みやこ町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやこまち
みやこ町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
京都郡
団体コード 40625-2
面積 151.28 km²
総人口 20,443
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 135人/km²
隣接自治体 北九州市行橋市
田川郡香春町添田町赤村
築上郡築上町
大分県中津市
他のシンボル なし
みやこ町役場
所在地 824-0892
福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地
北緯33度41分57.1秒東経130度55分12.8秒
みやこ町役場 本庁舎
外部リンク みやこ町

みやこ町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

みやこ町(みやこまち)は、福岡県北東部の京都(みやこ)郡2006年3月20日犀川町勝山町豊津町が対等合併して誕生した。町名は郡名にちなんで「みやこ町」と名付けられた。

地理[編集]

福岡県の北東部、行橋市の南西側に位置し筑豊地方と隣接するである。町域は南北に広く北側は北九州市と隣接し、南側は中津市と隣接して大分県との県境を成している。旧犀川町南部は谷や山地が多く、冬場は積雪しやすいため野峠周辺にはスキー場もある。行橋市に隣接する地域や旧豊津・勝山町域は京都平野の田園地帯であり、今川祓川が流れる。また北部はカルスト台地平尾台となっている。地理的にも交通の要所であり、福岡〜行橋を結ぶ国道201号が東西に延びる。筑豊地方との分水嶺である仲哀峠を新仲哀トンネル(1,365m)が貫き、毎日多くの自動車が行き交う。近年は国道10号バイパス(椎田道路)が整備された事により北九州大分へのアクセスが格段に容易となった。

山地[編集]

  • 仲哀峠 - 筑豊地方と京築地域を結ぶ、交通の要所である。旧国道201号沿いの仲哀公園は桜の名所として知られる。
  • 味見峠 - 仲哀峠の北に位置し、仲哀峠と同様に筑豊と京築地域を結ぶ交通の要所である。
  • 大坂山 - 大坂山には行橋中継局が設置されており、福岡県内のテレビ放送、FM局の中継拠点として1965年福岡放送1969 年TVQ九州放送1993年)に設置された。今日でも京築地域・田川市にかけて電波を送信している。しかしながら、同じ町内の旧犀川町南部と豊津地区の一部では電波が届きにくいため、小規模中継局である豊津中継局で補っている地域もある。
  • 平尾台(北九州市と隣接)
  • 野峠(大分県境)

二級河川[編集]

  • 今川
  • 祓川

隣接している自治体・行政区[編集]

主要都市までの距離[編集]

  • 旧勝山町から

歴史[編集]

みやこ町は歴史的に重要な遺跡や遺物などが数多く発見されている。豊前国の国府跡や国分寺跡も豊津地区で発見されており、豊前国の中心地だったとされている。現在、国府跡地は豊前国府跡公園として整備されている。

1866年長州藩第二次長州征伐により攻撃を受けた小倉藩が小倉城に火を放ち、城から撤退。のち小倉藩は藩庁を現在の旧豊津町に新設した。豊津陣屋1871年廃藩置県で豊津県の県庁が置かれたが、同年内に小倉県に編入され、のちに小倉県が福岡県に編入されたため福岡県内に組み入れられた。

1876年に起こった秋月の乱において戦場となった。このとき戦死した士族の墓は現在、「秋月党戦士の墓」として残っている。

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 町村制施行に伴い、現在の町域にあたる以下の町村が発足。
    • 京都郡豊津村・祓郷村・節丸村・東犀川村・西犀川村・南犀川村・諫山村・久保村・黒田村
  • 1905年2月1日 京都郡東犀川村・西犀川村・南犀川村が対等合併。犀川村となる。
  • 1943年2月11日 犀川村が町制施行。犀川町となる。
  • 1943年4月10日 豊津村・節丸村が対等合併し、新村制による豊津村が発足。
  • 1955年3月1日
    • 豊津村・祓郷村が対等合併し町制施行。豊津町が発足。祓郷村の一部の地区は行橋市に編入。
    • 諌山村・久保村・黒田村が対等合併し町制施行。勝山町が発足。
  • 1956年9月30日 京都郡城井村・伊良原村を犀川町に編入。
  • 2006年3月20日 豊津町・犀川町・勝山町の3町が対等合併し、みやこ町が発足。

市町村合併[編集]

当初2003年から行橋市築上郡椎田町築城町(現在は築上町)を含む6市町で法定合併協議会を設けて協議してきたが、2003年11月、旧築城町の離脱で破談となり、旧椎田町・旧築城町を除く4市町で合併勉強会を発足させるが議員定数で意見が対立したため合併勉強会は解散した。その後、京都郡3町で合併協議会を設け、新役場の位置などで協議が紛糾した事もあったが、3町での合併に至った。

歴代町長[編集]

  1. 白石春夫(2006年4月23日-2010年4月22日)1期

行政[編集]

町長[編集]

  • 井上幸春(2期目)
  • 任期:2018年4月22日

町議会[編集]

  • 定数:16人
  • 任期:2015年4月30日

支所・出張所[編集]

  • 豊津支所(豊津)
  • 犀川支所(犀川本庄)
  • 城井出張所
  • 伊良原出張所

警察[編集]

  • 福岡県警行橋警察署
    • 犀川駐在所(さいがわ・犀川本庄442番地)
    • 城井駐在所(きい・犀川木井馬場2291番1号)
    • 諌山駐在所(いさやま・勝山岩熊595番5号)
    • 黒田駐在所(くろだ・勝山黒田1464番5号)
    • 久保駐在所(くぼ・勝山大久保2169番3号)
    • 豊津駐在所(とよつ・豊津343番1号)
    • 祓郷駐在所(はらいごう・呰見1742番地)

公共施設[編集]

  • 文化・教育施設
    • サン・グレードみやこ(勝山黒田86-1)
    • 中央図書館(豊津1122-12)
    • 歴史民俗博物館(豊津1122-13)
    • 犀川文化会館(犀川本庄644)
    • いこいの里(犀川古川50)
  • 福祉施設
    • 勝山保健福祉センター「ゆいの郷」(勝山上田971)
    • 豊津福祉センター「すどりの里」(豊津2174-1)
  • スポーツ施設
    • 勝山運動公園(勝山宮原378-1)
    • 勝山体育館(勝山上田976)
    • 豊津陸上競技場(国分1205)
    • 豊津グラウンド(豊津1113)
    • 豊津体育館(豊津1099-1)
    • 犀川運動公園(犀川末江500-3)
    • 犀川体育館(犀川本庄641-1)

選挙区[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography40625.svg
みやこ町と全国の年齢別人口分布(2005年) みやこ町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― みやこ町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
みやこ町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 25,063人
1975年 25,090人
1980年 26,073人
1985年 26,117人
1990年 25,423人
1995年 24,689人
2000年 23,767人
2005年 22,898人
2010年 21,587人
総務省統計局 国勢調査より

経済圏・生活圏[編集]

経済・文化面等で行橋市との結び付きが強い町で、行橋市の経済圏、生活圏に属する。市外局番は「0930」で行橋市・築上町と同一。また 北九州市への通勤・通学圏内で、2000年国勢調査では旧豊津町、犀川町、勝山町ともに北九州都市圏の10%通勤圏に属す。なお、町域が歪な形をしており、豊津地区中心部と勝山地区中心部を行き来する場合、行橋市を経由するルートが最短となる。犀川地区中心部から勝山地区中心部に行き来する最短ルートは峠道となっている。

地名[編集]

旧豊津町のみ「みやこ町」に続き大字を表示し、それ以外の2町は合併前の町名に合わせ大字の前に「犀川」「勝山」を冠している。

旧豊津町
  • 彦徳(旧豊津村)
  • 国分(旧豊津村)
  • 豊津(旧豊津村)
  • 上坂(旧節丸村→豊津村)
  • 上原(旧節丸村→豊津村)
  • 節丸(旧節丸村→豊津村)
  • 光冨(旧節丸村→豊津村)
  • 吉岡(旧節丸村→豊津村)
  • 呰見(旧祓郷村)
  • 綾野(旧祓郷村)
  • 有久(旧祓郷村)
  • 国作(旧祓郷村)
  • 下原(旧祓郷村)
  • 惣社(旧祓郷村)
  • 田中(旧祓郷村)
  • 徳政(旧祓郷村)
  • 徳永(旧祓郷村)
犀川
  • 鐙畑
  • 生立
  • 大熊
  • 大坂
  • 大村
  • 上高屋
  • 喜多良
  • 木山
  • 崎山
  • 下高屋
  • 末江
  • 続命院
  • 谷口
  • 花熊
  • 久富
  • 古川
  • 本庄
  • 八ツ溝
  • 柳瀬
  • 山鹿
  • 犬丸(旧城井村)
  • 内垣(旧城井村)
  • 木井馬場(旧城井村)
  • 横瀬(旧城井村)
  • 扇谷(旧伊良原村)
  • 上伊良原(旧伊良原村)
  • 下伊良原(旧伊良原村)
  • 帆柱(旧伊良原村)
勝山
  • 池田(旧諌山村)
  • 岩熊(旧諌山村)
  • 浦河内(旧諌山村)
  • 長川(旧諌山村)
  • 宮原(旧諌山村)
  • 矢山(旧諌山村)
  • 大久保(旧久保村)
  • 松田(旧久保村)
  • 上田(旧黒田村)
  • 上黒田(旧黒田村)
  • 下黒田(旧黒田村)
  • 中黒田(旧黒田村)
  • 箕田(旧黒田村)

市外局番[編集]

  • 町内全域「0930」(行橋MA)
    • 勝山・豊津地区「0930-3X-XXXX」
    • 犀川地区「0930-4X-XXXX」

郵便番号[編集]

  • 「824-xxxx」

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 町立
    • 黒田小学校
    • 久保小学校
    • 諌山小学校
    • 豊津小学校
    • 祓郷小学校
    • 節丸小学校
    • 犀川小学校
    • 上高屋小学校
    • 柳瀬小学校
    • 城井小学校
    • 伊良原小学校

経済・産業[編集]

  • 農業が盛んである。

商業[編集]

豊津地区、犀川地区などに小規模商業地が点在する程度で商業の集積は少ない。国道201号福岡県道58号椎田勝山線の沿道にコンビニエンスストア飲食店スーパーマーケットが点在する。

特産品[編集]

名所・史跡[編集]

  • 豊津地区
    • 豊前国府跡公園(豊前国の国府があったとされている。)
    • 豊前国分寺三重塔
    • 思永館
    • 八景山自然公園
    • 小笠原神社
  • 犀川地区
  • 勝山地区
    • 綾塚古墳(国の史跡
    • 橘塚古墳(国の史跡)
    • 扇八幡古墳(福岡県指定史跡)
    • 菩提廃寺(福岡県指定史跡)
    • 観音堂(胸の観音)
    • 仲哀公園(桜の名所)
    • 障子ヶ岳城
    • 平尾台(カルスト台地)
    • 旧仲哀トンネル(国の登録有形文化財)

交通[編集]

町内を走る平成筑豊鉄道(旧田川線)は、かつては筑豊炭田からの石炭の輸送を担っていた。現在は、筑豊炭田は全て閉山してしまったため、輸送量は大幅に減少している。しかし、歴史的に重要な建造物が未だに残っており、赤村境の第二石坂トンネルは九州最古の鉄道トンネルである。第二石坂トンネルは1999年に国の登録有形文化財に登録されている。

鉄道[編集]

犀川駅

JR日豊本線では旧勝山・犀川町からは行橋駅(行橋市)、旧豊津町からは新田原駅(行橋市)または築城駅(築上町)が最寄りである。また、平成筑豊鉄道豊津駅は隣接する行橋市矢留に位置する。

バス[編集]

さいがわミニバスの車両(2009年8月撮影)

かつては現在の町域の各地に西鉄バスが運行されていたが、2000年代にすべて廃止され、以下の各事業者・路線で代替されている。

  • 太陽交通:行橋市とみやこ町内各地を結ぶ路線、行橋市からみやこ町を経て香春町に至る路線、築上町とみやこ町を結ぶ路線を運行している。
  • さいがわミニバス:犀川駅 - 帆柱間の1路線。犀川タクシーに運行委託。旧犀川町の犀川駅とその南側の山間部の集落を結ぶ。
  • 福祉バス - 運賃無料。

道路[編集]

町内には国道10号、国道496号、国道201号などの主要国道が延びており、国道10号経由で北九州市・行橋市・大分方面、国道201号経由で田川市福岡市方面、国道496号経由で日田市方面へのアクセスが容易である。

高速道路[編集]

町内にあるみやこ豊津インターチェンジ2014年12月13日に開通した[1]。開通前は東九州自動車道行橋インターチェンジ大分自動車道日田インターチェンジなどが最寄りICであった。

有料道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

空港[編集]

最寄り空港は北九州空港(北九州市・苅田町沖)。

みやこ町出身の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]