九州自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高速自動車国道
(有料)

九州自動車道

九州自動車道
地図
Kyushu Expressway.svg
総距離 346.4km
開通年 1971年 - 1995年
起点 福岡県北九州市門司区門司IC
主な
経由都市
福岡県福岡市久留米市
熊本県熊本市
終点 鹿児島県鹿児島市鹿児島IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
福岡県八女郡広川町・福岡県八女市境界付近(広川IC 2km手前)

九州自動車道(きゅうしゅうじどうしゃどう、KYUSHU EXPRESSWAY)は、福岡県北九州市門司区を起点とし、佐賀県、再び福岡県に入り、熊本県宮崎県経由鹿児島県鹿児島市に至る、総延長 346.4km高速道路高速自動車国道)である。略称は九州道(きゅうしゅうどう、KYUSHU EXPWY)。国土開発幹線自動車道の路線名は九州縦貫自動車道

門司IC-福岡IC間は AH1 アジアハイウェイ1号線にも指定されている。

概要[編集]

九州縦貫自動車道鹿児島線の全区間に相当する。宮崎県えびの市以北では九州縦貫自動車道宮崎線との重複区間でもあり(宮崎線のえびの市以南は宮崎自動車道として供用中)、加治木JCT以南では東九州自動車道との重複区間でもある。

九州の中央部よりやや西側を、南北にほぼ直線に貫く形で建設されており、大部分が国道3号JR鹿児島本線などと並行する。ただし、熊本県八代市八代IC以南は八代海沿岸を通過する国道3号や、かつてのJR鹿児島本線 八代駅-川内駅間を結ぶ肥薩おれんじ鉄道とは南九州西回り自動車道が並行しており、九州自動車道は九州山地矢岳高原霧島連山栗野岳直下を長大トンネルで貫く短絡ルートとなっている(このルートは肥薩線国道221号国道219号にほぼ並行する)。

九州を南北に結ぶ高速交通網として機能しており、加えて長崎自動車道大分自動車道・宮崎自動車道と接続することで九州本土の各主要都市を相互に連絡する高速交通網としても機能している。また、北九州・福岡大都市圏の基幹道路となる八幡IC-南関IC間は、全区間で交通量が4万台以上で、場所によっては9万台を超えるなど、全国的に見ても交通量が多い。

その一方で、これらの高速道路網から離れた都市との地域間格差も生じており、特に大分県南部・宮崎県北部・鹿児島県大隅地方ではその傾向が顕著であるため、九州自動車道を補完する目的で九州の東側沿岸に東九州自動車道、八代海沿岸に南九州西回り自動車道、九州山地の中央部に九州中央自動車道の建設が進められている。

通過市町村[編集]

接続高速道路[編集]

九州自動車道・長崎自動車道・大分自動車道が接続する鳥栖JCT[1]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用開始済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用開始されていない、または完成していないことを示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
  • スマートICは背景色で示す。
  • 路線名の特記がないものは市町村道
  • BSのうち、○/●は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。

凡例 JCT : ジャンクション、IC : インターチェンジ、SIC : スマートインターチェンジ、SA : サービスエリア、PA : パーキングエリア、BS : バスストップ、TB : 本線料金所、TN : トンネル

IC
番号
施設名 接続路線名 門司から
(km)
BS 備考 所在地
関門自動車道(関門橋) 山口広島方面
1 門司IC 北九州高速4号線
県道72号黒川白野江東本町線
0.0 福岡県 北九州市
- 畑BS - 4.0 休止中
1-1 新門司IC 県道71号新門司港大里線 4.4 福岡方面出入口のみ
開発インターチェンジ
- 吉志PA - 6.2
- 葛原BS - 11.1 休止中
2 小倉東IC 北九州高速1号線
国道10号曽根バイパス
13.3
2-1 北九州JCT 東九州自動車道 16.4
3 小倉南IC 国道322号 20.2
4 八幡IC 北九州高速4号線
国道200号直方バイパス
31.3 北九州高速は福岡方面にのみ接続
- 直方PA - 34.9 上り線のみ(バス停のみ両方向に設置) 直方市
4-1 鞍手IC 県道472号直方鞍手線 36.1 地域活性化インターチェンジ 鞍手町
- 鞍手PA - 36.3 下り線のみ
鞍手ICから流入不可
4-2 宮田SIC 県道9号室木下有木若宮線 下関方面にのみ接続 宮若市
5 若宮IC 県道9号室木下有木若宮線 45.2
- 古賀SA - 54.5 古賀市
6 古賀IC 国道3号香椎バイパス
県道35号筑紫野古賀線
57.7
- 青柳BS - 58.5
- 立花山BS - 62.7 新宮町
久山町
7 福岡IC 福岡高速4号粕屋線
国道201号(福岡東バイパス)
68.5 福岡市
7-1 須恵PA/SIC 県道35号筑紫野古賀線
県道68号福岡太宰府線
県道91号志免須恵線
(町道経由)
73.6 須恵町
- 宇美BS - 75.5 宇美町
8 太宰府IC 福岡高速2号太宰府線
国道3号(福岡南バイパス
80.2 太宰府市
- 筑紫野BS - 85.0 筑紫野市
8-1 筑紫野IC 県道7号筑紫野インター線 87.1 開発インターチェンジ
- 基山PA - 91.0 佐賀県 基山町
9 鳥栖JCT/IC 長崎自動車道
大分自動車道
国道3号
国道34号
96.2 JCTとICが一体構造 鳥栖市
- 宮の陣BS - 102.6 福岡県 久留米市
10 久留米IC 国道322号[2] 105.6
10-1 広川IC/SA 県道84号三潴上陽線バイパス 113.6 開発インターチェンジ 広川町
11 八女IC 国道442号[3] 118.6 八女市
筑後市
- 瀬高BS - 122.5 みやま市
11-1 みやま柳川IC 県道775号本吉小川線バイパス 125.5 - 地域活性化インターチェンジ
- 山川PA - 128.2
12 南関IC 県道5号大牟田南関線支線
県道10号南関大牟田北線
135.2 熊本県 南関町
- 小原BS - 138.9
- 玉名PA - 142.9
13 菊水IC 県道16号玉名山鹿線 146.8 和水町
- 鹿央BS - 153.7 山鹿市
14 植木IC 国道3号 157.5 熊本市
- 北熊本SA/SIC 県道30号大津植木線
(市道経由)
162.3 スマートIC設置予定(2015年度)[4][5]
- 西合志BS - 165.8 合志市
- 武蔵ヶ丘BS - 169.1 熊本市
15 熊本IC 国道57号熊本東バイパス 171.4
- 託麻PA - 174.5
15-1 益城熊本空港IC 県道36号熊本益城大津線 176.6 開発インターチェンジ 益城町
- 益城BS - 177.5
15-2 嘉島JCT 九州中央自動車道 180.9 嘉島町
16 御船IC 国道445号 183.3 御船町
- 緑川PA - 186.9 熊本市
甲佐町
- 城南BS/SIC 熊本県道38号宇土甲佐線 189.1 本線直結型スマートIC設置予定(2015年度)[6][7] 熊本市
17 松橋IC 国道218号 195.3 宇城市
17-1 氷川高塚BS/宇城氷川SIC 氷川町道吉本本山線
宇城市道学校・稲川線
204.0 氷川町
- 宮原SA - 209.0
18 八代IC 国道3号 213.7 八代市
18-1 八代JCT 南九州西回り自動車道 214.8 熊本方面のみ接続
- 坂本PA - 222.4
- 鮎帰BS - 230.3
- 肥後TN - 長さ 6,300m
危険物積載車両通行禁止
山江村
- 小鶴BS - 242.5
- 山江SA - 248.5
19 人吉IC/TB 県道54号人吉インター線 252.2 1995年7月27日本線料金所廃止
人吉市
- 人吉南BS/人吉仮出入口 - 256.6 1995年7月27日人吉仮出入口廃止
- 加久藤TN - 長さ 6,300m
危険物積載車両通行禁止
宮崎県 えびの市
- えびのPA - 272.0
20 えびのIC 国道268号 274.5
21 えびのJCT 宮崎自動車道 276.5
- 吉松PA - 281.9 鹿児島県 湧水町
22 栗野IC 県道55号栗野加治木線 290.3
23 横川IC 県道55号栗野加治木線 296.3 霧島市
- 溝辺PA - 303.0
- 鹿児島空港南BS - 308.8
24 溝辺鹿児島空港IC 国道504号[8] 310.1
25-1
25
加治木JCT
加治木IC
東九州自動車道(隼人道路
国道10号(加治木バイパス
県道55号栗野加治木線
317.8 JCTとICが一体構造 姶良市
- 帖佐BS - 322.3
- 桜島SA/SIC - 323.8 スマートIC[9]2018年度供用予定[10]
26 姶良IC 県道57号麓重富停車場線 326.5
- 本城BS - 330.7 休止中 鹿児島市
27 薩摩吉田IC 県道16号鹿児島吉田線 335.1
- 鹿児島TB - 337.0 本線料金所
28 鹿児島北IC/伊敷BS 国道3号
県道18号鹿児島北インター線
341.7
29 鹿児島IC 南九州西回り自動車道
国道3号(鹿児島東西道路
346.4
指宿スカイライン

SA・PA[編集]

売店は全てのサービスエリアと吉志PAから玉名PAまでの全てのパーキングエリアと緑川PA、えびのPA、溝辺PA上り線にある。

ガソリンスタンドは山江SA下り線と桜島SA下り線(両方とも現在休止中)を除くすべてのサービスエリアに設置されており、山江SAを除き全て24時間営業。 レストランは山江SA以外のすべてのサービスエリアにある。なお、古賀SA以北(東九州道を含む)には九州内にガソリンスタンドのあるSA・PAはなく、下り線は宮原SA以南(宮崎道・東九州道を含む)にガソリンスタンドのあるSA・PAはない。

24時間営業の売店は桜島SA以外の全てのサービスエリアとコンビニ化されている直方PA(上り線)と鞍手PA(下り線)と須恵PA、さらに基山PAと玉名PAにあるコンビニエンスストアがある。

主なトンネル[編集]

肥後トンネル上り線入口
人吉市の酒造会社・高橋酒造焼酎「白岳しろ」の広告に登場する。
  • 肥後トンネル(八代JCT-人吉IC) : 6,340m (九州自動車道で1番長いトンネル)
  • 加久藤トンネル(人吉IC-えびのIC) : 6,260m (九州自動車道で2番目に長いトンネル)

八代JCT-えびのICは危険物積載車の通行が禁止されており、該当する車両は国道3号または国道219号国道221号・南九州自動車道などを経由して迂回しなければならない。

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
門司IC-小倉東IC 1 1
小倉東IC-八幡IC 2 2
八幡IC-若宮IC 1 1
若宮IC-御船IC 0 0
御船IC-松橋IC 1 1
松橋IC-八代JCT 0 0
八代JCT-人吉IC 23 23
人吉IC-えびのIC 1 1
えびのIC-えびのJCT 0 0
えびのJCT-栗野IC 1 1
栗野IC-鹿児島北IC 0 0
鹿児島北IC-鹿児島IC 2 2
合計 32 32

全線でのトンネル数はさほど多くはないが、八代JCTと人吉ICの区間は九州道で一番長い肥後トンネルも含め、合計で23本と連続でトンネルを通過する。これは、九州道の全トンネル数の3分の2以上を占める。このため、八代IC-人吉ICは距離が38.5kmと非常に長く、日本の高速道路でIC区間距離が日本最長とされている。また、この区間は他の区間と比べ急カーブも多いため、運転には細心の注意を要する。

歴史[編集]

道路管理者[編集]

2005年10月の道路公団民営化後は、全区間を西日本高速道路九州支社が管理・運営している。

  • 北九州高速道路事務所下関社屋 : 門司IC-小倉東IC
  • 北九州高速道路事務所 : 小倉東IC-福岡IC
  • 久留米高速道路事務所 : 福岡IC-みやま柳川IC
  • 熊本高速道路事務所 : みやま柳川IC-えびのIC
  • 宮崎高速道路事務所 : えびのIC-栗野IC
  • 鹿児島高速道路事務所 : 栗野IC-鹿児島IC

ハイウェイラジオ[編集]

  • 古賀(若宮IC-古賀IC)
  • 基山(筑紫野IC-鳥栖JCT)
  • 北熊本(植木IC-熊本IC)

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
門司IC-小倉東IC 4=2+2 100km/h
小倉東IC-北九州JCT 6=3+3
北九州JCT-小倉南IC 4=2+2
小倉南IC-八幡IC 80km/h
八幡IC-若宮IC 100km/h
若宮IC-古賀SA 80km/h
古賀SA-太宰府IC 100km/h
太宰府IC-久留米IC 6=3+3
久留米IC-広川IC 4=2+2 80km/h
広川IC-八代JCT 100km/h
八代JCT-鹿児島IC 80km/h

八代JCT以北は平地部が大半で、一部区間を除き100km/hで走行できる。一方、八代JCT以南は山地部となり急勾配・急カーブの連続する線形のため終点の鹿児島ICまで約130kmにわたり80km/h規制の区間が続く。

交通量[編集]

2010年度[編集]

 平日24時間交通量(平成22年度道路交通センサス)

福岡県

  • 門司IC-新門司IC : 24762
  • 新門司IC-小倉東IC : 28831
  • 小倉東IC-北九州JCT : 33827
  • 北九州JCT-小倉南IC : 35392
  • 小倉南IC-八幡IC : 39704
  • 八幡IC -鞍手IC : 55229
  • 鞍手IC -若宮IC : 55229
  • 若宮IC-古賀IC : 56464
  • 古賀IC-福岡県・福岡市境 : 60519
  • 福岡IC-須恵PA : 48673
  • 須恵PA-太宰府IC : 48536
  • 太宰府IC-筑紫野IC : 89451

佐賀県

  • 福岡県・佐賀県境-佐賀県・福岡県境 : 95617
  • 鳥栖JCT-鳥栖IC : 47968

福岡県

  • 佐賀県・福岡県境-久留米IC : 64616
  • 久留米IC-広川IC : 60034
  • 広川IC-八女IC : 53937
  • 八女IC-みやま柳川IC : 46935

熊本県

  • みやま柳川IC-南関IC: 44057
  • 南関IC-菊水IC : 37339
  • 菊水IC-植木IC : 36592
  • 植木IC-熊本IC : 36214
  • 熊本IC-益城熊本空港IC : 28726
  • 益城熊本空港IC-御船IC : 30735
  • 御船IC-松橋IC : 30370
  • 松橋IC-八代IC : 27612
  • 八代IC-八代JCT : 25081
  • 八代JCT-人吉IC : 19759
  • 人吉IC-熊本県・宮崎県境 : 14601

鹿児島県

  • 宮崎県・鹿児島県境-栗野IC : 10191
  • 栗野IC-横川IC : 11244
  • 横川IC-溝辺鹿児島空港IC :11764
  • 溝辺鹿児島空港IC-加治木JCT : 15176
  • 加治木JCT-姶良IC : 24652
  • 姶良IC-薩摩吉田IC : 26601
  • 薩摩吉田IC-鹿児島北IC : 27469
  • 鹿児島北IC-鹿児島IC : 26618

2005年度[編集]

 平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

福岡県

  • 門司IC-新門司IC : 21,462
  • 新門司IC-小倉東IC : 24,723
  • 小倉東IC-北九州JCT : 28,946
  • 北九州JCT-小倉南IC : 28,946
  • 小倉南IC-八幡IC : 33,505
  • 北九州市・福岡県境-若宮IC : 51,821
  • 若宮IC-古賀IC : 52,615
  • 古賀IC-福岡県・福岡市境 : 55,936
  • 福岡IC-須恵PA : 44,505
  • 須恵PA-太宰府IC : 45,116
  • 太宰府IC-筑紫野IC : 90,726

佐賀県

  • 福岡県・佐賀県境-佐賀県・福岡県境 : 95,963
  • 鳥栖JCT-鳥栖IC : 47,230

福岡県

  • 佐賀県・福岡県境-久留米IC : 61,681
  • 久留米IC-広川IC : 56,792
  • 広川IC-八女IC : 50,637
  • 八女IC-福岡県・熊本県境 : 42,168

熊本県

  • 南関IC-菊水IC : 35,420
  • 菊水IC-植木IC : 34,908
  • 熊本IC-益城熊本空港IC : 28,103
  • 益城熊本空港IC-御船IC : 30,464
  • 御船IC-松橋IC : 29,625
  • 松橋IC-八代IC : 26,136
  • 八代IC-八代JCT : 23,094
  • 八代JCT-人吉IC : 19,275
  • 人吉IC-熊本県・宮崎県境 : 13,812

鹿児島県

  • 宮崎県・鹿児島県境-栗野IC : 10,066
  • 栗野IC-横川IC : 10,909
  • 横川IC-溝辺鹿児島空港IC : 11,227
  • 溝辺鹿児島空港IC-加治木JCT : 15,211
  • 加治木JCT-加治木IC : 11,100
  • 加治木JCT-姶良IC : 23,189
  • 姶良IC-薩摩吉田IC : 24,908
  • 薩摩吉田IC-鹿児島北IC : 25,566
  • 鹿児島北IC-鹿児島IC : 23,532

2002年度[編集]

区間別日平均交通量

  • 門司IC-えびのIC・鳥栖JCT-鳥栖第一IC(区間平均) : 38,279台(前年度比99.0%)
  • えびのIC-えびのJCT : 14,884台(前年度比99.7%)
  • えびのJCT-鹿児島IC・加治木JCT-加治木IC(区間平均) : 17,259台(前年度比98.6%)

区間別に見ると筑紫野IC-鳥栖JCTが94,234台(前年度比99.3%)で最大である。

料金収入

  • 年間 : 104,572,377,000円(前年度比98.5%)
  • 日平均 : 286,500,000円

(2003年度JH年報より)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サガンクロス橋設置前
  2. ^ 国道3号(鳥栖久留米道路)との接続が計画されている。
  3. ^ 国道442号(八女筑後バイパス)との接続が計画されている。
  4. ^ 支社の事業案内(西日本高速道路株式会社九州支社)
  5. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について(国土交通省九州地方整備局) 2011年3月1日
  6. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について (PDF) (国土交通省九州地方整備局2012年4月20日プレスリリース、2013年5月29日閲覧)
  7. ^ 城南スマートインターチェンジ(仮称) (PDF) (城南町合併特例区協議会広報紙「じょうなん」第31号4頁、2013年5月29日閲覧)
  8. ^ 北薩横断道路計画路線)との接続が計画されている。
  9. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について 〜由布岳PA、門川南、国富、山之口SA、桜島SAにスマートインターチェンジの追加設置が決定〜 - 2013年6月11日閲覧
  10. ^ 県内初のスマートインターチェンジ|ニュース・天気|KTS鹿児島テレビ - 2013年6月12日閲覧
  11. ^ a b 九州横断自動車道延岡線(九州中央自動車道)嘉島JCT〜小池高山IC開通のお知らせ―熊本県内初の九州横断自動車道延岡線の開通―”. 国土交通省熊本河川国道事務所・熊本県・西日本高速道路株式会社 (2014年1月24日). 2014年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]