秋月氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋月氏
家紋
三つ撫子
輪違いに唐花
本姓 大蔵氏
家祖 大蔵春実
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 筑前国朝倉郡
筑前秋月藩
日向高鍋藩
阿波国秋月
凡例 / Category:日本の氏族

秋月氏(あきづきし)は、日本の氏族の1つ。

出自[編集]

秋月氏の祖は、平安時代伊予で反乱を起こした藤原純友を討伐した大蔵春実である。この功績により、春実は九州に所領を与えられ、大宰府の官人となって筑前に土着したと言われている。

鎌倉時代[編集]

平安時代後期から九州に土着した松浦氏蒲池氏など他の豪族と同じく秋月氏も平家の家人だったが、源平合戦においては源氏方に与したため、鎌倉幕府の鎮西御家人となった。しかし源頼朝からの信頼は薄く、頼朝の代官的意志を帯びて、鎮西御家人の抑えを含め守護として赴任してきた新参の少弐氏島津氏大友氏など東国御家人の傘下に置かれる。この平安時代に九州に土着し平家方となっていた武家と、鎌倉幕府の意向を帯びて下ってきた少弐、大友、島津との関係が、その後の九州での勢力構造を形成する。幕府の意向を帯びた少弐、大友、島津は九州の三大名となり、元平家方の武家はその勢力下に置かれることになる。

南北朝時代[編集]

南北朝時代においては、九州に敗走してきた足利尊氏を迎え撃った多々良浜の戦いに、菊池氏の傘下で阿蘇氏蒲池氏などと共に南朝(宮)方として戦い敗れる。

戦国時代[編集]

戦国時代に入ると、少弐氏の家臣となったが、少弐氏が大内義隆と争って敗れたため、大内氏の家臣となる。1551年に義隆が家臣の陶晴賢に殺された後は、豊後大友氏の家臣となった。しかし1557年、大内氏を滅ぼした毛利氏の勢力が北九州にまで進出してくると、当時の秋月氏の当主・秋月文種は大友氏から離反して毛利氏と手を結び、このため同年7月、文種は大友軍の猛攻に遭って討ち死にし、秋月氏は一時、滅亡してしまった。

豊臣時代[編集]

しかし文種の次男・秋月種実は毛利氏のもとに落ち延びて、やがて大友氏の衰退とともに再興を果たした。さらに島津義久と手を結んで大友氏に対して反抗し、一時期は筑前に六郡、筑後に四郡、豊前に一郡と推定36万石にも及ぶという広大な所領を築き上げ、秋月氏の最盛期を現出する。1587年豊臣秀吉の九州征伐では島津氏に属して豊臣勢に抵抗したが、もとより豊臣秀吉の敵ではなく、種実は名器・『楢柴肩衝』を献上することで降伏は許されたが、日向国高鍋に移封された。

江戸時代[編集]

1600年関ヶ原の戦いで、種実の子・秋月種長は西軍に属して大垣城を守備していたが、9月15日の本戦で西軍が敗れると東軍に内応して大垣城にて反乱を起こし、木村由信らを殺害した。戦後、その功績を認められて徳川家康から所領を安堵され、その後の秋月氏は江戸時代を通じて、日向高鍋藩として存続した。ちなみに名君として名高い上杉鷹山は秋月氏の出身で母方祖母の実家である上杉氏への養子縁組によって出羽米沢藩主となった。筑前福岡藩を領有した黒田氏とは縁戚関係で、血統として現代まで続いている。

秋月氏歴代当主[編集]

秋月氏一族[編集]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
大蔵春実
 
 
 
 
春種
 
 
 
 
種光
 
 
 
 
種材
 
 
 
 
種弘
 
 
 
 
種資
 
 
 
 
種生
 
 
 
 
種成
 
 
 
 
原田種直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋月種雄1 高橋頼種
 
 
 
 
種幸2
 
 
 
 
種家3
 
 
 
 
種頼4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種資5 横大路種経
 
 
 
 
種貞6
 
 
 
 
種高7
 
 
 
 
種顕8
 
 
 
 
種道9
 
 
 
 
種忠10
 
 
 
 
種氏11
 
 
 
 
種照12
 
 
 
 
種朝13
 
 
 
 
種時14
 
 
 
 
文種15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴種 種実16 高橋種冬 長野種信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種長17 種至 高橋元種 秋月種貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種貞 種春18
 
 
 
 
 
種春 種信19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種恒 種政20 種封 種利 佐久間勝茲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種弘21 種羽 牧野忠列 種輔 松浦信秀 中村道重
 
 
 
 
 
種美22 種輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種茂23 上杉治憲 相良晃長 大久保忠快 種懐 中条信義 斉藤利国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種徳24 黒田長舒 種備
 
 
 
種任25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種殷26 種樹
 
 
 
種樹27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種繁28 種英29
 
 
 
種苞30
 
 
 
種久31
 
 
 
種高32(現当主)


系譜参考[編集]

主要家臣団[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]