立石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立石駅
駅舎(2008年10月25日)
駅舎(2008年10月25日)
たていし - Tateishi
西屋敷 (5.8km)
(5.2km) 中山香
大分県杵築市山香町大字立石字乙丸1310
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 85.2km(小倉起点)
電報略号 タテ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
37人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1910年明治43年)12月15日
備考 無人駅(自動券売機 有)

立石駅(たていしえき)は、大分県杵築市山香町大字立石字乙丸にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

当駅から隣の中山香駅までは単線であるが、この駅間の内、立石側半分は複線化に向けた用地を確保済である。

駅構造[編集]

西屋敷駅から分かれた上下線の合流地点に存在する。地形と駅構内の線形の関係で上下のホームの位置がやや離れている。

駅前には比較的大きな集落があることに加え、駅の西側(上り側)には蒸気機関車の全盛期、難所といわれた立石峠があり、補助機関車の連結・解放を行っていたため、かつては主要駅に位置づけられ、準急列車が停車し、島式ホーム2面4線の大きな設備を有していたが、現在では2線が撤去され、相対式ホーム2面2線の地上駅となっている。

現在の駅舎は1965年(昭和40年)に建てられた鉄骨コンクリート造のもので、駅構内には地元の保育園・小学校の児童によって作られた作品がたくさん飾られている。待合室も設置されているが、窓枠を残すのみで窓が填められていない剥き出しのままである。駅長室や改札口は整備されているものの、現在では駅員を常駐しておらず、無人駅となっている。そのため、切符は自動券売機で購入する。

駅前広場も大きめに作られており、駅舎横には木製のテーブルと椅子を設置した休憩スペースが設けられているほか、乗務員詰所跡が残っている。現在は駅員に代わり、地元の有志によって駅を清掃する活動も行われているほか、駅ノートが設置されている。

ICカードSUGOCAは出入場のみ対応し、当駅でチャージや購入はできない。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は37人(前年度比-2人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 73
2001 62
2002 62
2003 58
2004 51
2005 45
2006 41
2007 42
2008 46
2009 44
2010 39
2011 37

駅周辺[編集]

駅前の地域は1955年(昭和30年)まで立石町という独立した自治体であった。駅の裏手を国道10号が通っている。

  • 杵築市役所立石出張所
  • 杵築市立立石小学校
  • 杵築市立北部中学校
  • 立石郵便局

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
西屋敷駅 - 立石駅 - 中山香駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 立石駅(駅情報) - 九州旅客鉄道