中津駅 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中津駅
南口
南口
なかつ - Nakatsu
吉富 (1.8km)
(4.9km) 東中津
所在地 大分県中津市大字島田219-2
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 51.8km(小倉起点)
電報略号 ナツ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
3,141人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1897年明治30年)9月25日
備考 直営駅
みどりの窓口

中津駅(なかつえき)は、大分県中津市大字島田にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

北九州都市圏に属する中津市の代表駅で、特急列車を含む全ての列車が停車する。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。各ホームには小倉方に斜行エレベーターが、大分方にエスカレーター(上りのみ)が設置されている。いずれも踊り場部分へつながっていて、改札階へは乗り継ぎが必要になる。

直営駅で、みどりの窓口が設置されている。1階に改札口、みどりの窓口、ファミリーマート[1]中津駅名店街(中津市土産品販売組合)などがある。2009年平成21年)3月1日に導入されたICカードSUGOCAが利用可能。

大分県内の自動改札機設置駅は、大分駅・別府駅と当駅のみ(2010年現在)である。

のりば[編集]

1  日豊本線 (上り) 行橋小倉門司港下関方面
(下り) 柳ヶ浦宇佐大分方面
2  日豊本線 (下り) 柳ヶ浦・宇佐・大分方面
3  日豊本線 (上り) 行橋・小倉・博多・門司港・下関方面
4  日豊本線 (上り) 行橋・小倉・門司港・下関方面
(下り) 柳ヶ浦・宇佐・大分方面
  • 2009年(平成21年)3月のダイヤ改正より、日中の下り普通列車の大半が当駅折り返しとなったが、中津 - 柳ヶ浦間のワンマン運転開始により、上り普通ワンマン列車の大半が当駅まで延長されたため、当駅から大分方面へ向かう場合は、柳ヶ浦での乗り換えの必要がほぼなくなった。
  • ホームには「日本一長いハモの椅子」と書かれた長いベンチと、地元の一村一品運動を振興する目的で設置された「近辺の一村一品ご案内」という案内標が設置されている。
  • 駅前に福澤諭吉の銅像が立てられている。

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は3,141人(前年度比-23人)である。大分県内では大分駅別府駅に次いで3番目に利用客が多い。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 (平成12年) 3,548
2001 (平成13年) 3,415
2002 (平成14年) 3,281
2003 (平成15年) 3,278
2004 (平成16年) 3,327
2005 (平成17年) 3,331
2006 (平成18年) 3,317
2007 (平成19年) 3,278
2008 (平成20年) 3,251
2009 (平成21年) 3,074
2010 (平成22年) 3,122
2011 (平成23年) 3,164
2012 (平成24年) 3,141

駅周辺[編集]

観光名所[編集]

大学・高等学校[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
快速(当駅から東中津方の各駅に停車)
宇島駅 - 中津駅 - 東中津駅
普通
吉富駅 - 中津駅 - 東中津駅

脚注[編集]

  1. ^ 旧:生活列車am/pm
  2. ^ 公共バスのご利用について(中津市)
  3. ^ 4.26(土)より 北九州空港~中津線「くろかんくんライナー」を期間限定で運行!
  4. ^ 歴史合元寺

関連項目[編集]

外部リンク[編集]