宝満山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宝満山
Homan zan 01.JPG
南方からみた宝満山
標高 829[1] m
所在地 福岡県筑紫野市太宰府市
位置 座標: 北緯33度32分22.9秒 東経130度34分8.4秒[1]
山系 筑紫山地
宝満山の位置
テンプレートを表示

宝満山(ほうまんざん)(標高829.6m)は福岡県筑紫野市太宰府市にまたがるであり、別名を御笠山(みかさやま)、竈門山(かまどやま)とも言う。

概要[編集]

かつての筑前国御笠郡の中央にあたり、福岡市の南東、太宰府市の北東部、筑紫野市の北東部に位置する。古くから霊峰として崇められ、山頂の巨岩上に竈門神社の上宮があり、全山花崗岩で、英彦山脊振山と並ぶ修験道の霊峰である。

山頂の眺望は抜群で、西から脊振山地の山々、博多湾玄界灘三郡連山(砥石山・三郡山・頭巾山・仏頂山・宝満山)・英彦山・古処山・馬見山・津江山地・九重山の山々・福岡筑後佐賀の三平野・有明海の彼方に雲仙岳も遠望でき、稜線沿いに仏頂山・三郡山へと至る道は人気の高いハイキングコースである。数多くの登山道があるが、太宰府側からのものが登山者が多い。

古くから大宰府と密接に関わった歴史があり、古代から近世の遺構が多く残っており、日本の山岳信仰のあり方を考える上で重要な山として[2]2013年10月17日付で文化財保護法に基づく史跡に指定された[3][4]

山名の由来[編集]

御笠山[編集]

最も古い名称で、筑紫野市の二日市方面から望むと「笠」の形に見えることから(古来「笠」は神の憑代(よりしろ)と考えられ山全体が御神体として信仰されていた)

竈門山[編集]

この山の九合目にある竈門岩によるという説と、貝原益軒の「筑前国続風土記」には「この山は国の中央にありていと高く、造化神秀のあつまれる所にして、神霊のとどまります地なれはにや、筑紫の国の惣鎮守と称す。」と書かれてあり、カマドのような形をしていて、常に雲霧が絶えず、それがちょうどカマドで煮炊きをして煙が立ち上っているように見えることからという説がある。

宝満山[編集]

  • 神仏習合によってこの山に鎮座する神が「宝満大菩薩」とされたことから。
  • 大宰府政庁鬼門(北東)の方位にあたり鬼門封じの役目といわれている、京都御所における比叡山と同じ、伝教大師最澄も宝満山で祈祷をしたといわれている。
  • 太宰府天満宮の手水舎は宝満山から運び出した岩で造られたもの。

宝満山を水源とする河川[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:太宰府国土地理院、2013年10月24日閲覧)
  2. ^ 史跡等の指定等について (PDF) - 文化庁、2013年6月21日
  3. ^ 平成25年10月17日文部科学省告示第142号
  4. ^ 宝満山が新たに国史跡に指定 - NHK福岡NEWS WEB、2013年10月23日

参考文献[編集]