須恵町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すえまち
須恵町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
糟屋郡
団体コード 40344-0
面積 16.33 km²
総人口 27,040
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 1,660人/km²
隣接自治体 飯塚市
糟屋郡粕屋町篠栗町志免町宇美町
町の木 ヤマモモ
町の花 ツツジ
町の鳥 ウグイス
須恵町役場
所在地 811-2193
福岡県糟屋郡須恵町大字須恵771番地
北緯33度35分14.1秒東経130度30分25.8秒
Sue town office.jpg
外部リンク 須恵町ホームページ

須恵町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
町内風景

須恵町(すえまち)は、福岡市の東部、福岡県糟屋郡にあるである。

正式表記は「須恵町」だが、「須惠町」と表記している文書やウェブサイトも多い。

地理[編集]

福岡県の中央部よりやや北西寄り、福岡市の東約10kmの場所に位置する。

福岡都市圏の一部である。町の中央部を須恵川が東西に流れており、その源流には須恵ダムがある。町東部は山地で、飯塚市との間に通じる道路は「ショウケ越」と呼ばれる険しい峠道である。中心部は町の南西部。

町西部には粕屋町志免町にまたがるボタ山が残っている。

近年では、町北西部から南西部にかけて、福岡市のベッドタウンとしての開発が進んでおり、住宅数が急増してきている。

隣接している市町村[編集]


地名[編集]

  • 植木
  • 上須恵
  • 佐谷
  • 新原
  • 須恵
  • 旅石

歴史[編集]

須恵の町名は、古墳時代須恵器が当地で生産されていたことに由来するといわれている。江戸時代1764年には福岡藩の御用窯が設置されたが、明治時代に廃された。明治から昭和にかけては炭坑村として有名だった[1]

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行により、須恵村が発足。
  • 1953年4月1日 - 町制施行。須恵町となる。

行政[編集]

町長[編集]

  • 中嶋裕史(4期目)
  • 任期:2018年4月30日

町議会[編集]

  • 定数: 14人
  • 任期: 2015年4月30日

主な施設[編集]

  • 町立歴史民俗資料館
  • アザレアホール須恵(須恵文化会館)
  • カルチャーセンター
  • 須恵町立図書館

消防[編集]

  • 粕屋南部消防本部
    • 南部消防署(志免町)

警察[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography40344.svg
須恵町と全国の年齢別人口分布(2005年) 須恵町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 須恵町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
須恵町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 12,350人
1975年 15,849人
1980年 18,546人
1985年 20,085人
1990年 22,209人
1995年 24,125人
2000年 25,086人
2005年 25,601人
2010年 26,047人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

須恵町立
  • 須恵中学校
  • 須恵東中学校

小学校[編集]

須恵町立
  • 須恵第一小学校
  • 須恵第二小学校
  • 須恵第三小学校

産業[編集]

かつては石炭産業で栄えたが、昭和30年代のエネルギー革命で衰退。跡地を工場団地として再生を図っている。

名所・旧跡・観光[編集]

  • 福岡藩磁器御用窯跡

交通[編集]

空港[編集]

福岡空港が最寄り。

鉄道路線[編集]

須恵中央駅

バス路線[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

パーキングエリアだがスマートインターチェンジでありETC搭載車両に限り出入り可能。

県道[編集]

主要地方道

須恵町出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 須惠村地方 , 海軍炭坑で知られた須惠村『糟屋郡地誌』香椎高等女学校地理教室編 (香椎高等女学校, 1937)

外部リンク[編集]