中津城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
中津城
大分県
模擬天守と復興櫓
模擬天守と復興櫓
別名 中津川城、扇城、小犬丸城、丸山城
城郭構造 梯郭式平城
天守構造 不明
模擬天守(独立式望楼型5重5階 1964年RC造
築城主 黒田孝高
築城年 天正16年(1588年
主な改修者 細川忠興
主な城主 黒田氏細川氏小笠原氏奥平氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 石垣、堀
指定文化財 なし
再建造物 本丸下段水堀
位置 北緯33度36分23.88秒
東経131度11分11.12秒
復元された水堀と改修された本丸下段南面石垣
本丸上段北面石垣にある継ぎ目。向かって左が細川氏、右が黒田氏普請の石垣。

中津城(なかつじょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。江戸時代の大半は、奥平氏居城としていた(中津藩も参照)。

構造[編集]

周防灘豊前海)に臨む中津川山国川派川)河口の地に築城された梯郭式の平城である。堀には海水が引き込まれているため、水城ともされ、今治城高松城と並ぶ日本三大水城の一つに数えられる。本丸を中心として、北に二の丸、南に三ノ丸があり、全体ではほぼ直角三角形をなしていたため扇形に例えて「扇城(せんじょう)」とも呼ばれていた。櫓の棟数は22基、門は8棟。総構には、6箇所の虎口が開けられた。

中津城は、冬至の日には、朝日は宇佐神宮の方角から上り、夕日は英彦山の方角に落ちる場所に築城されている。また、吉富町にある八幡古表神社薦神社とを結ぶ直線上に位置する。鬼門である北東には、闇無浜神社がある。

天守[編集]

天守の存在については不明である。江戸時代の絵図には天守は描かれていない一方、黒田孝高(如水)の手紙には「天守に銭を積んで蓄えた」とあり、天守の存在をうかがわせる記録もある。江戸時代後期の「中津城下図」には、中津川沿岸の本丸鉄門脇に三重櫓が描かれているのみである。

堀・石垣[編集]

中津城に残る黒田孝高(如水)が普請した石垣は、天正16年(1588年)に普請された現存する近世城郭の石垣としては九州最古のものである。本丸上段北面石垣(模擬天守北面下)は、黒田氏の石垣に細川氏が石垣を継いだ境が見られる。また、本丸南の堀と石垣は、中津市によって修復、復元されている。ここにも黒田・細川時代の石垣改修の跡を見ることができる。

城下町[編集]

扇状の旧城下町には、今でも築城した黒田官兵衛に因んだ「姫路町」や「京町」等の町名が残る。

河口側から。2009年12月中旬?

歴史[編集]

  • 天正15年(1587年) - 黒田孝高(如水)が、豊臣秀吉より豊前国6郡12万3000石(一説には16万石・その後の検地で18万石となる)を与えられる。当初、馬ヶ岳城に入城した。
  • 天正16年(1588年) - 黒田孝高(如水)は、領地の中心である山国川河口に中津城の築城を始めた。
  • 同年-熊本の一揆征伐で黒田孝高(如水)が中津城を留守の間に、嫡男の長政は、敵対していた城井鎮房(宇都宮鎮房)を中津城内に引き入れて、惨殺する。
  • 慶長5年(1600年) - 黒田家は関ヶ原の戦い時に、徳川方につき、中津城から西軍の所領を攻めた。長政の戦功により筑前52万石に加増、名島城に転封となり築城が中断される。
  • 同年 - 細川忠興が豊前国と豊後国2郡39万石で入封。大修築を開始する。
  • 慶長7年(1602年) - 小倉城築城に着手し、忠興は小倉城を主城、居城とする。修築中の中津城の城主は細川興秋になる。
  • 元和7年(1621年) - 扇形の縄張りに拡張され、中津城が完成。
  • 寛永9年(1632年) - 細川家熊本藩転封に伴い、小笠原長次が8万石で入封し事実上中津藩が成立。以後、中津城は中津藩藩主家の居城となる。
  • 享保2年(1717年) - 奥平昌成が10万石で入封。明治維新まで奥平家の居城となった。
  • 安政3年(1856年) - 海防強化のため、海から城への入口に当たる山国川河口(現在は支流の中津川河口)の三百間突堤に砲台を建設。
  • 文久3年(1863年) - 本丸に松の御殿を新築する。この御殿は小倉県、福岡県、大分県の中津支庁舎として転用された。
  • 明治2年1869年 - 版籍奉還によって府藩県三治制下における中津藩の藩庁が置かれる。
  • 明治3年(1870年) - 中津藩士福沢諭吉の進言により御殿を残し、その他建造物を破却する。
  • 明治4年(1871年) - 廃藩置県により中津県の県庁が置かれる。同年、小倉県に併合され中津支庁が置かれる。
  • 明治10年(1877年) - 西南戦争の際、西郷隆盛挙兵に呼応した増田宋太郎率いる中津隊の襲撃により中津支庁舎であった御殿が焼失する。
  • 昭和39年(1964年) - 旧藩主奥平家が中心となり、市民らの寄付を合わせて模擬天守が建造される。
  • 平成19年(2007年) - 模擬天守等の建築物を所有する中津勧業が、土地、建物を、中津市や民間企業に売却する方針を示す。
  • 平成22年(2010年)10月4日 - 中津勧業が模擬天守等の建物を埼玉県の企業千雅に売却することを決定[1][2]
  • 平成23年(2012年)5月 - 千雅が管理運営を一般社団法人中津城に移管する。
  • 平成26年(2014年) - 築城主である黒田如水を題材にした大河ドラマ軍師官兵衛』の制作決定に伴い、中津市の全面協力において城内を再整備。現在も続いている。城内に如水の石像としては初めて「黒田如水石像」が建立された。

模擬天守[編集]

昭和39年(1964年)、本丸上段の北東隅櫓跡(薬研堀端)に観光開発を目的に建てられた。

奥平昌信が中心となって構想し、小倉城名古屋城などの天守外観の復興に携わった、東京工業大学教授の藤岡通夫が設計を手がけた。 鉄筋コンクリート構造で、外観は萩城天守をモデルとして外壁仕上げは下見板張りを模し、外観5重内部5階(5重5階)構造で高さは23メートルある。

模擬天守は中津城(奥平家歴史資料館)として一般公開されており、奥平家歴代の当主の甲冑、奥平忠昌徳川家康から拝領した白鳥鞘の鑓(しらとりざやのやり)、長篠の戦いを描いた長篠合戦図、武田信玄から拝領した陣羽織、徳川家康からの軍法事書など古文書類が展示されている。

同時に、模擬天守南に望楼型の二重櫓も建てられているが、かつてこの場所には南東隅櫓があり、層塔型で多門櫓を続櫓として付属させている姿が写る古写真がある。

売却問題[編集]

模擬天守等の城跡の建築物は、奥平家子孫の奥平政幸が代表取締役を務める中津勧業が、また、城址の土地は隣接する奥平政幸が代表役員を務める奥平神社が、それぞれ所有していたが、年々維持費が入場料を上回り赤字となっていることから、2007年7月、土地、建物(展示物、奥平神社は除く)を、中津市か民間企業に売却する方針であることを明らかにした。中津勧業は、当初3億円の売却価格を中津市の希望通り1億5000万円に引き下げたが、中津市が「1億3900万円までしか出せない」と譲らなかったため、2010年7月に不動産会社を通じインターネット上で一般に売却することにした[3]

2010年10月4日、中津勧業は株主総会で、模擬天守などの建物を埼玉県で福祉事業を営む株式会社千雅に売却することを報告し、承認された。 なお、売却されるのは建物だけで、土地や展示物は有料で貸与される。中津城は従来通り観光施設(奥平家歴史資料館)として一般公開されている[1][2]

利用情報[編集]

模擬天守(奥平家歴史資料館)

入館料金
  • 大人は高校生以上が400円
  • 子供は中学生以下まで200円
  • 20名以上の団体は1人当たり、個人入館料から大人は100円、子供は50円割引く
(※中津市民の入館料は住所を証明できるものを窓口で提示することで50円割引きとなる)
入館料無料の者
  • 未就学の乳幼児
  • 77歳以上の者
  • 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を所持する者、およびその介護者(窓口に手帳を提示する必要がある)
  • 旧奥平中津藩士の子孫(窓口で証明できるものを提示する必要がある)[4]
開門時間
  • 午前9時から午後5時
休館日
  • 年中無休
所在地
  • 〒871-0050 大分県中津市二ノ丁本丸

イベント[編集]

  • 3月 - 中津城人間ひな飾り(天守閣前に大型ひな壇を設置し、その年中津市で結婚したカップルを御内裏様・御雛様とし、市民参加のお祭りとなっている。)
  • 5月 - 中津城たにし祭り(奥平家が武運長久した長篠の戦に由来したお祭り。火縄銃演武や甲冑行列が開催される。)
  • 10月 - 中津城観世能(江戸時代、徳川家康に愛された観世流の能を開催する。)
  • 11月 - 中津城写生大会(中津市内の幼稚園保育所の園児・小中学校の児童生徒を対象に、中津城を写生する)

その他、中津藩出身で慶応義塾大学を創設した福沢諭吉に因み、中津市の高等学校から、慶応義塾大学に進学した方には、奨学金が付与される。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 西ヶ谷恭弘/編 『定本 日本城郭事典』 秋田書店 2000年 441-442ページ

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]