日向市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日向市駅*
西口全景(2010年7月20日)
西口全景(2010年7月20日)
ひゅうがし - Hyūgashi
門川 (6.7km)
(2.2km) 財光寺
所在地 宮崎県日向市上町1-19
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 276.7km(小倉起点)
電報略号 ヒカ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,446人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1921年大正10年)10月11日
備考 直営駅
みどりの窓口
* 1963年に富高駅から改称。
日向市駅
ひゅうがし - Hyūgashi
(3.5km) 細島
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 日豊本線貨物支線(細島線
キロ程 0.0km(日向市起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1921年(大正10年)10月11日
廃止年月日 1993年平成5年)12月1日
日向市駅 駅舎
情報
用途 駅舎
設計者 内藤廣建築設計事務所交建設計
構造設計者 川口衞構造設計事務所
施工 九鉄工業
建築主 宮崎県、日向市、九州旅客鉄道
構造形式 S造W造
敷地面積 5,283.92m2
建築面積 2,891.54m2
延床面積 875.63m2
階数 1階
着工 2005年11月
竣工 2008年2月
備考 平成19年度社団法人鉄道建築協会賞(作品部門)受賞
2008年ブルネル賞受賞
テンプレートを表示
駅構内。にちりん22号(485系)が停車中(2007年4月)
改札
東口
旧駅舎(現在の西口)

日向市駅(ひゅうがしえき)は、宮崎県日向市上町にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

日向市の代表駅で、全列車が停車する。

駅構造[編集]

現在の駅舎は、建築家内藤廣東京大学篠原修など建築や都市の専門家・鉄道関係者・行政関係者・市民たちが協力し、10年以上にも及ぶ期間を経て完成した。地元産のを使用し、高架駅にもかかわらず木造を思わせる造りになっており、高架下の駅本屋内部も杉を前面に押し出したデザインで統一されている。島式ホーム1面2線の高架駅で、ホームは比較的広い。エレベーターが設置されており、バリアフリー対応である。

この駅舎は2008年(平成20年)9月、鉄道に関係する国際的なデザインコンテストのブルネル賞で最優秀賞を受賞した。耳川流域のスギ材をふんだんに使い、独特の建築様式を取り入れた駅舎が世界で高い評価を受けての受賞である。駅舎の最優秀賞受賞は日本初である。

高架化工事は、日向市駅近辺の踏切による交通渋滞緩和を目的として実施され、2006年(平成18年)12月17日から、宮崎県内では西都城駅宮崎駅宮崎空港駅に続き4番目の高架駅として使用が開始された。また、高架化に際し東口が新設され、駅東側からの利便性が向上した。

旧駅舎からはかつて細島港に向けて細島線が分岐していたが廃止された。

直営駅で、みどりの窓口が設置されている。

接近メロディーはひょっとこ踊りのお囃子

のりば[編集]

1 日豊本線(上り) 延岡大分小倉博多方面
2 日豊本線(下り) 宮崎宮崎空港方面

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は1,446人(前年度比+50人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2002 1,238
2003
2004 1,218
2005 1,278
2006 1,277
2007 1,283
2008 1,306
2009 1,327
2010 1,383
2011 1,396
2012 1,446

駅周辺[編集]

西側[編集]

東側[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
門川駅 - 日向市駅 - 財光寺駅

かつて存在した路線[編集]

日豊本線貨物支線(細島線)
日向市駅 - 細島駅
  • 当駅と細島駅の間には、1972年(昭和47年)の旅客営業廃止まで伊勢ヶ浜駅が存在していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外山勝彦「鉄道記録帳2002年11月」、『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年2月1日、 21頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]