中洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夜景
清流公園の屋台街

中洲(なかす)は福岡市博多区那珂川と博多川に挟まれた中州(中の島)に位置する地区である。

概要[編集]

那珂川の流れに沿って北西から南東にかけて約1キロの細長い地形を呈する。北東から南西にかけての横幅は約200メートル。

北西から昭和通り明治通り国体道路国道202号)が当該地域を貫き、それらに直角に交る中洲中央通りが中洲の歓楽街の中心となる。行政界として、昭和通りから北西が中洲中島町、昭和通りから南東が中洲(1-5丁目)となる。中洲中島町を除いた地区が歓楽街に該当する。また那珂川の対岸は「西中洲」と呼ばれ料亭などが多い。西中洲は「中洲の続き」という位置付けであるが博多区ではなく中央区である。

九州最大の歓楽街であり、大阪北新地と並んで西日本一の歓楽街ともされる。また、東京新宿歌舞伎町札幌すすきのと合わせて日本3大歓楽街と称されることもある。

最寄り駅は福岡市地下鉄中洲川端駅

1991年に公開された映画『ゴジラvsキングギドラ』では周辺が舞台になり、大規模なロケーションが敢行された。特にネオンサインを大規模に破壊するキングギドラの描写は名シーンとなっている。

中洲と西中洲・天神を結ぶ「福博であい橋」からは、那珂川沿いのネオンサインの風景が見られる。

産業[編集]

中洲には全国の他の歓楽街と同じく、飲食店や、風営法対象業種であるクラブキャバクラ(中洲では「ラウンジ」や「ニュークラブ」と言う)、セクシーパブバーなどが集積されている。

  • 中洲にある店の数 - 約3,500軒(飲食店・風俗店など)
  • 中洲で働く人の数 - 約3万人
  • 1日に中洲に遊びに来る人 - 約6万人

(いずれも中洲観光協会より)

1996年、隣接する住吉地区にキャナルシティ博多が開業。1999年には隣接する下川端町に博多リバレインが開業。福岡玉屋は1999年に閉店したが2006年、跡地に複合商業施設gate'sが開業した。また隣接する川端通商店街にも多くの小売店や飲食店などが並ぶ。ホテルカプセルホテルインターネットカフェなどもある。

かつて中洲には映画館が集中していたが、現在は大洋映画劇場(中洲大洋)のみとなった。

最盛期(1960年代)の映画館
福岡大映劇場(福岡公楽映画劇場、福岡松竹ピカデリー1・2)、文化劇場(文化オークラ劇場、福岡オークラ劇場)、福岡宝塚会館(九州劇場→福岡日本劇場跡。福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡東宝シネマ・福岡東宝名画座)、有楽映画劇場、福岡日活劇場、大洋映画劇場、タマヤシネマ(福岡玉屋内)、博多日活劇場(福岡グランド劇場)、中洲映画劇場、福岡東宝劇場、福岡松竹映画劇場、福岡東映劇場、福岡東映パラス、多門日活(多聞座)、ハリウッド映画劇場、テアトル川丈、福岡SY松竹座

隣接する南新地地区(中洲1丁目)はソープランドなど風俗店が集積し、いわゆるソープ街を形成する。那珂川沿いに整備された遊歩道には屋台が立ち並ぶ。

行事[編集]

歴史[編集]

慶長年間、福岡藩初代藩主の黒田長政が、福岡(現在の中央区)と博多(現在の博多区)を結ぶために、中の島(中島町。現在の中洲中島町近辺)の東西に東中島橋と西中島橋(現在の昭和通り)をかけて整備された。当初は魚町流(福神流)に属し、町人町である博多の一部とされた。中島町から西中島橋を渡って福岡入りする箇所には城下町防御のため枡形門が置かれた。

博多湾に面する北西端には長崎警護の船を係留する御船入が設けられたが、砂が堆積し用をなさなくなり、寛政3年(1791年)には新御船入が現在の博多中学校の位置に新設。中の島の古御船入は1820年文政3年)頃に埋められ(浜新地)、1834年天保5年)の福岡藩藩政改革では発行した銀札を流通させるため中島町・浜新地一帯が繁華街として整備され、芝居相撲富籤がおこなわれた。同年秋には市川團十郎が『仮名手本忠臣蔵』を上演。また茶屋なども集まった。1847年弘化4年)には黒田長溥により藩営精錬所が設けられる。

いっぽう現在の中洲(当時は東中洲と呼ばれた)の大半は18世紀半ばまで畑であり、福岡市制が始まる1889年明治22年)までは那珂郡春吉村の一部であった。

明治時代になり、中洲には福岡病院(九州大学病院の前身)や博多電灯会社、福岡電話局などが開設される。1874年(明治7年)には常設芝居小屋が設立され、明治30年代には次々と劇場が建てられた。さらに1913年大正2年)からは映画館が続々と立てられ、繁華街として発展。1925年(大正14年)には玉屋デパートが開業。

1897年(明治30年)から券番(検番。芸妓と客を取り持つ事務所)が複数設立された。大正時代初期からはカフェバーも増えていった。中でも1934年昭和9年)に開店した「ブラジレイロ」は文学サロンとなり、火野葦平夢野久作、原田種夫らが足を運んだ。

1907年には与謝野鉄幹北原白秋ら文学人5人が九州各地を旅行中、中洲の川丈旅館に宿泊。この時の紀行文は『五足の靴』として出版された。

1945年福岡大空襲では南新地の一部を除いた中洲全域が罹災。しかし同年末から映画館が復興。劇場も復活。映画館は1956年には17館も立ち並んだ。券番も復活。またスナックやキャバレーも激増。また南新地にはソープランドなどが増加した。

なお、1956年から1959年までの間、花の関ビル上階に久留米市にあったラジオ局の九州朝日放送(KBC)が移転。テレビ開局に伴い長浜に再移転するまでここで放送していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]