博多バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博多バスターミナル

博多バスターミナル(はかたバスターミナル)とは、福岡県福岡市博多区にある、バスターミナル、及びこれを含む建物。西日本鉄道(西鉄)、九州旅客鉄道(JR九州)などが出資する株式会社福岡交通センター(ふくおかこうつうセンター)により運営されている。

2010年11月1日に旧称の博多駅交通センターから改称された。

なお、本記事では博多バスターミナル以外に、博多駅周辺に設けられているバス乗り場についても記述する。

概要[編集]

株式会社 福岡交通センター
Fukuoka traffic center
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街2番1号
設立 1963年昭和38年)3月
業種 サービス業
事業内容 バスターミナル業、貸室業、広告宣伝業、売店等直営店舗事業
代表者 代表取締役社長 江口洋二郎
資本金 4億0000万0千円
発行済株式総数 20万株(2010年3月31日現在)
売上高 (営業収益)19億0835万円(2010年3月期)
営業利益 3億5810万円(2010年3月期)
純利益 1億1668万円(2010年3月期)
純資産 20億4042万円(2010年3月31日現在)
総資産 86億1836万円(2010年3月31日現在)
従業員数 33人(2010年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 西日本鉄道株式会社 67.95%
九州旅客鉄道株式会社 21.00%
福岡市 4.00%
昭和自動車株式会社 3.50%
株式会社博多ステーションビル 2.80%
祐徳自動車株式会社 0.75%
外部リンク http://www.f-kc.jp/
テンプレートを表示

施設概要[編集]

JR博多駅博多口北側に建つ地上9階、地下1階からなるビルの1階 - 3階にバスターミナルが入居する。地下1階は商業スペース「バスチカ商店街」(博多駅地下街へ連絡)、4階 - 8階はメディアカフェポパイナムコワンダーパーク紀伊國屋書店ダイソードコモショップゲーマーズなどが入居するテナントフロア、8階が「博多 味のタウン」(レストランフロア)と献血ルーム「おっしょい博多」、9階が運営会社などが入居するオフィスフロアとなっている。

西鉄バスJR九州バスの運行上の拠点となっているほか、糸島・唐津方面に路線網を広げる昭和自動車の拠点ともなっている。なお、一部の路線は博多駅近くの大博通り沿いの博多新三井ビル前(降車専用)や住吉通り沿いの西日本シティ銀行本店前(博多駅Fのりば)、筑紫口貸切バス駐車場前が終点となるものもあるほか、市内路線の一部(博多駅前始発ではない路線の大半や百年橋通り方面の路線)には施設内に乗り入れず、博多駅周辺のバス乗り場に停車する路線もある(後述の#博多駅周辺の路線バス停留所を参照)。

運営会社[編集]

運営会社の「株式会社福岡交通センター」は、西日本鉄道が過半数を出資している関係上、西鉄グループの企業となっているが、博多駅前のバスターミナルを整備する目的もあったことから、設立時に国鉄および福岡市が出資した経緯がある(国鉄の保有株式は、国鉄の分割民営化時にJR九州に承継されている)。このほか、比率はわずかではあるが同ターミナルを拠点とする昭和自動車祐徳自動車(現在は福岡乗り入れなし)も出資している。

名称[編集]

同じビル内にありながら、様々な経緯から、バスターミナルは「博多駅交通センター」、商業施設名称は「福岡交通センター」[1]、建物名称は「福岡交通センタービル」と、施設の正式名称が統一されていなかった。2010年11月1日、九州新幹線鹿児島ルートの全通開業に向けたビル改装にあわせ(後述)、バスターミナル名称・商業施設名称・建物名称をいずれも「博多バスターミナル」に統一した。バスターミナルについては西鉄は11月1日より、JR九州バスや昭和自動車も11月1日以降随時「博多バスターミナル」の呼称を用いている。

なお運営会社の名称は変わらず「株式会社福岡交通センター」である。

改装[編集]

新駅ビルとの間のデッキ

2011年3月の九州新幹線鹿児島ルートの全通開業に併行する博多駅再開発に伴い、博多バスターミナルと博多口の新駅ビル・JR博多シティ2階部分とが、歩行者用連絡通路(ペデストリアンデッキ)で直結され2011年3月に供用開始。[2][3]

これに合わせる形で、まず2010年11月1日付で、施設名称を「博多バスターミナル」に統一、変更した。さらに2011年2月19日までに2段階のリニューアル(テナント入れ替え)を実施[4]

なお、前述のペデストリアンデッキは、大博通りに面する博多新三井ビル付近の歩道まで、「博多駅歩行者連絡橋」として延伸し、2012年12月20日に開通した。[2][5]

構造[編集]

バスターミナル(発着所)は3層構造で、各階とも中央の待合いスペースの外周にバス通行路と停車ホームが設けられている。バス通行路は専用車道であり、横断歩道以外での歩行者の横断や通行は禁止されている。停車ホームと待合いスペースの間は自動ドアで仕切られており、待合い時の環境が確保されている。

  • 3階:高速バスのりば、JR九州バスのりば
  • 2階:高速バス降車場、西鉄バス(一部)・昭和自動車・貸切バスのりば
  • 1階:西鉄バス(市内バス)のりば

なお、23時以降に到着する高速バスは2階ではなく、1階で降車となる。これは23時で2階が閉鎖されるため。

ビルの地上1階〜3階には、バスターミナル(発着所)と仕切られた形で一部のテナントが存在するが、直接の連絡路は存在せず、バス通路も通行・横断禁止のため、行き来には他の階(地下1階、地上4階〜)に移動する必要がある[6]

沿革[編集]

  • 1963年昭和38年)3月 - 会社設立
  • 1965年(昭和40年)8月 - バスターミナル供用開始
  • 1997年平成9年)8月 - 増改築工事に着手
  • 1999年(平成11年)11月 - 増改築工事完成
  • 2010年(平成22年)11月1日 - 第1期リニューアル完成。施設名称を博多バスターミナルに変更。
  • 2011年(平成23年)2月19日 - 第2期リニューアル完成。

利用状況[編集]

  • 利用乗降客数:約70,000人/日平均(2012年度)
  • バス発着便数:3,200便/日(2013年10月1日現在)[7]

発着路線[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

路線は2014年4月1日現在(太字は終点停留所)

  • 一般路線バスのほか、九州他県および本州方面への中長距離高速バスが発着する。福岡県内路線を含む西鉄の近距離路線の一部は西鉄天神バスセンター発着であり、博多バスターミナルには停車しない。
  • 一般路線バスについては公式サイトの表記に準じる。また、入出庫系統については原則として割愛する。路線の詳細については系統番号のリンクから各営業所記事を参照のこと。
  • 経由地・目的地のうち、「キャナル」は「キャナルシティ博多前」、「福岡タワーTNC)」は「福岡タワー(TNC放送会館)」、「福岡タワー」は「福岡タワー南口」を指す。
  • 高速バスのうち、無印は昼行便のみ、☆は夜行便のみ、★は昼行・夜行便の両方が存在。
  • 【】内は運行会社。単に「西鉄」と記したものは、西日本鉄道自動車事業本部または西鉄高速バスの運行路線。


方面色 系統 途中経由地 行先 備考
1番のりば
15 福高前・千代町・千鳥橋 ゆめタウン博多
29 呉服町・県庁前・名島・城浜団地・香椎浜海岸通 香椎浜営業所
西鉄香椎
香椎照葉三丁目
29N 呉服町・都市高速・城浜団地・海岸通り 香椎浜営業所
香椎照葉三丁目
平日朝夕、土曜朝のみ運行
呉服町・都市高速・城浜団地・運輸支局 香椎浜営業所
2番のりば(昭和通り経由)
2 蔵本・天神藤崎・田隈新町 四箇田団地
金武営業所
特快2 蔵本・天神・藤崎・次郎丸・四箇田団地 金武営業所 平日夕方のみ
2-3 蔵本・天神・藤崎・・室住団地 野方
30・32 天神 大濠公園
3番のりば(明治通り経由)
3 天神・西新 福大前
星の原団地
早良営業所
さわら台団地
陽光台
早良高校
福大前行きは平日朝方のみ
特快3 陽光台
早良高校前
西新から先は各バス停に停車
12 天神・赤坂門・六本松・福大前 片江営業所
桧原営業所
13 天神・福岡市美術館東口・六本松・油山観光道路・堤・油山団地口 博多工業高校
片江営業所
桧原営業所
博多工業高校行きは午前の一本のみ
56 天神・赤坂門・動物園前・小笹 桧原営業所
柏原営業所
57 天神・赤坂門・桜坂・小笹
100 天神 天神方面
天神ライナー 土日・祝日のみ
4番のりば(国体道路経由)
68 キャナル・天神 福浜
80 キャナル 天神方面
113
急行113
キャナル・天神・六本松・観光道路・堤・油山団地口 片江営業所
桧原営業所
博多工業高校
急行は六本松から先は各バス停に停車
博多工業高校行きは平日の午前一本の普通便のみ
114 キャナル・天神・六本松・茶山・福大病院 西油山ハイツ
早良営業所
キャナル・天神・六本松・茶山・金山団地・福大病院 片江営業所 平日の深夜便は金山団地・福大病院を経由しない
200 キャナル・天神警固神社・六本松・荒江四角 早良営業所
さわら台団地
201 キャナル・天神警固神社・六本松・原・次郎丸 四箇田団地
金武営業所
キャナル・天神警固神社・六本松・原・田隈新町
202 キャナル・天神警固神社・六本松・原 原北中学校前
203 キャナル・天神警固神社・六本松・原・室住団地 野方
204 キャナル・天神警固神社・六本松・原・壱岐農協
208 キャナル・天神警固神社・六本松・原往還・木の葉モール
5番のりば
直行 都市高速・福岡タワー 藤崎
312 呉服町・都市高速・福岡タワー 藤崎
能古渡船場
503 キャナル・天神・都市高速・室見団地 野方
室住団地
506 キャナル・天神・都市高速・大町団地口・ウエストヒルズ・生松台二丁目 野方
507 キャナル・天神・都市高速・姪浜駅・下山門 三陽高校
キャナル・天神・都市高速・下山門・三陽高校・野方西団地 野方
514 呉服町・都市高速・橋本・野方西団地・生松台団地
515 呉服町・都市高速・中村・拾六町団地
526 キャナル・天神・都市高速・姪浜駅・ウエストヒルズ・生松台二丁目
キャナル・天神・都市高速・姪浜駅・ウエストヒルズ・生松台二丁目・野方 橋本駅
6番のりば
306 呉服町・都市高速・ヤフオクドーム前 福岡タワー(TNC)
藤崎
7番のりば
臨時 (直行) ヤフオクドーム イベント時のみ運行
(降車専用)
8・9・10番のりば
(降車専用)
11番のりば
福岡シティループバス「ぐりーん」
12番のりば
41 比恵・麦野 新屋
雑餉隈営業所
イオン大野城
新屋行きは平日朝のみ
43 比恵・西月隈三丁目 金隈
530 比恵・都市高速・堤・都市高速・野芥駅・早良営業所 陽光台 平日夕方4本のみ
急行 福岡空港篠栗北バイパス飯塚 後藤寺
新飯塚駅
13番のりば(筑紫口経由)
A 山王一丁目 福岡空港国際線
817 扇町
2940 板付七丁目
44 山王・諸岡・南本町 雑餉隈営業所
45 山王・諸岡・井尻駅福岡女学院・昇町
山王・諸岡・井尻駅・昇町 平日・土曜の夜の一部と日曜・祝日のみ
山王・諸岡 井尻駅
300 都市高速・ヤフオクドーム前・名柄団地 能古渡船場 平日夕方1本のみ
無番 福岡空港国際線・都市高速・太宰府市役所 太宰府(西鉄太宰府駅
14番のりば
30 空港通・亀山 イオンモール福岡
32 空港通・亀山・志免 原田橋
宇美営業所
上宇美
障子岳
極楽寺
大半が原田橋行き
宇美営業所行きは最終便のみ
33 空港通・亀山・志免・上宇美 障子岳
極楽寺
大半が極楽寺行き
37 空港通・福岡空港前・月隈団地・志免 四王寺坂
38 榎田町・二又瀬・福岡空港・月隈団地・桜ヶ丘第一 ひばりが丘団地 平日の朝一本のみ
39 空港通・二又瀬・福岡空港・月隈団地・桜ヶ丘第一 桜ヶ丘第五
ひばりが丘団地
上宇美
一部快速がある
39B 東平尾公園入口・月隈団地・桜ヶ丘第一 ひばりが丘団地
73 空港通・流通センター 流通センター公園前
土井営業所
土井団地
みどりが丘団地入口
大半がみどりが丘団地入口行き
21・22・23番のりば
(高速バス降車場・昭和バス降車場)、唐津競艇場送迎バス
24番のりば
400 呉服町・都市高速・水城・都府楼前駅甘木BC 甘木営業所
31番のりば
佐賀空港行き高速バス(国際線と接続) 佐世保・佐々BC・ハウステンボス (させぼ号) 【西鉄・西肥自動車】 諫早・島原 (島原号) 【西鉄・島原鉄道
32番のりば(西九州道方面高速バス)
33番のりば(JR九州バス直方線
多々良・山の神・鞍手高校 直方駅
多々良 福丸
山の神
34番のりば(大分道方面高速バス)
35番のりば(南九州・本州・四国方面高速バス)
37番のりば(長崎道方面高速バス)
38番のりば(熊本方面高速バス)

博多駅周辺の路線バス停留所[編集]

博多駅周辺には博多バスターミナル以外にも路上バス停留所が設けられている。博多口には駅前を通過する住吉通り沿いに6面(南行き4面、北行き2面)、博多駅筑紫口には駅前を通過する国道385号上に2面と、少し離れた福岡県福岡東総合庁舎前に停留所が設けられている。

博多駅筑紫口(合同庁舎前)」の路線を除きすべて西鉄バスの路線(2014年4月1日現在)。西鉄バスの路線の詳細については系統番号のリンクから各営業所記事を参照のこと。

博多駅筑紫口(北行き)[編集]

筑紫口側貸切バス駐車場前。百年橋通り方面からの博多駅止まりが本停留所を終点とする(始発は博多口の博多駅郵便局前C・D乗り場)ほか、ここに途中停車する全便が博多バスターミナルまたは博多駅前(博多口)を経由する。

博多バスターミナルを経由(または終点)となる路線
  • 29(県庁前経由香椎浜営業所 /西鉄香椎 / 香椎照葉三丁目
  • 29N(都市高速経由香椎浜営業所 / 香椎照葉三丁目
  • 203(国体道路・天神経由野方
  • 114(国体道路・天神経由片江営業所 / 西油山ハイツ / 早良営業所
  • 40 / 44 / 45 / 300 / A博多バスターミナル止まり)
博多駅前Aを経由(または終点)となる路線
  • 17(城南線経由早良営業所 / 早良高校
  • 44 / 急行A(駅前四丁目・渡辺通一丁目経由天神
  • 44(住吉・天神・都市高速経由福岡タワー(TNC放送会館)
  • 69博多駅止まり)

博多駅筑紫口(南行き)[編集]

筑紫口南側、都ホテル向かい(ただし平日1往復の300番のみ筑紫口北側の花村ビル前に停車する)。全便が博多バスターミナル13番乗り場の次に本停留所に停車する。

  • 817(山王一丁目経由扇町
  • 2940(山王一丁目経由板付七丁目
  • 44(山王一丁目・南本町経由雑餉隈営業所
  • 45(山王一丁目経由井尻駅 / 雑餉隈営業所
  • A(山王一丁目経由福岡空港国際線
  • 300(都市高速経由能古渡船場

博多駅筑紫口(合同庁舎前)[編集]

博多駅筑紫口(合同庁舎前)バス停に停車中の「ハッコーライナー」

一般社団法人福岡東総合庁舎前停留所管理事務所が管理し、西鉄の「合同庁舎」バス停能古渡船場行き乗り場(平日1本の300番のみが停車する)と同じ位置。高速ツアーバスから移行した高速バス路線の拠点となっており、筑紫口交差点脇のサンライフホテル1階にある「BUS STOP LOUNGE」が集合場所となる。

  • 宮崎(サンマリンライナー)【サンマリンツアー
  • 宮崎(みとシティライナー)【美登観光バス(山口運送)】
  • 高千穂・延岡・門川・日向市(ハッコーライナー)【ハッコートラベル
  • 鹿児島(南九号)【南九州観光バス
  • ☆神戸・大阪(梅田)・京都(O.T.B.ライナー)【天領バス
  • ☆神戸・大阪(梅田)・京都(WILLER EXPRESS)【日本高速バス】
  • ☆神戸・大阪(梅田)・京都(ロイヤルエクスプレス)【ロイヤルバス
  • ☆神戸・大阪(梅田・天王寺)(ブルーライナー)【つくしの観光バス
  • ☆神戸・大阪(梅田・長堀・USJ)(ユタカライナー)【ユタカ交通
  • ☆東京(新宿)(O.T.B.ライナー)【天領バス
  • ☆東京(新宿・東京駅)(ロイヤルエクスプレス)【ロイヤルバス】

博多駅前A[編集]

博多駅前Aのりば

博多口正面の住吉通り南行き車線沿い。博多口側では駅から最も近いバス乗り場であり、キャナルシティ博多天神方面に向かう路線を中心に多くの系統が停車する[8]

停車系統は大きく以下の3方面に分けられる。

キャナルシティ博多経由天神方面
住吉経由天神方面
  • 300(天神・都市高速・名柄団地経由能古渡船場
  • 301(天神・都市高速・マリナタウン経由能古渡船場
  • 302(天神・都市高速・百道ランプ・マリナタウン経由能古渡船場
  • 303・急行303(天神・都市高速・名柄団地経由マリノアシティ
  • 304(天神・都市高速・愛宕ランプ・マリナタウン経由能古渡船場
  • 305(天神・都市高速経由福岡タワー(TNC放送会館) / 藤崎
  • 307(天神・都市高速・百道ランプ経由福岡タワー(TNC放送会館) / 藤崎
  • 快速エコルライナー(天神・都市高速経由西南中高 / 能古渡船場
  • 44 / 急行A(渡辺通一丁目経由天神
  • 急行(天神・都市高速・石丸ランプ・九大工学部前経由九大総合グラウンド
  • 急行エコルライナー(天神・都市高速・今宿ランプ・九大工学部前経由九大総合グラウンド
住吉経由城南線薬院駅・六本松)方面
  • 9(西新経由能古渡船場 / マリノアシティ
  • 10・15(西新経由福岡タワー(TNC放送会館)
  • 11(西新・昭代一丁目経由藤崎
  • 16(観光道路・福大前経由片江営業所
  • 17(荒江四角・野芥経由早良営業所 / 早良高校前 / 陽光台
  • 19(原・次郎丸経由四箇田団地 / 金武営業所
  • 50(高宮通り・自動車免許試験場経由桧原営業所
  • 58(動物園前・小笹経由桧原営業所
  • 58-1(桜坂経由上智福岡中高前
  • 214・急行214(原・壱岐農協前経由野方
  • 急行エコルライナー(福大正門前経由片江営業所

博多駅郵便局前B[編集]

旧・博多郵便局[9]の住吉通り南行き車線沿い。Aのりばの南側。竹下・大橋方面への路線を中心に停車する[10]。ここに停車する便は本停留所が始発、もしくは博多埠頭(ベイサイドプレイス)始発。

  • 46(竹下経由井尻六ツ角 / JR南福岡駅 / 雑餉隈営業所
  • 47(清水一丁目経由西鉄大橋駅 / 那珂川営業所
  • 48(塩原橋経由レークヒルズ野多目
  • 48-1(塩原橋・竹下駅西口経由老司団地
  • 48-2(駅南三丁目・塩原橋経由レークヒルズ野多目
  • 60(山王一丁目・きよみ通り経由西鉄大橋駅 / 那珂川営業所
  • 65(那の川・野間・長住経由桧原営業所

博多駅郵便局前C・D[編集]

旧・博多郵便局[9]横の住吉通り南行き車線沿い。Bのりばの南側。百年橋通り・那の川経由で野間・小笹方面へ向かうバスの始発停留所[11]で、逆に博多駅止まりはすべて筑紫口が終点となる。

  • 64(野間・長住経由片江営業所 / 福大病院
  • 66(野間・今立経由那珂川営業所
  • 66(野間・現人橋経由那珂川営業所
  • 67(野間・長住経由桧原営業所 / 柏原営業所
  • 69(小笹経由桧原営業所
  • 69-1(小笹・城南区役所・昭代経由藤崎

博多駅センタービル前E[編集]

福岡センタービル前の住吉通り北行き車線沿い。住吉通りから左折して大博通り方面に向かう路線が停車する[12]ほか、駅前三丁目方面からの博多駅行きはここが終点となる。

  • 9(県庁前経由九大前
  • 10(県庁前経由九大病院
  • 88(国際会議場サンパレス前・マリンメッセ前経由博多港国際ターミナル中央埠頭
  • 99(国際センターサンパレス前経由博多埠頭(ベイサイドプレイス)

博多駅シティ銀行前F[編集]

西日本シティ銀行本店前の住吉通り北行き車線沿い[13]。住吉通り方面からの博多駅行きはここが終点となる。なお、長崎からの高速バス「九州号」の降車所は、2013年1月まではここになっていた(翌月以降はターミナル内降車場に変更)[14]

  • 46(国体道路・天神経由博多埠頭(ベイサイドプレイス)

脚注[編集]

  1. ^ 西日本鉄道による一般向け広報では、以前から主に商業施設部分について「福岡交通センター」としていたものがあり、商業施設内の店舗名も「○○ 福岡交通センター店」としている店も以前から多く、「福岡交通センター」が商業施設としての一般的な呼称として広く定着していた。
  2. ^ a b “新博多駅ビルとバスターミナル“空中回廊”で直結へ”. 西日本新聞. (2010年10月21日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/204815 2010年10月21日閲覧。 
  3. ^ ペデストリアンデッキ以外には、地上1階の横断歩道(信号機有り)、地下1階の博多駅地下街との連絡路(福岡市地下鉄コンコースから、博多口ビルへと繋がる)がある。
  4. ^ “「福岡交通センター」 名称変更とリニューアルの実施について 〜新名称は「博多バスターミナル」 より利便性の高いビルに生まれ変わります〜” (PDF) (プレスリリース), 西鉄広報室, (2010年10月25日), http://www.nishitetsu.co.jp/release/2010/10_119.pdf 2010年10月25日閲覧。 
  5. ^ http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/35843/1/hakataekihokousyarennrakukyou_no_kaituu.pdf
  6. ^ 地上1階については、一旦ビルの外に出て横断歩道を二度横断しても良い。
  7. ^ 博多バスターミナルの概要について
  8. ^ にしてつ時刻表 博多駅前A
  9. ^ a b 2014年現在、博多郵便局は再開発のため仮設店舗に移転し営業中だが、西鉄バス側の案内としては「博多郵便局前B/C/D」のままである。バス停の位置は殆ど変更されていない。移転の詳細については博多郵便局を参照。
  10. ^ にしてつ時刻表 博多駅郵便局前B
  11. ^ にしてつ時刻表 博多駅郵便局前C,D
  12. ^ にしてつ時刻表 博多駅センタービル前E
  13. ^ にしてつ時刻表 博多駅シティ銀行前F
  14. ^ 博多バスターミナル(降車場)乗入れについてのお知らせ 九州急行バス 2013年2月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]