大分駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大分駅
上野の森口(南口)駅前
上野の森口(南口)駅前
おおいた - Ōita
所在地 大分県大分市要町1番1号
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
電報略号 オイ←ヲウ
駅構造 高架駅
ホーム 4面8線
乗車人員
-統計年度-
16,982人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1911年明治44年)11月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 日豊本線
キロ程 132.9km(小倉起点)
西大分 (2.5km)
(3.3km) *
所属路線 久大本線
キロ程 141.5km(久留米起点)
古国府 (2.6km)
所属路線 豊肥本線
キロ程 148.0km(熊本起点)
◄*滝尾 (5.1km)
備考 直営駅
みどりの窓口
* この間に下郡信号場有り(当駅から2.2km先)。

大分駅(おおいたえき)は、大分県大分市要町1番1号にある、九州旅客鉄道(JR九州)のである。40年余りの歳月と約600億円をかけ、2012年3月17日完全高架化が完了した。

概要[編集]

大分県の県庁所在地である大分市の代表駅である。当駅を経由する全列車が停車する。日豊本線久大本線豊肥本線の計3路線が乗り入れており、このうち日豊本線を所属線[1]としている。

日豊本線は、起点の小倉駅から当駅までは、日出駅 - 杵築駅間、中山香駅 - 立石駅間を除き複線化されているが、当駅以南は終点の鹿児島駅まで全線単線となる。当駅は、当駅以北で運行される特急「ソニック」と、当駅以南で運行される特急「にちりん」(一部当駅を跨いで運行する列車もある)の接続駅となっており、普通列車も当駅で折り返すものが多い。

久大本線は当駅を終点としている。豊肥本線は当駅を起点としているが、列車運行上では当駅に到着する列車が下り、当駅を発車する列車が上りとして扱われている。

当駅は、終列車の発車時刻が全3路線、4方向ともに同時刻の23時30分とされている。

2011年11月には開業100周年を迎えた。

歴史[編集]

大分駅開業記念式典、1911年11月1日
大正時代の大分駅、写っている駅前の大きなクスノキは、1964年(昭和39年)に伐採された
旧北口全景(2008年5月3日)
旧南口(2006年2月9日)
運転所解体前の全景(2006年2月9日)
解体中の旧大分駅プラットホーム

大分駅は鉄道院豊州本線が別府駅から当駅まで延伸したのに伴い1911年(明治44年)に開業した。大分市の市制施行(同年4月1日)からちょうど7ヶ月後のことであった。開業当初は豊州本線の終着駅であったが3年後の1914年(大正3年)に豊州本線は幸崎駅まで延伸し、中間駅となった。また同日に同じ国鉄の犬飼軽便線が当駅から中判田駅まで開通したため同線と豊州本線との接続駅ともなった。

1915年(大正4年)10月30日には大湯鉄道が大分市駅から小野屋駅までを開業する。大湯鉄道はその後1922年(大正11年)の12月1日に国有化され大湯線となり、大分市駅はこのとき大分駅に統合された。これにより、当駅は国鉄の豊州本線・犬飼線(3ヵ月前の1922年(大正11年)9月2日に犬飼軽便線から改称)・大湯線の接続駅になった。

この間、1918年(大正6年)には、外堀止まりだった路面電車の豊州電気鉄道線(後の大分交通別大線)が大分駅前まで延伸。1972年(昭和47年)の廃線まで駅前より発着していた。

1928年(昭和3年)12月2日には玉来駅から宮地駅までの開通により熊本駅から大分駅まで犬飼線なども含めて全通し豊肥本線に改称された。1932年(昭和7年)12月6日には大隅大川原駅から霧島神宮駅までの開通により小倉駅から大分回りで鹿児島駅までが豊州本線等を含めて全通し日豊本線とされた。そして1934年(昭和9年)11月15日には日田駅から天ヶ瀬駅までの開通により大湯線も含めて久留米駅から大分駅までが全通したため久大線となった。久大線は1937年(昭和12年)6月27日に久大本線に改称され、大分駅は現在の様に日豊本線・豊肥本線・久大本線の接続駅となった。

第二次世界大戦当時、大分市街は再三にわたり空襲を受けた。1945年(昭和20年)4月21日には大分駅機関庫が被弾。同年7月16日の大分空襲では中心部の2,358戸が焼失し、大分駅から海が見えたと伝えられる[2]

戦後は1958年(昭和33年)に駅舎を新設している。この駅舎は、数度にわたる改装を繰り返しながら2012年(平成24年)の高架化まで使用された。駅前には古くから大きながあり、駅の象徴となっていたが、構内の拡張工事に伴い1964年(昭和39年)8月に伐採された[注釈 1]

市街地の拡大に伴い、駅の両側の市街地を駅と線路が分断していることが問題となり、1980年(昭和55年)10月に駅を横断する地下道が完成している。ただし、この地下道はコンコース内にあり、無料で通り抜けはできなかった。

1987年(昭和62年)に国鉄分割民営化に伴い九州旅客鉄道(JR九州)の駅となった。

2012年(平成24年)3月17日に高架化が完成し、高架駅となった。

年表[編集]

  • 1911年明治44年)11月1日 - 国有鉄道(当時は鉄道院)の駅として、豊州本線(現在の日豊本線)別府 - 大分間の開通時に開業。
  • 1912年大正元年) - 大分機関庫設置[3]
  • 1914年(大正3年)4月1日 - 豊州本線が幸崎駅まで開通。同時に、犬飼軽便線(現在の豊肥本線)が犬飼駅まで開通。
  • 1916年(大正5年) - 二等駅となる[3]
  • 1915年(大正4年)10月30日 - 大湯鉄道の大分市駅が開業し、同鉄道線大分市駅 - 小野屋駅間が開通。
  • 1922年(大正11年)12月1日 - 大湯鉄道が国有化され、大湯線(後の久大本線)となる。大分市駅を大分駅に統合。
  • 1937年昭和12年) - 一等駅になる[3]
  • 1945年(昭和20年)4月21日 - 大分大空襲により駅本屋構内被災全焼。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 新駅舎完成。
  • 1961年(昭和36年) - 0番線を増設。
  • 1964年(昭和39年)8月 - 構内の拡張工事に伴い、駅前のクスノキが伐採される。
  • 1965年(昭和40年)10月 - みどりの窓口開設。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 旅行センター開設。
  • 1975年(昭和50年)10月 - 駅改良を実施。
  • 1980年(昭和55年)10月 - 地下道工事が完成。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 車扱貨物の取扱を廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)3月 - 駅舎を改装。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。
  • 2008年(平成20年)8月24日 - 豊肥・久大本線部分の高架化が完成し、同線の新ホームが運用を開始。同線地上ホームの旧6番線(5番のりば)、7番線、8番線が運用終了。
  • 2011年(平成23年)11月1日 - 開業100周年を迎える。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 日豊本線部分の高架化が完成し、全面高架化完成。
  • 2012年(平成24年)12月1日 - ICカードSUGOCA導入。
  • 2013年(平成25年)4月30日 - 大分駅ビルの工事開始。
  • 2014年(平成26年)8月1日 - 大分駅ビルの鉄骨工事完了。

大分駅周辺高架化[編集]

大分市中心部の市街地は、地上駅であった大分駅を通る3本の鉄道路線により南北が完全に分断され、商業施設や公共機関が北側に集中していた。この南北地区格差の解消と、南側の開発促進を狙い、1996年度(平成8年度)から連続立体化(高架化)事業が行われた。

当初は2008年9月のチャレンジ!おおいた国体までの全線開通を予定していた。しかし、久大本線及び豊肥本線部分は2008年8月24日に開通したものの[4]、日豊本線部分は間に合わず、全面開業は2012年3月17日となった[5]

豊肥本線・久大本線部分が先行して高架化した後は、これら両本線から高架化が未完了の日豊本線への直通はできなくなった。このため、久大本線の別府直通の特急列車については、2008年3月改正から大分 - 別府間は臨時扱いとして運行を休止していた[6]。また、夕方に豊肥本線から日豊本線に直通していた普通列車の乗り入れも休止していた。なお、「九州横断特急」は、新設の渡り線(完全高架後は撤去)により高架化後も引き続き別府まで運行され、地上の日豊本線ホームより発着していた。

2012年3月17日のダイヤ改正では、同日の高架全面開業に合わせて、久大本線の特急列車の別府直通が復活した[7]。また、高架化完成により日豊本線が利用できるホームが増えたため、これまで一部が別府駅始発・終着であった日豊本線の特急が、大分駅始発・終着に統一された[8]

高架化された区間は日豊本線3.65km(豊肥本線1.60kmを含む)及び久大本線1.92kmの計5.57kmで、高架化により日豊本線10箇所及び久大本線3箇所の計13箇所の踏切が除去される[9]

駅構造[編集]

高架化完成後の大分駅コンコース
以前の府内中央口(北口)

日豊本線、久大本線、豊肥本線を合わせて島式ホーム4面8線と留置線3線からなる大規模な高架駅である。

駅の北側(大分市街中心部側)を府内中央口(北口)、駅南側(大道側)を上野の森口(南口)と呼ぶ。ただし、既存の市街地は駅北側に偏在していて、大多数の利用者は府内中央口(北口)のみを利用するため、高架化完成以前は、府内中央口(北口)を指す場合には単に大分駅と呼び、特に上野の森口(南口)を指す場合には駅裏と呼ぶことが多かった[注釈 2]

2012年3月17日の高架化完成に伴い、高架ホーム下に新駅舎が設けられた。府内中央口(北口)と上野の森口(南口)とは新駅舎内のコンコースで結ばれており、駅の営業時間(4:00-25:30)中は通り抜けが可能である(手押しに限り自転車も通行可)。ただし、府内中央口(北口)側は駅ビルの工事等のために仮設通路を介しての通行となる[10]

改札口はコンコースの中央付近の西側に設けられている。自動改札機[注釈 3]が設置されており、2012年12月1日からSUGOCAにも対応している。JR九州直営マルス端末機が設置されている。自動券売機みどりの窓口JR九州旅行大分支店は改札口の並びに移転し、改札口横には喫茶店「えきのカフェ」が新設された。なお、高架化前の旧北口改札口は馬蹄形で、この形のものとしては国内で初めて導入されたものであった。自動放送導入駅。

改札内にはキヨスク、ICカードチャージコーナー、トイレなどがある。ICカードチャージコーナーはのりこし精算機ではなく、チャージ機のみである。併設して公衆電話が設置されている。

コンコースを挟んで改札口の向かい側には、2012年3月17日に、コープおおいたを核店舗とし、土産店、飲食店(トランドールロッテリアミスタードーナツ等)、コンビニ(ファミリーマート)、ATMコーナー等、33店舗が入居する豊後にわさき市場がオープンした[注釈 4]

コンコースでは休日にはミニトレイン「ぶんぶん号」が運行される。


府内中央口(北口)には1958年に建設された鉄筋コンクリート構造3階建て(一部4階建て)の駅ビル(旧駅舎)があったが、2012年3月17日の完全高架化を以って使用を終了。解体後、旧駅舎及び地上ホーム跡地に新駅ビルが建設される予定である(#新駅ビル参照)。新駅ビルは現在よりやや南寄りに移動し、府内中央口(北口)前の駅前広場は九州最大となる。駅前広場の一部には大屋根のあるイベントスペースを設置する計画である[11]

新駅ビル[編集]

新駅ビルは2013年4月30日に着工し、2015年春に竣工予定。名称はアミュプラザとJR大分シティとが候補とされている[12][11][13]

新駅ビルは、敷地面積約20,000m²、延床面積約107,000m²、店舗面積約31,000m²で、鉄骨鉄筋コンクリート構造地上8階・地下1階の低層部と東側の地上21階のタワー部とからなる。当初の計画では、地上23階建て、延床面積約120,000m²の予定であったが、温泉施設向けの機械室の面積削減や、駐車場の設計変更により、全体の規模が若干小さくなった[14]。ただし、店舗面積には変更はない[15]

このうち1-4階は商業エリアで、1-2階には衣料品、雑貨、カフェ等の店舗、3階には東急ハンズ[16]、スポーツ用品店、フードコート、4階にはレストラン街、シネマコンプレックス、大型書店が入居する予定[17]。タワー部の8-18階にはホテル、19-21階には天然の温泉施設が設けられるとともに、低層部の8階には屋上庭園が設けられ、鉄道神社も設置される[12][11][18]。また、5-8階には860台分の駐車場が設けられる[11][19]

のりば[編集]

高架ホームの6 - 8番乗り場

番号は駅府内中央口(北口)側から順に割当てられている。特急列車を優先しており、方面によってのりばが概ね分けられているが、乗車する際は駅の案内板や放送に注意が必要である。

各ホームにはエレベーター及びエスカレーターが設置されている。豊肥本線・久大本線は電化されていないため、高架ホームの7、8番線の線路には架線が張られていない。

列車案内アナウンス開始時のみメロディが鳴る。到着・発車時はベルである。

また、1-4番のりばの各ホームにはICカードチャージ機とICカード専用自由席特急券売機が、5-8番のりばの各ホームにはICカードチャージ機のみが設置されている。

以下は平成26年3月15日現在のものである。

のりば
1 特急「ソニック」 中津小倉博多佐伯方面
日豊本線 鶴崎臼杵・佐伯方面・中山香行き(※1)
特急「九州横断特急」 豊後竹田阿蘇熊本方面
2 特急「にちりん」「にちりんシーガイア」 佐伯・延岡宮崎空港方面
日豊本線 鶴崎・臼杵・佐伯方面
3 特急「ソニック」「にちりんシーガイア」「にちりん」 中津・小倉・博多方面
日豊本線 別府・杵築・中津方面
4 特急「にちりん」 佐伯・延岡・宮崎空港方面
特急「九州横断特急」 豊後竹田・阿蘇・熊本方面
日豊本線 別府・杵築・中津方面
5 特急「九州横断特急」 豊後竹田・熊本・人吉方面・別府行き
日豊本線 別府・杵築・中津方面・幸崎行き(※2)
6 特急「九州横断特急」 豊後竹田・熊本・人吉方面・別府行き
豊肥本線 三重町・豊後竹田方面
7 特急「ゆふ」 由布院久留米・博多方面・別府行き
久大本線 由布院・日田方面
豊肥本線 三重町・豊後竹田方面
8 特急「ゆふいんの森」 由布院・久留米・博多方面・別府行き
久大本線 由布院・日田方面

(※1)4650M列車(同駅17:13発)のみ該当 (※2)1639M列車(同駅18:09発)のみ該当

なお、上記ののりばは通常時の発車についてのものであり、多客期に運行される臨時列車や、到着列車はこの限りではない。

その他[編集]

高架化前は、貨物列車通過線機関車の入れ替え用側線等の設備が整っていた。かつては府内中央口(北口)の東側に貨物ホームが存在したが、現在は大分市が管理する駐車場になっている。南東部には旧・豊肥久大鉄道事業部豊肥久大運輸センター(旧国鉄時代は大分運転所)があったが、この車両基地は大分駅高架化にともない牧駅近くの大分鉄道事業部大分車両センターの隣接地に移転し統合され、移転先には高架橋も作られた。また、整備場は高架化に伴い解体された。この整備場にはキハ07形気動車が保管されていたが、2003年に九州鉄道記念館に移設された。

夜間滞泊が設定され、1番のりばに885系が、2番のりばに815系が、佐伯寄りの留置線に415系がそれぞれ1本ずつ留置される。[要出典]

駅弁[編集]

かつては大正時代創業の梅乃家が駅弁を販売していたが、2007年11月に駅弁事業から撤退。同社はホームの立ち食いそば・うどん店とコンコース内の食堂も運営していたが2012年3月の高架化に伴う構内の改装に伴い閉店した[20]。 現在販売されている主な駅弁は以下の通り[21][22][23]

  • 豊後牛めし
  • 大分宝ちらし寿司弁当
  • 大分の車窓
  • 豊後水道味めぐり
  • 湯布院牛ステーキ弁当
  • からあげ弁当
  • 華おこわミニいなり

上記駅弁の内、豊後水道味めぐりは、九州駅弁グランプリ2013において2位(準優勝)に選ばれた。また、大分駅が高架化した際、数量限定で高架記念弁当が発売された。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は16,982人(前年度比+331人)である。これは、大分県内にある駅の中では最も多く、JR九州の駅としては博多駅小倉駅鹿児島中央駅に次いで第4位である[24]。また、大分県統計年鑑によるデータでは、1日平均の利用客は33,678人である(2005年度)。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1992 (平成4年) 18‚041
1993 (平成5年) 18‚171
1994 (平成6年) 18‚103
1995 (平成7年) 18‚334
1996 (平成8年) 18‚616
1997 (平成9年) 17,891
1998 (平成10年) 17,828
1999 (平成11年) 17‚268
2000 (平成12年) 16,919
2001 (平成13年) 16,812
2002 (平成14年) 16,923
2003 (平成15年) 16,973
2004 (平成16年) 16,800
2005 (平成17年) 16,832
2006 (平成18年) 16,908
2007 (平成19年) 16,877
2008 (平成20年) 17,129
2009 (平成21年) 16,373
2010 (平成22年) 16,429
2011 (平成23年) 16,651
2012 (平成24年) 16,982

駅周辺[編集]

府内中央口(北口)駅前

府内中央口(北口)周辺は大分市街地の中心部で、百貨店等の商業施設や大分県等の行政機関が立ち並び、商店街が縦横に延びて、人通りも多い。その一方で、上野の森口(南口)周辺には静かな雰囲気の街並みが広がっている。駅の南北で様相が大きく異なるのは、3本の鉄道路線により市街の南北が完全に分断されていたためであるが、駅の高架化と併行して上野の森口(南口)周辺の再開発も行われている。

府内中央口(北口)[編集]

官公庁・公共施設[編集]

名所・公園等[編集]

電気・通信業等[編集]

金融機関[編集]

商業施設[編集]

ホテル[編集]

交通[編集]

上野の森口(南口)[編集]

公共施設[編集]

公園[編集]

  • 上野丘子どものもり公園
  • 上野ヶ丘墓地公園

教育機関[編集]

金融機関[編集]

商業施設[編集]

ホテル[編集]

交通[編集]

バス路線[編集]

大分駅を経由するバス路線は全て府内中央口側にのりばがある。 以前は、大分バス大分交通は場所が分かれており、西側の大分駅前商店街に沿って大分バスの大道方面行きのりばが、東側に大分交通ののりばがあった。大分バスの元町・下郡方面ののりばは国道10号沿いにあり、萩原方面ののりばは 中央通りを約300m進んだ先の大分バス本社前停留所まで歩く必要があった。 2014年4月からは、それまで乗り入れていなかった大分バスの路線についてもロータリーの乗り入れを開始し、大分市街地を起点とするほとんどのバスがロータリーから乗車できるようになった。また、会社で場所が分かれていたのりばもロータリー西側に集約されるようになった。 高速バスと大分市街地を終着とする大分バスの路線はロータリーには乗り入れない。

大分バスの大分市美術館へ向かう路線(通称:駅南循環)のみ上野の森口も経由する。

一般路線バス[編集]

大分交通と大分バスが主体である。3月15日までは、別府市を中心に路線を展開する亀の井バスの一般路線バスは、アフリカンサファリ線1往復のみが発着していたが、翌16日のダイヤ改正によって別府駅西口止まりとなり、消滅した(高速バスを除く)。

高速バス・県外特急バス[編集]

高速・県外特急バスの最寄の停留所は、全路線とも、駅から中央通りを約300m進んだ先のトキハ大分店前にある「大分バス本社前(トキハ前)」1番のりば・「トキハ・フォーラス前」である[注釈 5]

その他[編集]

ICカード[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
普通
西大分駅 - 大分駅 - (下郡信号場) - 牧駅
久大本線
  • 特急「ゆふ」「ゆふいんの森」停車駅(「ゆふ」1往復のみ当駅始発・終着)
普通
古国府駅 - 大分駅
豊肥本線
  • 特急「九州横断特急」停車駅
普通
滝尾駅 - (下郡信号場) - 大分駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 大分市における戦災の状況(大分県): 一般戦災ホームページ - 総務省
  3. ^ a b c 大分歴史散歩 - ふるさとの駅(2) (PDF)
  4. ^ 大分駅新ホーム8月完成 地上8メートル大分合同新聞、2008年5月19日
  5. ^ JR日豊本線(大分駅付近)が高架開業します 大分県ホームページ
  6. ^ JTB時刻表 2008年3月号、及び、大分駅監修 JR大分駅時刻表
  7. ^ 線路は続くよ♪別府まで 大分合同新聞、2011年12月24日
  8. ^ 特急の別府発着復活 春のJRダイヤ改定 大分 asahi.com(朝日新聞社)、2012年1月3日
  9. ^ 大分駅付近連続立体交差事業 大分県ホームページ
  10. ^ 大分駅高架開業後の北口仮設通路について
  11. ^ a b c d 大分駅ビル22階建て 屋上に露天風呂 大分合同新聞、2011年11月16日
  12. ^ a b 大分駅ビル開発の概要について JR九州、2011年11月15日
  13. ^ 大分駅に複合商業施設 地上85メートルの展望浴場も開設 JR九州 MSN産経ニュース、2011年11月16日
  14. ^ JR大分駅ビル30日着工、2015年春開業へ 読売新聞、2013年4月23日
  15. ^ 大分駅ビルの工事着手及び安全祈願祭について JR九州、2013年4月22日
  16. ^ 東急ハンズ 2014年秋に鹿児島、2015年春に大分へ出店 ~ハンズ業態、九州3・4店舗目~ 東急ハンズ、2013年1月22日
  17. ^ 大分駅ビルのテナント、東急ハンズが核に 大分合同新聞、2013年1月23日
  18. ^ 新大分駅ビル 15年開業 西日本新聞、2011年11月16日
  19. ^ アミュプラザ鹿児島別館(仮称)および大分駅ビルへの「東急ハンズ」の出店が決定 参考資料 (PDF) JR九州、2013年1月22日
  20. ^ 大分駅名物の立ち食いうどん屋が閉店 朝日新聞、2012年3月16日
  21. ^ 九州駅弁 社団法人九州鉄道営業会
  22. ^ 大分 | 九州駅弁グランプリ みんなで選ぶ九州の"よか"駅弁総選挙!
  23. ^ 豊後にわさき市場
  24. ^ JR九州ウェブサイト JR九州 交通・営業データ 駅別 乗車人員上位30位(平成24年度)

注釈[編集]

  1. ^ その楠で作られた能面が駅長室に飾られている。
  2. ^ 例えば、大分バスには「駅裏循環」という路線があった。ただし、2008年4月1日に「駅南循環」に改名されている。
  3. ^ 日豊本線で当駅より南では設置駅はない。
  4. ^ なお、高架化前には、飲食店等の商業施設は府内中央口(北口)のコンコースにあり、フレスタ大分商店街を形成していた。そのうち、コンビニのファミリーマートは、ドリームにちりんの長時間停車の間に改札が開放され、乗客が利用することができた。
  5. ^ 「大分バス本社前(トキハ前)」は大分バス、「トキハ・フォーラス前」は大分交通の停留所名。

参考文献[編集]

  • 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会 九州の鉄道100年記念誌『鉄輪の轟き』九州旅客鉄道 1988年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]