  • 山田中学校

高等学校[編集]

専門学校[編集]

県立

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 華文刺縫陣羽織(はなもんさしぬいじんばおり)豊臣秀吉所用

福岡県指定史跡[編集]

  • 鎌田原(かまたばる)弥生墳墓群

特別天然記念物[編集]

  • 古処山ツゲ原始林

交通[編集]

最寄空港は福岡空港もしくは北九州空港

鉄道[編集]

上記の駅は列車の運行の本数が少ないため、一般的には福北ゆたか線桂川駅新飯塚駅の利用客が多い。

バス[編集]

道路[編集]

町内に高速道路はない。 最寄のインターチェンジは以下の通り。

一般国道[編集]

主要県道[編集]

一般県道[編集]

道の駅[編集]

嘉麻市に本社を置く企業[編集]

嘉麻市出身の主な著名人[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

こぼれ話[編集]

「嘉麻」という地名は古くからあった由緒あるもので、「嘉穂」の「嘉」は「嘉麻」から採られたものである。しかし平成の大合併でこの地名を復活させるにあたり、「かま」という発音が所謂「オカマ」に通じるとして、一部の市民から合併協議会に批判的な意見も寄せられていた。

その後、「オカマ」として知られ2010年に福岡市を事実上の生活の拠点としたおすぎが、かつてKBCラジオで「嘉麻市は何であたしを呼んでくれないのよぉ」と発言していたこともあり、嘉麻市内では町おこしとして「釜飯」ならぬ「嘉麻飯」(かまめし)を売り出すことを発案。2010年10月に開いたイベントにおすぎをゲストに招き、そのメニューを決めた。嘉麻市は翌2011年、おすぎを仕事で付き合いがあった原田愛子とともに観光大使に任じた。

外部リンク[編集]