筑豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

筑豊(ちくほう)は、福岡県の4地域(福岡地方北九州地方筑後地方・筑豊地方)の一つで、同県中央の内陸部をさす地域名である。広義では遠賀郡京築地域を含む場合がある。

概要[編集]

地名の由来は筑前国豊前国の頭文字をとったものであり、明治時代以降、石炭資源を背景にして新しく生まれた地域区分である。筑豊の中核都市に成長した飯塚市直方市田川市の3都市を筑豊三都と呼ぶ。このうち、飯塚市は飯塚都市圏、田川市は田川都市圏の中心都市である。

かつては筑豊炭田から産出される石炭をもとにした鉱工業によって栄えていたが、のちに全ての炭鉱が閉山し、1960年代と比較して人口が半分以下に落ち込んだ自治体もある。北部九州地区には筑豊地域以外にも炭田地帯が広がっており、小規模炭鉱も含めると宗像市北九州市中間市遠賀郡糟屋郡福岡市にも炭鉱が存在した。このうち中間市は北九州都市圏に属し、現在は北九州市のベッドタウンとして位置づけられているが、旧産炭地として筑豊と同じ歴史的・経済的背景を持つ。

人口減少や少子高齢化の進行に伴う自治体の財政難も顕著である。福岡市福岡都市圏)や北九州市(北九州都市圏)との交通アクセスが比較的良好である飯塚市や直方市など、ベッドタウンとして人口が増加傾向にあった地域もあったが、これも頭打ちとなり、再び全ての自治体の人口が減少に転じている。

構成自治体[編集]

福岡県の定義では以下の通りである。この定義は、気象情報で使われる「筑豊地方」の細分区域、および、自動車等に交付される「筑豊」ナンバーの適用範囲と同一である。なお、1970年(昭和45年)頃までは中間市、遠賀郡も含んでいた。

歴史[編集]

江戸時代以前は嘉麻郡穂波郡(嘉麻郡と穂波郡は現在の嘉穂郡に相当)と鞍手郡が筑前国に属し、田川郡が豊前国に属しており、経済的な独立性はなかった。しかし明治時代に入り、殖産興業政策が実施される中、地域内で産出される石炭資源に注目した財閥資本家が炭鉱開発を推進したことで、経済圏として独立を果たした。また、工業資源としての石炭の利用価値ならびに積出港(若松港)との関係から、工業都市として発展した北九州地区と強い結びつきを持つことになる。

鉱工業は1960年代頃まで繁栄し続けたが、1970年代に入るとエネルギー革命とともに炭坑群の淘汰が進み、1976年(昭和51年)には筑豊最後の炭鉱であった貝島炭鉱(旧宮田町、現宮若市)が閉山した。石炭産業の消滅後は北九州地区に近い地の利を活かして炭鉱跡地に工業団地を造成し、製造業の進出を促しているが、1992年(平成4年)にトヨタ自動車九州を誘致した宮若市を除き、依然として鉱工業に代わる主要産業が形成できていない。

過疎地域[編集]

以下の自治体が過疎地域に指定されている。筑豊炭田の衰退により、現在も過疎化が進んでいる地域が多数ある。

筑豊地方内の地域につい て[編集]

筑豊地方内は、3地区に分けることが出来る。

人口・面積[編集]

筑豊五地区[編集]

筑豊五地区は、北九州市以外の福岡県北部を指す場合につかう。

筑豊を舞台・テーマにした作品[編集]

関連項目[編集]

「筑豊」以外の福岡県の地域
「筑豊」を名称に冠する鉄道路線・事業者
その他