大隅大川原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大隅大川原駅
2010年3月に新築された駅舎
2010年3月に新築された駅舎
おおすみおおかわら - Ōsumi-Ōkawara
北俣 (5.1km)
(5.3km) 北永野田
所在地 鹿児島県曽於市財部町下財部6723
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 408.1km(小倉起点)
電報略号 オカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1931年昭和6年)11月1日
備考 無人駅

大隅大川原駅(おおすみおおかわらえき)は、鹿児島県曽於市財部町下財部にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

駅構造[編集]

勾配の途中にある、島式ホーム1面2線を有する地上駅無人駅となっている。

1980年(昭和55年)に建設された駅舎とトイレが使用されてきたが、老朽化に伴い地元の市の負担で建て替えが行われ、2010年(平成22年)3月27日に落成式が行われた。新駅舎は約24平方メートルあり、地元産の杉を使用している。愛称は「悠久の駅舎」としている。落成式に際しては、地元住民約90人が都城駅からの記念乗車を行った。また住民約400人が集まって式典を行い、財部北小学校の児童による薩摩地方の楽器「ゴッタン」の演奏、末吉鬼神太鼓の公演などが行われた[1]

のりば[編集]

1 日豊本線(下り) 国分鹿児島中央方面
2 日豊本線(上り) 都城宮崎方面

駅周辺[編集]

険しい山々が連なる。日豊本線の最高地点が当駅と次の北永野田駅との間にある。駅がある地区は財部北地区と呼ばれ、2010年(平成22年)時点で人口は約950人、高齢化率60%超となっている[1]

  • 大川原郵便局

歴史[編集]

1980年から2010年まで使用された駅舎

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
北俣駅 - 大隅大川原駅 - 北永野田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]