日出駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日出駅
駅入口。右奥が駅舎(2008年7月18日)
駅入口。右奥が駅舎(2008年7月18日)
ひじ - Hiji
大神 (4.1km)
(1.2km) 暘谷
所在地 大分県速見郡日出町大字川崎363
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 107.2km(小倉起点)
電報略号 ヒチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
558人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1911年明治44年)3月22日
備考 業務委託駅

日出駅(ひじえき)は、大分県速見郡日出町大字川崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

当駅から大分駅までは複線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の設備を有する地上駅で、以前は築堤下に駅本屋が存在したが、現在は地下道から階段をのぼったホームと同じ高さの場所に存在する。

1番のりばを下り別府・大分方面

2番のりばを上り杵築・中津方面

としている。しかし、ホームには看板等はないが、時刻表を見ると、昼の大分方面からの折り返し列車のみ2番のりばから発着する。この列車の時刻に②と注記されている。その他の列車は上記通りである。

国鉄時代は貨物の取扱いを行っており、築堤下の地平まで貨物側線が降りてきていた他、日出港への臨港貨物線も設けられていた。貨物取扱いは1982年(昭和57年)頃に廃止となり、後にこれらの築堤下の側線も撤去された。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。

ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応。


大分駅方面から折り返しの列車が4本設定されている。 23時台にも設定されているが、夜間滞泊せず、当駅からの下りの最終列車として大分行になる。 2011年3月のダイヤ改正までは、当駅到着後は回送で大分に戻っていた。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は558人(前年度比+12人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 626
2001 592
2002 571
2003 553
2004 550
2005 558
2006 542
2007 536
2008 528
2009 522
2010 546
2011 558

駅周辺[編集]

日出町の中心市街地から1kmほど東に外れている。町役場や小中学校、金融機関などの日出町の中心的施設はほとんど暘谷駅付近にある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
大神駅 - 日出駅 - 暘谷駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 日出駅(駅情報) - 九州旅客鉄道