中津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかつし
中津市
Nakatu Castle 4.jpg
Flag of Nakatsu, Oita.svg
中津市旗
Symbol of Nakatsu Oita.svg
中津市章
1930年昭和5年)5月8日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
団体コード 44203-8
面積 491.17km²
(境界未定部分あり)
総人口 84,296
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 172人/km²
隣接自治体 宇佐市日田市玖珠郡玖珠町
福岡県豊前市田川郡添田町
築上郡上毛町吉富町築上町
京都郡みやこ町
市の木 ナノミ(クロガネモチ)
市の花 キク
他のシンボル -
中津市役所
所在地 871-8501
大分県中津市豊田町14番地の3
北緯33度35分53.9秒東経131度11分17.8秒
外部リンク 中津市公式サイト

中津市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中津市(なかつし)は、大分県の北西端に位置するである。

概要[編集]

大分県内では大分市別府市に次いで人口が3番目に多い都市である。城下町で、青の洞門羅漢寺福澤諭吉旧居中津城などの文化財や歴史的建造物、市域南部には景勝地の耶馬渓がある観光都市である。

中津市は旧豊前国に当たるため、福岡県北九州地方北九州市行橋市豊前市築上郡京都郡など)との結び付きが強く、福岡県からの通勤・通学人口が非常に多い。特に旧上毛郡地域であった豊前市、上毛町、吉富町は、古くは旧下毛郡と合わせて三毛郡というひとつのであったため、中津市との関係が深く、経済・文化・生活面で中津市と一体である。そのため、山国川を挟んで隣接する福岡県吉富町上毛町は、築上郡の中心都市である豊前市との合併を拒否して中津市との越境合併を視野に入れている。経済的に北九州都市圏の中にあり、同都市圏の5パーセント通勤圏であるが、小都市圏である中津都市圏(約217,000人)の中心都市としての役目も担っており、小都市圏としては全国屈指の規模を誇っている[要出典]。また南部の山国町は中津市街地よりも、日田市の方が距離的に近いため、日田市との結びつきが強い。

2004年平成16年)末に、ダイハツ車体株式会社が中津市昭和新田に本社、工場を移転したため自動車関連工場の集積が進んでいる。福岡県北九州市苅田町沖の北九州空港の開港や自動車関連企業の誘致、更には東九州自動車道も建設予定で、2016年には椎田南IC(福岡県築上町)~宇佐IC宇佐市)が開通予定である。中津市内にも中津ICが開設される予定でまた日田市方面に中津日田道路の建設も予定されている。

  • 世帯数:37,423世帯 (2013年1月31日現在)
  • 総人口:85,923人(2013年1月31日現在)
男女比:男)41,927人 女)44,996人
  • 総面積:491.17km²(2013年1月31日現在)
  • 人口密度:174.9人/km²(2013年1月31日現在)
  • 市外局番:市内全域 0979
(1990年頃までは旧市内0979、旧三光村097943、旧本耶馬渓町・旧耶馬溪町09795、旧山国町09796)

地理[編集]

地形[編集]

  • 北部は周防灘瀬戸内海)に面し、南部の本耶馬渓、耶馬渓、山国町はほとんどが山間部でこの地域は「耶馬渓」と呼ばれ景勝地として有名である。
  • 東部から宇佐市にかけては、広範囲に水田が広がり、県内最大規模の農業地帯である。
  • 耶馬溪・八面山麓から山国川流域には県内最大規模の平野である中津平野が広がる。

気候[編集]

瀬戸内海式気候のため温暖で年間降水量九州地方では少ない地域である。市内北東部の野依新池では環境省レッドデータブックで絶滅危惧I種に指定され、現在生息が壊滅状態となっているベッコウトンボの個体群が繁殖している。山国川上流の耶馬溪町に位置する耶馬溪ダム北九州・大分県北部の水がめの役割を担う。

近隣市町村[編集]

歴史[編集]

古代[編集]

国道10号南側には条里制による条里地割の跡が現存しており、古代から中津平野の開発が行われていたことがわかる。

日本神話に出てくる豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)はこの地であり、豊の国や中津という地名はその名残であるとする説があるが、一般に受け入れられていない。

中世[編集]

城下町としての歴史は、1587年に黒田孝高豊臣秀吉から豊前6郡(京都・築城・仲津・上毛・下毛・宇佐)の16万石と馬ヶ岳城(福岡県行橋市)が与えられた後に、拠点を山国川河口部に移し中津城を築城したところから始まる。市街地がほぼ完成したのは1600年代中頃とされる。城主は後に細川氏小笠原氏を経て、1717年(享保2年)に奥平氏が入封し明治維新を迎えることになる。

近現代[編集]

廃藩置県により現在の市域は中津県となり、その後小倉県から福岡県となったが、1876年8月21日に福岡県のうち宇佐郡下毛郡が大分県に編入され、中津支庁が設置されたことで大分県北の中心地として重要性を帯びるようになった。 。

近代工業の始まりは1879年から1880年にかけて工場が設置されたのが最初とされ、1890年代には繊維工業が集積するようになった。1944年の神戸製鋼所進出は第二次世界大戦後の重工業化のきっかけとなり、1970年頃までは鉄鋼業と衛生陶器製造(TOTOおよび関連企業)が特に盛んであった。1970年代後半からは自動車関連工場の進出が中心となり、1984年には『豊の国テクノポリス』の中心都市として指定された。


明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和元年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和63年 平成元年 - 現在 現在
中津町 中津町 中津町 昭和4年4月20日
市制
中津市 中津市 中津市 中津市
大江村 大正14年4月1日
中津町に編入
豊田村
小楠村 小楠村 昭和4年4月1日
中津町に編入
鶴居村 鶴居村 鶴居村 昭和18年8月8日
中津市に編入
大幡村 大幡村 大幡村
如水村 如水村 如水村
三保村 三保村 三保村 昭和26年4月1日
中津市に編入
和田村 和田村 和田村 colspan="2"昭和29年10月1日
中津市に編入
桜洲村 桜洲村 昭和8年4月1日
新昭村
昭和15年11月3日
町制改称
今津町
今津町 昭和30年2月1日
中津市に編入
尾紀村 尾紀村
真坂村 真坂村 真坂村 昭和29年3月31日
三和村
同日改称
三光村
三光村 平成17年3月1日
中津市に編入
深秣村 深秣村 深秣村
山口村 山口村 山口村
東城井村 大正15年2月11日
改称
東耶馬渓村
東耶馬渓村 昭和26年4月1日
本耶馬渓村
昭和34年1月1日
町制
上津村 上津村 上津村
東谷村 東谷村 東谷村 昭和29年3月31日
本耶馬渓村に編入
西谷村 西谷村 西谷村
津民村 津民村 津民村 昭和26年4月1日
中耶馬渓村
昭和28年9月1日
改称
耶馬渓村
昭和40年4月1日
町制
山移村 山移村 山移村
下郷村 下郷村 下郷村
城井村 大正14年9月1日
改称
耶馬渓村
耶馬渓村 昭和28年4月1日
中耶馬渓村に編入
柿山村 柿山村 昭和3年4月1日
改称
深耶馬渓村
深耶馬渓村 昭和29年3月31日
耶馬渓村に編入
三郷村 三郷村 三郷村 昭和26年4月1日
山国村
昭和33年4月1日
町制
溝部村 溝部村 溝部村
槻木村 槻木村 槻木村

市政[編集]

  • 市長:新貝正勝

公共機関[編集]

国の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

  • 北部振興局中津事務所
  • 中津県税事務所
  • 北部保健所
  • 中津土木事務所

警察[編集]

  • 中津警察署
    • 交番
      • 中津駅交番 - 大字島田
      • 中津南交番 - 大字上宮永
      • 中津東交番 - 大字上如水
    • 駐在所
      • 山口警察官駐在所 - 三光田口
      • 真坂警察官駐在所 - 三光土田
      • 洞門警察官駐在所 - 本耶馬渓町樋田
      • 上津警察官駐在所 - 本耶馬渓町折元
      • 柿坂警察官駐在所 - 耶馬渓町大字柿坂
      • 下郷警察官駐在所 - 耶馬渓町大字大島
      • 山国町宇曽警察官駐在所 - 山国町宇曽
      • 山国町草本警察官駐在所 - 山国町草本

司法機関[編集]

経済[編集]

主な企業[編集]

特産品[編集]

中津市の銘菓[編集]

  • 巻蒸(けんちん)
  • 外郎饅頭(ういろうまんじゅう)
  • 蛤しるこ
  • ビスマン
  • 壱万円の里せんべい
  • びったれ餅
  • 丸芳露(丸ボーロ)

主要大規模小売店舗[編集]

かつて存在した大規模小売店舗[編集]

「イオンモール三光」進出などの影響を受け、中心市街地にある大規模小売店の多くが撤退した。

  • 中津市街地
    • 中津サティ・大分交通中津ビル(旧「丸吉デパート」。約11,000m²、2000年撤退) - 中津駅前。駐車場となっていたが2012年に市内下池永にあった結婚式場が新築移転。
    • 中津寿屋百貨店(約14,000m²、2002年倒産) - 福沢通り・寿通り商店街入口。2012年現在売りビル。くらし館とレジャー館は2010年10月に解体。
      • AXiS中津寿屋百貨店本館・ファッション館
      • 中津寿屋百貨店くらし館 → アパンダシアーズ1中津店(2006年倒産)
      • 中津寿屋百貨店レジャー館
    • 井筒屋中津店(2000年撤退、ゆめタウン中津1階に移転) - 中津駅前・日の出町商店街入口。2012年現在、更地・駐車場として利用。

中心商店街[編集]

  • 日の出町商店街(全蓋型アーケード設置)
  • 新博多町商店街・寿通り商店街(全蓋型アーケード設置)
  • 博多町商店街
  • 仲町商店街

人口[編集]

Demography44203.svg
中津市と全国の年齢別人口分布(2005年) 中津市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 中津市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
中津市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 83,262人
1975年 82,169人
1980年 85,963人
1985年 87,736人
1990年 86,965人
1995年 86,679人
2000年 85,617人
2005年 84,368人
2010年 84,324人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

小学校[編集]

  • 南部小学校
  • 北部小学校
  • 豊田小学校
  • 小楠小学校
  • 鶴居小学校
  • 大幡小学校
  • 如水小学校
  • 三保小学校
  • 和田小学校
  • 今津小学校
  • 沖代小学校
  • 秣小学校
  • 深水小学校
  • 真坂小学校
  • 山口小学校
  • 樋田小学校
  • 上津小学校
  • 柿坂小学校
  • 下郷小学校
  • 城井小学校
  • 津民小学校
  • 永岩小学校
  • 山移小学校
  • 三郷小学校


中学校[編集]


高等学校[編集]

大学・短期大学[編集]

専修学校[編集]

  • 中津ファビオラ看護学校

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

交通面では、小倉方面(中津街道=国道10号)、大分方面(日向街道=国道10号)、耶馬渓日田方面(日田往還=国道212号)の分岐点である。また市内中心部から大分市まで車で1時間30分、北九州市まで車で1時間弱の距離にある。2016年には東九州自動車道、中津三光ICが開通する予定である。また大分県道23号中津高田線はダイハツ車体の移転に伴い、片側2車線に拡幅されている。

鉄道[編集]

バス[編集]

高速バス・特急バス[編集]

路線バス[編集]

2004年(平成16年)3月まで西鉄バス京築の中津支社が中津駅北側に所在し、行橋市(かつては北九州市小倉北区砂津福岡市中央区天神まで)や上毛町(旧大平村)友枝方面に路線バスを走らせていたが、沿線自治体が補助金を打切ったために不採算路線として廃止された。

コミュニティバス

道路[編集]

高速道路
一般国道
県道

港湾[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭り[編集]

  • 城下町中津のひなまつり《2月》
  • 中津みなとふじまつり《5月》
  • 中津祇園《7月》【県指定無形民俗文化財】

毎年7月20日以降最初の金・土・日の3日間、中津神社を中心として行われる「上祇園」と闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)を中心とする「下祇園」からなる中津祇園祭りが開催され、旧市内を中心に12台の祇園車が練り歩く。

  • 耶馬溪湖畔祭り《7月》
  • 寺町とうろう祭り《8月》
  • 鶴市花傘鉾祭《8月》【県指定無形民俗文化財】
  • 薦神社 仲秋祭《9月》
  • からあげフェスティバル《9月》
  • 三光コスモス祭り《10月》
  • 禅海ふるさとまつり
  • やまくにかかしワールド《10月》
  • かまぎ餅祭り(鳩餅祭り)《11月》
  • やんさ祭り《12月》

名所[編集]

福沢諭吉旧居(大分県中津市)
江戸時代初期から続く村上医家を始め、中津に残る医学・蘭学の史料を展示している。裏庭には、蛮社の獄で刑死した高野長英が潜伏していたと伝えられる土蔵が残る。
代々中津藩御殿医を勤めた大江家を始め、中津に残る医学・蘭学の史料を展示している。5代雲澤は、麻酔薬「通仙散」の発明で知られる華岡青洲の医塾で学び、中津医学校の初代校長を勤めた。
大江医家史料館(大江満氏のウェブサイト)
  • 金谷武家屋敷
  • 自性寺大雅堂
  • 寺町
  • 生田家武家屋敷門
  • 蛎瀬豊後街道
  • 三光コスモス園

自然[編集]

出身有名人[編集]

芸術・文化[編集]

教育者[編集]

政治・経済[編集]

芸能・スポーツ・報道[編集]

その他[編集]

その他[編集]

メディア[編集]

中津市(2005年の合併以前の地域)は、大分県と福岡県の県境、周防灘をはさみ山口県とも近いことから、テレビ放送3県・FM放送は4県、AMラジオ放送局は日中でも近畿地方の放送(MBSラジオABCラジオラジオ大阪)や隣国の大韓民国の放送まで入感する。

このため、中津市(2005年の合併以前の地域)や旧三光村地域では、福岡市内に本社を置く5局(RKB毎日放送九州朝日放送テレビ西日本福岡放送TVQ九州放送)を見るため、UHFアンテナを行橋局(福岡県みやこ町大坂山)に向けている住宅が大半である。また本耶馬渓町、耶馬渓町では行橋局の受信は難しいが、少し標高の高い場所では北九州局(北九州市八幡東区皿倉山)の電波が受信できるため、共同アンテナで福岡民放5局を受信している世帯もある。また、2005(平成17)年9月17日に大分県初のコミュニティ放送局エフエムなかつ」が開局した。

中津市街地では、2008(平成20)年3月25日にデジタル放送を開始した中津局のほか、山口県(山口局)、福岡県(北九州局・行橋局)のデジタル放送の電波も届いており、視聴可能である。

から揚げ[編集]

中津市にはから揚げを売る店舗が多く、惣菜店・肉屋以外にもから揚げ専門店がある。中津市はから揚げを扱う店舗を掲載した「からあげマップ」を作成しており[4]、観光案内所でも同様の地図を配布している。

かつて1990年秋にケンタッキーフライドチキン(KFC)が中津市に出店したが、売り上げ不振のため1995年5月に撤退した。地元では、から揚げとの競争に負けたからという説が定説になっている。なお、KFCは2007年に再度、市内のゆめタウン中津に出店している[5]

郵便番号[編集]

  • 中津郵便局:871-00xx、871-08xx、871-8xxx
  • 大貞郵便局:871-01xx
  • 耶馬渓郵便局:871-02xx
  • 上津郵便局:871-03xx
  • 柿坂郵便局:871-04xx
  • 山国郵便局:871-07xx
  • 今津郵便局:879-01xx
  • 長峰郵便局(宇佐市):879-02xx

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ コミュニティバス豊前・中津線出発式が行われました 中津市
  2. ^ 開通・建設進捗状況 東九州自動車道 椎田南〜宇佐(NEXCO西日本、2013年2月19日閲覧)
  3. ^ 『NEXCO西日本グループ コミュニケーションレポート 2012』西日本高速道路 p.43
  4. ^ 中津市からあげマップ・店舗一覧 | 中津市
  5. ^ asahi.com:から揚げvsフライドチキン 牙城にケンタッキー再挑戦 コミミ口コミ(asahi.com)
  • 出田和久 「現代に生きる城下町 - 中津市」『九州 地図で読む百年』 古今書院、平岡昭利編、1997年3月、101-106頁 ISBN 4-7722-1665-0

外部リンク[編集]