向谷実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
向谷 実
向谷実(2008年台北ゲームショウ)}
向谷実(2008年台北ゲームショウ)
基本情報
出生 1956年10月20日(58歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 東京都立大学附属高校卒業
ジャンル フュージョン
職業 音楽家
担当楽器 キーボードピアノシンセサイザー
活動期間 1977年 -
共同作業者 カシオペア (1979-2012)
公式サイト 音楽館 Ongakukan website

向谷 実(むかいや みのる、1956年10月20日 - )は、日本ミュージシャンキーボーディスト)、実業家タレント

フュージョンバンド、カシオペアのキーボード奏者として1977年に加入し、1979年のメジャーデビューから2012年まで在籍していた。

シミュレーションゲームソフト『Train Simulator』の制作者であり、制作元である株式会社音楽館代表取締役社長として知られる。

人物・来歴[編集]

学生時代[編集]

世田谷区二子玉川出身[1]。幼少の頃から音楽を学び、4歳半からオルガンを、5歳からピアノを習い始め、6歳で既に作曲を行っていたという[2]。その後にエレクトーンに移行した。中学生時代はエレクトーンに精力を傾け、地区のコンクールで優勝するなど好成績を収めていた。

しかし、エレクトーンにおける全国大会出場への強化合宿に軽い気持ちで出たところ、英才教育を施されてきた他の参加者達とのレベルの違いに愕然とする。そういった理由もあり、高校生時代は音楽はあくまでも趣味レベルに留めることにしたが、エレクトーンの教習には通い続けて、アルバイトでデモンストレーター(楽器店頭での演奏)もやっていた。将来の目標としては、弁護士などの社会活動に従事することを希望していた。高校三年生の現役時、その目標のために幾つかの難関大学を受験するものの、あえなく全滅。東京都立大学附属高等学校(現・東京都立桜修館中等教育学校)を卒業後、大学受験浪人として予備校生活に入る。しかし、通学途中の繁華街で遊興に耽る日々が続き、さらなる学力低下を招いてしまった。向谷は翌年の大学受験は諦めることにして、進路変更を決意。エレクトーン習っていたことを活かして、「手に職を付ける」、「就職に有利」な面から、ネム音楽院(現:ヤマハ音楽院)のエレクトーン科に進学した。向谷はそこでヤマハ音楽能力検定の「エレクトーン部門グレード3級(演奏)」と「指導者グレード3級」の両資格を取得している。

カシオペア加入[編集]

このネム音楽院在籍時の1977年、友人を介して同学年の年齢だった野呂一生と知り合い、野呂が櫻井哲夫と結成していたバンド、カシオペアがアマチュアバンド・コンテスト「EastWest'77」に出場するにあたり、キーボーディストとして加入の誘いを受ける。その際、野呂はカシオペアの指向について、向谷が信奉していたミュージシャンのひとりを引き合いに出して「チック・コリアみたいな音楽(当時活動していたエレクトリック編成のリターン・トゥ・フォーエヴァー)をやっている」と口説いた。カシオペアは前年にも同コンテスト(「EastWest'76」)に出場して決勝大会まで進出したこともあって、向谷も存在を知っていた。同コンテストで野呂が最優秀ギタリスト賞を受賞し、その賞品として当時最新型にして最高級のエレクトリック・ギター(ヤマハSG-2000)を獲得したことから、当初参加した理由は“この有望なバンドで決勝大会に出られれば、自分も欲しい楽器を獲得出来るかもしれない”という至極単純なものだった。そして向谷を入れたカシオペアは自らのオーディションにより選んだドラマーの佐々木隆を加えて同コンテストに再出場することになる。

カシオペアに加入した向谷は、野呂が作ってきた楽曲における音楽性の高さに感銘する一方で、それまで独学であった彼の楽典を添削・修正する役割も請け負った。「EastWest'77」に出場したカシオペアは前年に続き、決勝大会まで進出して、優秀グループ賞を受賞した。これが足がかりとなってカシオペアは「EastWest'77」出場メンバーでプロデビューを目指すこととなって都内近郊でライブ活動開始。このデビュー前の時期、「EastWest'77」の審査員だった鳴瀬喜博に見いだされ、プロとしての仕事に度々誘われるようになる。また、この頃から家庭を持ち始めたこともあって、自活のために引き続きエレクトーンのデモンストレーターやスタジオ・ミュージシャン、コピー譜の採譜作業をするようになる。

1979年にカシオペアはアルバム『CASIOPEA』でメジャーデビュー。カシオペアはライブにおいて、結成時からしばらくはリーダーである野呂がMC(司会)を務めていたのだが、この頃に向谷に移行されることになる。カシオペアの演奏とともに向谷のMCも評判となり、その軽妙さから向谷の名字をもじり、司会屋実(しかいやみのる)の異名が与えられた。

カシオペアはアルバム出すごとに売り上げを伸ばし続け、ライブの規模と動員もそれにともなって拡張していった。カシオペアが多忙になったこと、そしてカシオペアで安定した収入が得られるようになったこともあり、デビュー後も行っていたスタジオ・ミュージシャンを一時休止し、1980年代前半の一時期はカシオペアの活動だけに専念するようになる。しかしながら、カシオペア以外の音楽活動にも意欲的な心は持ち続けていて、1984年に初めて自身が音楽制作のイニシアチブを取って、亜蘭知子のアルバム『More Relax』をサウンドプロデュースした。さらに同年には都内にレコーディング・スタジオ「スタジオJIVE」を賛同者とともに建設し、向谷は関連会社の音楽館を興してスタジオ運営に参画する。以降、このスタジオJIVEが、初のソロアルバム『ミノル・ランド』のレコーディングを始めとした向谷のホームグラウンドとなり、カシオペアの国内におけるレコーディングもここを中心になされていくようになる。

1980年代前半、趣味の一環としてパソコンを購入。国産製からすぐに米国アップル社が出したばかりのMacintoshに辿り着き、パソコン通信で海外音楽関係者と情報のやりとりをしたり、デジタル機材のデータ管理など音楽活動にも用いていくようになる。1980年代後半から1990年代前半に掛けて、パソコン、とりわけMacintoshを使うミュージシャンの代表格として各種メディアに取り上げられるようにもなる。1990年、カシオペアのアルバム『THE PARTY』レコーディングと同時に行われた映像作品制作にも向谷がパソコンで培ったノウハウが活用された。そして1993年、向谷は自身が経営する音楽館で、カシオペアが題材となった、映像と音楽を融合させたCD-ROMソフト『Touch the Music by Casiopea』を制作して発売する。これは後に制作する『Train Simulator』のプロトタイプともなった。

Train Simulatorの制作[編集]

幼少の頃から鉄道が趣味で、切符収集から始まり、学生時代は当時ブームだった8ミリ映画カメラでSL(蒸気機関車)を撮りに遠方まで出掛けていた。カシオペア在籍時代もライブツアーで全国各地を廻る際、機会があればその地元の路線に乗りに出掛けたり、他のメンバーやスタッフが旅客機や新幹線で時間的に効率な移動をするなか、好んで移動時間が掛かる夜行列車など利用して鉄道趣味を堪能していた。また、1985年に発表した初のソロアルバム『ミノル・ランド』にSLの音が取り入れられた曲「TAKE THE SL TRAIN」を作って収録するなど、その趣味の熱心さは以前からカシオペア・ファンには知られる事柄であった。

1995年に世界初の実写版鉄道シミュレーションゲーム『Train Simulator』第1弾「中央線201系(中野-豊田)」(Macintosh用)を自身の会社、音楽館で制作して発売する。音楽活動で培ったコンピューター技術を用いて、列車の乗務員室から業務用ビデオカメラで撮影した実写のノンストップ動画を処理して完成したのが本作である。ソロ活動の一環ではあったが、多分な趣味的要素で個人的にプロジェクトを立ち上げたものであった。しかし、ドライブシミュレーションゲーム(自動車)フライトシミュレーションゲーム(飛行機)しかなかった実機シミュレーションゲームに「鉄道シミュレーションゲーム」という新たなジャンルを生み出してヒットさせた。

これ以後、1990年代後半から2000年代前半に掛けて、向谷にとって『Train Simulator』シリーズの制作はソロ活動の柱となった。『Train Simulator』の音楽制作は自らで手掛けていたが、それ以外のソロにおける音楽活動は激減していった。時を同じくして、カシオペア自体の活動も年々減少していく。『Train Simulator』制作者として音楽とは異分野のシーンでメディア出演が増えていくも音楽シーンにおいては霞がちになっていった。2006年8月1日、カシオペアはリーダー・野呂の「カシオペアとしての一切の活動を休止したい」との意向により、レコーディングおよびライブなどの活動をすべて休止した。

近年の活動[編集]

2000年代後半、『Train Simulator』シリーズは収束するものの、向谷と音楽館はその応用として富士通と提携して鉄道会社が実際に乗務員の訓練に使用するシミュレータの開発を手がけるようになり[2]2007年には鉄道博物館の展示品「国鉄D51形蒸気機関車運転シミュレータ」の開発にも携わった。これらが近年の主な事業となっていく。

『Train Simulator』制作以後、向谷は鉄道タレントとして鉄道関連のメディア出演も増えていく。『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の鉄道ネタの回には比較的出演することが多い。また鉄道評論家の川島令三とともにCSおよびケーブルテレビなどの専門局で放送されていた『川島令三&向谷実の鉄道マニア倶楽部』、『向谷鉄道倶楽部』などの冠番組を持っていた。近年は音楽や鉄道を取り上げない情報番組(『Mr.サンデー』)にも実業家の肩書きで出演していることが多い。

カシオペア休止以降、ソロによる音楽活動は再び精力的になり、鉄道事業の音楽制作において起用したミュージシャンらで、向谷実とメロディーズ宮崎隆睦矢堀孝一、鹿島達彦、平川象士、壷井彰久)を結成し、鉄道イベント等でのデモンストレーション・ライブの他、有料公演なども開催した。また、カシオペアのデビュー前後から親交がある三枝成彰の実験的なコンサートにも参加している。2010年twitterでの交流をきっかけに歌手・中西圭三向谷実×中西圭三プロジェクトを立ち上げ、twitterで一般からの歌詞を募集した上、レコーディング作業はすべてUstreamで実況中継して制作過程を可視化、さらに当初はCDは制作せずにダウンロード販売でするなどインターネットをフル活用した実験的な音楽制作を行って話題となった。

2001年 から2010年まで名古屋芸術大学音楽学部音楽文化応用学科の新設と共に専任教授を務めた。

2011年より毎年のゴールデンウィークに東急百貨店東横店で「鉄道フェスティバル2011 in SHIBUYA」、「鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA」をプロデュースし、SUPER BELL"Zらとのライブも行っている。

2012年4月、カシオペアのメンバー間での話し合いにより、向谷がカシオペアから脱退することがカシオペアの公式サイトで発表された(カシオペアはCASIOPEA 3rdとして6年ぶりに活動再開も表明。向谷の後任には大高清美が起用された)。これにより、向谷の音楽マネジメントも音楽館に移管されることになった。

2013年1月14日より『向谷実とチャージ&バックス』(松木隆裕[3]、宮崎隆睦、矢堀孝一、堀川真里夫、平川象士、壷井彰久)を結成し、配信およびライブ活動を行っている。

2014年5月、中央競馬実況中継を放送しているラジオNIKKEIは開局60周年のこの年、同じく創立60周年のJRAとコラボレーションして競馬場でのイベント等を実施。その一環として番組のテーマ音楽をリニューアルすることを発表。競馬ファンでもある向谷が音楽制作を担った(オープニングテーマ「ビクトリー・ロード」、エンディングテーマ「日はまた昇る」)。第81回ダービーが行われる同年6月1日より使用される。

ニコニコ生放送では視聴者からのプライベートな領域まで及んだ質問にもざっくばらんに答えたり、一般人である家族との出演、そして自宅から中継する回もあるなど、私生活をかなりオープンに披露している。2015年1月、FacebookTwitterでナレーター・藤みさきと再婚したことを自ら報告した。[4]

鉄道音楽の制作[編集]

『Train Simulator』以外にも鉄道に関する音楽の活動を行っている。

2004年には九州旅客鉄道(JR九州)の九州新幹線新八代駅 - 鹿児島中央駅が開通した際に同線の業務音楽(発車音楽や車内音楽)制作を手がけたのをはじめ、以下の鉄道関連の音楽を手がけている。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ・アルバム[編集]

シンセサイザーと打ち込み(シーケンサー)を多用した楽曲中心。
オリジナル楽曲のほか、カシオペアの代表曲をいくつか再アレンジして演奏・収録。高中正義、神保彰、櫻井哲夫がゲストとして参加している。
2010年以降頻繁に演奏される「A Day in the Stars」の初出はこのアルバム。

鉄道関連の作品[編集]

SUPER BELL"Zとのコラボアルバム。東急東横線開業80周年を記念して発売された。SUPER BELL"Zの初期の楽曲が初CD化している。11曲中7曲が向谷の、残りの4曲がSUPER BELL"Zの作曲となっている。
向谷が制作した京阪電車の新発車メロディを収録。京阪の中之島駅淀屋橋駅天満橋駅京橋駅守口市駅寝屋川市駅香里園駅枚方市駅樟葉駅中書島駅丹波橋駅祇園四条駅三条駅浜大津駅にて限定販売。その後は子会社の京阪エージェンシーにて通信販売を実施。
  • 『海幸・山幸BGM集(付録・九州新幹線BGM集)』(2009年11月27日発売)
2009年10月10日にデビューしたJR九州日南線観光特急「海幸山幸」のミュージックホーン・車内チャイム・テーマソングと、付録として九州新幹線の発車メロディ・車内チャイム・テーマソングなど、全11曲。「海幸山幸」車内・九州内の主要駅Kioskで販売。JR九州エージェンシーと音楽館で通信販売。
  • 『京阪電車発車メロディCOLLECTION 2013』(2013年5月11日発売)[14]
2008年に発売されたCDに、新曲「YOU GO!」と前作未収録の発車音(3秒)2種類の音源を加え発売。なお「YOU GO!」は初代特急発車メロディを今回のCDのために向谷実氏がアレンジした楽曲である。また、「ニコニコ超会議2」の超鉄道エリア(向谷氏プロデュース)と、浜大津駅特設会場にて先行販売が行われた。京阪の中之島駅淀屋橋駅天満橋駅京橋駅守口市駅寝屋川市駅香里園駅枚方市駅樟葉駅中書島駅丹波橋駅祇園四条駅三条駅浜大津駅と、京急百貨店5階おもちゃうりば(神奈川県横浜市)、さいか屋横須賀店4階リビング用品売場(神奈川県横須賀市)、京阪カードの通信販売サイト「e-kenet マーケット」にて購入することが出来る。

企画盤、もしくは他アーティストへのサウンドプロデュース作品[編集]

アーティスト 作品名 発売日 備考
亜蘭知子 More Relax 1984年6月25日 カシオペアのメンバー全員が作曲に参加し、櫻井と神保が演奏に参加。
松原みき LADY BOUNCE 1985年6月21日 カシオペアのメンバー全員が制作(野呂作曲、櫻井と神保が演奏)に参加。
スーパーマンサンタ 1986年11月21日 野呂との共同プロデュースによる子供向けクリスマス企画アルバム。
TOKI CLUB TWEENER 1989年10月21日 土岐英史との共同プロデュース。TOKI CLUBとは向谷と土岐による企画ユニット名。
三國志II 1989年12月21日 コーエーから発売された同名シミュレーションソフトのゲームミュージック。
向谷実 TIME SLIP 1992年 ヤマハシンセサイザーSY85販売促進8センチCD(非売品)。向谷によるSY85のミュージックワークステーション機能の紹介とそれを使用した自作自演曲。

使用楽器[編集]

近年[編集]

ヤマハMOTIF XFをメインとした機材を使用している。

過去[編集]

カシオペア時代からヤマハ製のキーボードをメインに使用していて、代表的なユーザーのひとりである。しかし、1979年のデビュー時は、ヤマハ製のキーボードは向谷個人では持っておらず、ライブではアマチュア時代から使っていたフェンダーローズ・スーツケース・ピアノ(73鍵式)とコルグ800DV(1974年発売開始のアナログシンセサイザー)、その二機種のみを使用していた。デビュー直後にローランドから当時出たばかりのヴォコーダー、VP-330を購入して前述の二機種に加えて使うようになっていく。この頃のレコーディングでは手持ちのキーボードに加えて、他のキーボードはその都度レンタルで対応していた。

1980年より他のメンバーと同様に本格的にヤマハからの支援を受け、ヤマハ製シンセサイザーのフラッグシップモデルが貸与されるようになる(ほかにもヤマハが輸入元となっていたモーグ・シンセサイザーも貸与される)。また、デジタルシンセサイザーの先駆けであるヤマハ・DXシリーズの開発も初期の頃から手掛けるようになり、そのシリーズ初の製品であるDX-7(DX-7の廉価版であるDX-9も)を発売前の段階からカシオペアのレコーディングとライブで使っていたことで、いち早く代表的なDX-7のプレーヤーともなった。プロ仕様ながらも比較的低価格だったDX-7はカシオペアをコピー演奏するアマチュア・キーボーディストにとってもマストアイテム的なものとなり、それに応えるかたちで、向谷が実際に使っていたDX-7用の音色データを専用ROMに収めたソフト「Voice ROM for DX-7 向谷実」が発売されていた。

DXシリーズに搭載されていたMIDIを駆使した複合的なキーボードサウンドを早期から積極的に導入していたことで、1980年代後半からはラック式の音源モジュールにマスターキーボードであるヤマハ・KXシリーズのKX-88及びKX-76をつなぐ合理的なシステムが構築された。使用する音源モジュール類は、デジタルシンセサイザーの急速な進化とともに日々目まぐるしく変わっていったが、この二つのマスターキーボードは1980年代後半から1990年代後半まで十年以上にわたって向谷のフロントに置かれ続けたことにより、当時のカシオペアと向谷にとってアイコンになった。その後、1998年に出されたヤマハ・EXシリーズ2001年に出されたヤマハ・MOTIFシリーズを使うようになり、フロントのマスターキーボードとしても置かれたことにより、KX-88とKX-76は表舞台から去った。意外なことにはヤマハとは楽器使用に関しては専属契約を一度もしていないと言う。ヤマハ製のものが占めるようになってからも、自ら購入したVP-330は長年にわたって使い続け、国内外の他社製品もレコーディングおよびライブで使っていることを隠していない。

著書[編集]

テレビ番組・ビデオ・DVDなど[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ブラタモリ』2009年10月15日
  2. ^ a b 向谷実氏が考える鉄道と音楽(前編)――発車メロディ3つのオキテ - Business Media 誠 2008年12月23日
  3. ^ 松木隆裕(takahiromatsuki) - Twitter
  4. ^ 昨日結婚しましたたことをご報告いたします。
  5. ^ 京阪線18駅で発車メロディーを流しています - 京阪電気鉄道公式サイト
  6. ^ 駅ホーム上のメロディーを変更します - 阪神電気鉄道2009年1月26日付ニュースリリース (PDF)
  7. ^ 鉄道ジャーナル』通巻514号(2009年8月号) p94
  8. ^ 観光特急「海・山幸」 女性好みの可愛い列車 - 産経MSNニュース2009年11月23日
  9. ^ CD「さくら〜九州新幹線全線開業記念BGM」 - ネコ・パブリッシング鉄道ホビダス2011年2月17日
  10. ^ 博多駅在来線ホームの自動放送に新しくメロディーを導入します。(九州旅客鉄道プレスリリース 2012年3月16日)
  11. ^ 東横線・東京メトロ副都心線 相互直通運転開始記念!東横線渋谷駅にオリジナルベルメロディを導入します - 東京急行電鉄、2013年2月28日
  12. ^ 「京阪電車 発車メロディ COLLECTION」を発売京阪電気鉄道
  13. ^ 京阪電車 発車メロディcollection 11月1日(土)リリース!、京阪電気鉄道。
  14. ^ 京阪電車発車メロディCOLLECTION2013 臨時列車・オリジナルグッズ京阪電気鉄道
  15. ^ フジテレビONE TWO NEXT「向谷鉄道倶楽部」紹介

外部リンク[編集]