黒田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒田(くろだ)氏は、日本の氏族

江戸時代大名家となった黒田氏には次の2氏がある。

福岡藩主・黒田氏[編集]

黒田氏
(称・宇多源氏佐々木氏流)
家紋
黒田藤巴紋
本姓 宇多源氏佐々木氏流
藤原氏?
種別 武家
華族侯爵
出身地 近江国伊香郡黒田村
主な根拠地 ・近江国伊香郡黒田村
筑前国
著名な人物 黒田孝高
黒田長政
支流、分家 秋月藩主家武家
東蓮寺藩主家武家
凡例 / Category:日本の氏族

黒田氏のルーツ[編集]

近世、黒田孝高(官兵衛・如水)・長政父子が筑前国福岡藩を立藩した黒田氏は、その40年ほど後に作成された『寛永諸家系図伝』によると、戦国時代後期に活動した播磨国国人領主・黒田重隆まで遡ることができる。重隆は播磨の有力豪族・小寺氏に重臣として仕えた武将であり、孝高の祖父にあたる。「寛永系図」によると重隆以前は「此間中絶」となっており伝承されていなかったようであるが、それ以前の系譜として中世の間、近江国に勢力を持った佐々木氏京極氏)の分家筋である黒田氏の流れであると紹介している。

「寛永系図」のさらに60年ほど後、福岡藩士・貝原益軒によって編纂された『黒田家譜』によると、黒田重隆の父として近江黒田氏出身者の高政(黒田重隆の父とされている)が新たに登場し、高政の代に近江を離れたとして近江黒田氏が福岡藩主黒田氏と同族であることの補説としている。

ただし、これらの近江黒田氏を福岡藩主黒田氏に結びつけるこの説は近世から疑問視する向きもあり[1]、また初出史料が一般的に偽書とされる『江源武鑑』にあるものという指摘もあり[2]、歴史学者の諏訪勝則によると、現在では福岡黒田氏のルーツを近江源氏に求める従来の説は慎重にならざるを得ないとしている。また黒田長政が日光東照宮に寄進した石の鳥居には、「黒田筑前守藤原長政」と名前が掘り込まれていることから、長政が本姓を藤原としていたことが分かり、家紋が藤原氏の使用する藤の紋を取り入れた黒田藤巴紋であることも整合性がとれる。

黒田氏の来歴[編集]

『黒田家譜』によると、16世紀初め、近江源氏の分流である黒田高政は近江を出奔して、同じ近江源氏の流れである加地氏などを頼って備前国邑久郡福岡に移った。そして高政の子・重隆の時に播磨国に移り、同国の有力豪族である小寺氏に仕えた。近世になって成立した『夢幻物語』によると、重隆は家伝の目薬を製造・販売し、やがて土豪として成長したとされる。

黒田重隆の子職隆赤松氏の一族である播磨の有力豪族・小寺氏に仕え、その養女を迎えて自らも小寺氏を称した。職隆の子・孝高は織田信長に従い、その重臣である羽柴秀吉の麾下に入った。その際、小寺氏が織田氏に敵対して衰退すると孝高は氏を黒田に復している。1587年天正15年)豊前国中津城主12万石となる。1600年関ヶ原の戦いで孝高・長政父子は徳川方につき、軍功により筑前国福岡城主52万3千石を与えられ、長政が初代藩主になった。以後代々福岡藩主となり、忠之以降は代々松平の名字を与えられる。[3]明治維新後は侯爵に列せられた。黒田家家臣団は俗に黒田二十四騎として知られる。

なお、1623年元和9年)、長政の三男長興は筑前国秋月藩5万石、四男高政は筑前国東蓮寺藩4万石が分与され、明治維新後は元秋月藩主は子爵、元東蓮寺藩主は男爵、藩大老三奈木黒田家当主は男爵に列せられた。

近江黒田氏[編集]

鎌倉時代末期、京極宗氏の弟とされる宗満近江国伊香郡黒田村に住み、黒田氏を称したのが始まりといわれる。この黒田氏は主に室町幕府将軍の奉公衆としての活動の記録が残っており、黒田高政が近江を離れたとされるよりも後の時代である天文年間まで存在が確認されるという。『黒田家譜』『寛永諸家系図伝』などによると、福岡藩主黒田家はこの末裔とされるが、先述の通り疑問視する向きも強い。

異説[編集]

江戸時代後期に兵庫県西脇市にある荘厳寺に奉納されたという『荘厳寺本黒田家略系図』によると、黒田氏は播磨の守護大名・赤松氏の分流であり、赤松則村の弟の円光の子である黒田重光を祖とする。重光は室町時代初期の人物とされ、以後代々播磨国多可郡黒田城(西脇市黒田庄町とされる)の城主として黒田氏は存続し、8代目黒田城主が黒田重隆になるとしている。9代目に黒田治隆が存在し、孝高(同系図によると孝隆)は治隆の弟となっている。なお、この黒田氏は治隆の代に合戦に敗れ滅亡したとされている。

従来説と大きく違うこの系図は、黒田孝高の祖父とされている黒田重隆が、祖父ではなく実父であるとしている。また、孝高の父とされている黒田職隆は孝高の養父となっており、黒田氏ではなく小寺氏の人物であるように記されている[4]。播磨国に近江源氏流とは違う黒田氏が当初より存在していたという説の論拠ともなりうる系図だが、歴史的事実と乖離する記述もまた散見される。

系譜[編集]

凡例 太線は実子、細線は養子、当主は太字。
高政)
   ┃
  重隆
   ┣━━━┓
  職隆   高友
   ┣━━━┳━━━┳━━━┓
  孝高   利高    利則   直之
   ┠─────┐
  長政     一成加藤重徳の子、三奈木黒田家初代)
   ┣━━━━━━━━━━━┳━━━┓
  忠之                 長興   高政
   ┣━━━━━━━┓    ┣━━━┓
  光之          之勝  長重   女━┳━黒田一貫(三奈木黒田家3代、一成の曾孫)
   ┣━━━┓   ┃         ┃
  綱政  長清  長軌        鶴子━┳━野村祐春野村氏)
   ┃   ┃    |            ┃
  宣政  継高  長貞          長貞 
       |    ┣━━━┓
      治之  長邦   春姫━━━━━━━━━━┳━━秋月種美
       |    ┣━━━┓            ┃
      治高  長恵   女━┳━山崎義俊  秋月種茂
       |    |       ┃        ┃
      斉隆  長堅     長堅        長舒
       ┃    |
      斉清  長舒
       |    ┣━━━┓
      長溥  長韶  斉清
       |    ┃
      長知  長元
       ┃    ┣━━━┓
      長成  長義  長徳
       ┃
      長礼
       ┃
      長久
       ┃
      長高

下野黒田氏[編集]

佐々木氏流を称する黒田氏と同じく、京極宗氏の弟とされる宗満を祖とする。永禄3年(1560年)、近江国の戦国大名六角義治の推挙によって、黒田邦勝宇都宮広綱の家臣となっている。

系譜[編集]

凡例 太線は実子、細線は養子。
宗満定宗宗信高教 
 ┃
高宗    
 |
高信          
 ┃
清高政光光勝 
 ┃
信勝    
 ┃
勝秀          
 ┃
勝好 
 ┃
勝幸    
 ┃
邦勝          
 ┃
信勝 
 ┃
定勝    
 ┃

武蔵七党の一つ丹党の流れをくむ中山氏流の黒田氏[編集]

黒田氏
(武蔵七党丹党中山氏流)
家紋
本姓 武蔵七党丹党中山氏流
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 上総国
凡例 / Category:日本の氏族

この黒田氏は、元々は武蔵七党の一つ丹党の末裔である中山氏の出身である。中山氏は戦国時代後北条氏に仕え、後北条氏が滅亡した後には、中山照守らが徳川氏に属し、ある一族は旗本となり、また別の一族は水戸藩附家老となった。

徳川家康に仕えた黒田直綱は勲功を挙げたが若くして没し、近藤用勝の六男黒田用綱を養子として家名を存続させた。上野館林藩徳川綱吉(のち5代将軍となる)の付家老として配属され3,000石を領した用綱には実子がいたが[5]、養子として中山一族の中山照守の曾孫の直邦を迎えた。用綱にとっては外孫に当たる直邦は儒学者荻生徂徠の弟子でもあり、のちには名君と呼ばれ、人格も高く評価された。将軍綱吉にも気に入られ、小納戸役小姓を務め、1700年元禄13年)1万石を領して黒田家は大名に列した。その後も奏者番寺社奉行を兼任するなどし、1703年(元禄16年)常陸下館藩主1万5,000石となり、次いで上野沼田藩主2万5,000石、さらに加増を受けて3万石の領主となる。1742年寛保2年)、直邦の養子の直純のとき上総久留里藩3万石に転封となった。藩財政には苦しみながらも、以降久留里藩主として明治まで存続する。

明治維新後、黒田家は子爵に列せられた。 菩提寺は中山氏と同じ、埼玉県飯能市飯能の能仁寺


系譜[編集]

太線は実子、細線は養子。
中山直張
  ┃
 直邦
  ┝━━━┓
 直純  直亨
      ┣━━━┓
     直英  直方
      ┃   ┝━━━┳━━━┓
     直温  直侯  直静  直古
          ┃       ┃
         直和      直養

常陸国の黒田氏[編集]

常陸国にも黒田氏がある。多賀郡黒田邑より起こっている。『梶原冬庵伝』に黒田八太夫、同八兵衛八之丞がいる[6]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『黒田家譜』のさらに後に作成された『寛政重修諸家譜』では、黒田高政の存在を信憑性の薄いものとして、敢えて系図を『寛永諸家系図伝』のまま掲載している。
  2. ^ 『江源武鑑』はその名の通り近江源氏についての俗説を多く収録しており、黒田高政もこの史料が初見であるという。
  3. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』(近代文芸社、2000年)206頁参照。
  4. ^ なお、職隆が黒田氏と署名している史料は存在し、「『兵庫県史』資料編 中世 二」に掲載されている。
  5. ^ 黒田用綱の実子の一人が牧野成貞の養子に入り牧野成時となっているが、若くして死去している。
  6. ^ 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)2228頁参照。

参照文献[編集]

  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)
  • 諏訪勝則 著『黒田官兵衛』(中公新書、2013年)

関連項目[編集]