京都駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都駅
京都駅
京都駅
きょうと - Kyoto
所在地

京都市下京区

京都市内におけるJR京都駅の位置
京都市内におけるJR京都駅の位置
京都駅
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
東海旅客鉄道(JR東海・駅詳細
近畿日本鉄道(近鉄・駅詳細
京都市交通局(地下鉄・駅詳細
俯瞰(内部より)
駅ビル大階段から下方を望む
八条口側

京都駅(きょうとえき)は、京都府京都市下京区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)・京都市交通局京都市営地下鉄)のである。

概要[編集]

京都タワーから望む京都駅

日本有数の観光都市である京都市の玄関となる駅であり、東海道新幹線の全列車が停車するほか、JRには北陸山陰関西空港南紀方面、近鉄には奈良橿原神宮伊勢志摩など、各地を結ぶ特急列車が発着する。JRについては在来線特急の発着種類が日本一多い駅である(後述)。観光客はもちろん、京都市内あるいは各線乗換利用の通勤通学客も多く、1日平均の乗降人員が各社合計で63万人を超える日本でも有数のターミナル駅である。第1回近畿の駅百選に選定された。

乗り入れ路線[編集]

以下の合計4社局が乗り入れている。

JR西日本・JR東海の駅は特定都区市内制度における「京都市内」の駅であり、運賃計算の中心駅となっている。

当駅は、地上の駅に近鉄京都線が発着し、地下の駅に近鉄から京都市営烏丸線へ直通する列車が停車するため、地上と地下に同じ事業者・同じ路線の車両が停車する。

JR線、地下鉄線、近鉄線を区別するために、近鉄線は「近鉄京都駅」、地下鉄線は「地下鉄京都駅(烏丸線京都駅)」と呼ばれることが多い。

乗車カード対応[編集]

JR西日本の駅はICOCA、近鉄と地下鉄の駅はPiTaPaおよびスルッとKANSAI対応各種カードの利用エリアに含まれており、それぞれ相互利用可能な各カードにも対応している。JR東海の東海道新幹線の駅では、乗客が上記のカードのみを利用して自動改札機を利用することはできないが、新幹線の磁気乗車券や、EX-ICカードを在来線用のICOCAなどと組み合わせて使用することが可能となっている。

JR西日本・JR東海[編集]

駅構造[編集]

JR 京都駅
烏丸中央改札口
烏丸中央改札口
きょうと - Kyōto
京都市下京区東塩小路町901(JR西日本)
京都市下京区東塩小路高倉町8-3*(JR東海)
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
電報略号 キト
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅橋上駅)(在来線)
ホーム 2面4線(新幹線)
9面14線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
(JR西日本)-2012年-
189,486人/日(降車客含まず)
(JR東海)-2012年-
33,414人/日(降車客含まず)
開業年月日 1877年明治10年)2月6日
乗入路線 5 路線
所属路線 東海道新幹線
キロ程 513.6km(東京起点)
米原 (67.7km)
(39.0km) 新大阪
所属路線 東海道本線琵琶湖線JR京都線
湖西線直通含む)
キロ程 513.6km(東京起点)
**山科 (5.5km)
(2.5km) 西大路**
所属路線 山陰本線嵯峨野線
キロ程 0.0km(京都起点)
(2.5km) 丹波口
所属路線 奈良線
キロ程 0.0km(***京都起点)
(1.1km) 東福寺
備考 JR西日本:直営駅管理駅
JR東海:駅長配置駅(管理駅)
みどりの窓口
京 京都市内駅(中心駅)
新幹線駅はJR東海、在来線駅はJR西日本管理
* 正式な所在地。一部ホームは南区にまたがる。
** 山科方 - 琵琶湖線
** 西大路方 - JR京都線
** 当駅 - 西大路間に京都貨物駅有(当駅から1.8km)
*** 奈良線の正式な起点は木津駅

現在のJR在来線と東海道新幹線の駅は、かつては同じ日本国有鉄道(国鉄)の駅であったが、国鉄分割民営化後は在来線がJR西日本、新幹線がJR東海の管轄に分かれ、駅長もJR西日本とJR東海で別に配置されている。なお、JR西日本の駅は管理駅として山科駅を管轄するが、山科駅は地区駅長が配置され、一定の権限を持っている。夜間滞泊の設定もある。

ホームは、JR西日本管轄部分は「のりば」、JR東海管轄部分は「番線」と呼称するため、本項でもこれに従う。

JR西日本在来線ホーム(0 - 10・30 - 34番のりば)
  • JR西日本の在来線各線は地上駅であり、東海道本線(JR京都線・琵琶湖線)・湖西線用の島式ホーム3面6線と単式ホーム1面1線、構内西側に山陰本線(嵯峨野線)用の頭端式ホーム3面4線、南側に奈良線用の頭端式ホーム2面3線(このうち1線のみ大阪方面に延びている)を持つ。各ホームは西側橋上駅舎と東側改札内地下通路で結ばれている。橋上駅舎から各ホームにはエレベーターが設置されている。
  • 北側の烏丸中央口に面しているホームは、全長558mで日本一長いホームとして知られているが、0番のりば(旧1番のりば)のホーム自体の長さは323mであり、残りの部分は西端に切り欠きホームとして設けられている30番のりば(235m)である。この30番のりばは関西空港行きの特急「はるか」専用で、1994年9月の運転開始当初は「はるかホーム」という名称が付けられていた。なお、4代目の新駅ビル建設に際して旧1番のりばを取り壊し、現0番のりばのホーム拡幅に利用している。
  • 以前は、運行管理上は、現0番線が2番線、現2番線が4番線、現7番線が11番線と呼ばれていたが、2002年の運行管理システムの導入の際に線路呼称を変え、運転線路名と旅客案内上ののりば名を一致させた。これに伴い、東海道本線上り通過線である1番線は、ホームとしては空番になっている。また、東海道本線の下り通過線は現在[いつ?]廃止されており、当駅を通過する吹田方面行きの貨物列車は7番のりばを通過する。
  • 西側にある山陰本線ホームは、以前は「山陰1・2番のりば」、1989年の増設後は「山陰1 - 4番のりば」と呼ばれており、機回し線(電化後に撤去)が敷設されていたが、1994年12月にホーム番号の呼び名が整理され、「はるかホーム」を含めて30 - 34番のりばと呼ぶようになった。30番台にしたのは、山陰本線の「さん」にかけたものである[2][3]。34番のりばは、日本一大きい数字のホーム番号である[2]
旧駅ビル時代は待合室が存在したが、その後長らくは、6・7番のりばにある小さな列車待ちスペース以外は、待合室は存在しなかった。2008年3月中旬、長距離列車の発着の多い0番のりばにも待合室が設置された。
JR東海新幹線ホーム(11 - 14番線)
  • JR西日本の各ホームの南側に、東海道新幹線用の島式ホーム2面4線を持つ高架駅である。全営業列車が停車するため通過線はない。
  • 各ホームにはエレベーターが設置されており、11・12番線のエレベーターは1階の新幹線八条口まで繋がっている。
  • 一部相互発着を行う列車がある。
新幹線プラットホーム

のりば[編集]

方面表記は2009年6月現在の駅構内ののりば案内標もしくは発車標に即している。また、特急列車専用ホームは、当該特急の直通路線名で案内されているのでそれに合わせた。

基本的に、0 - 3番のりばが東海道本線上り、4 - 7番のりばが東海道本線下り、8 - 10番のりばが奈良線、30番のりばが関空特急「はるか」、31番 - 33番のりばが山陰本線、11・12番線が東海道新幹線上り、13・14番線が同新幹線下りに用いられている。

発着する特急については後述する。

JR京都駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
JR西日本 在来線ホーム
0 北陸本線(特急) 福井金沢富山方面
東海道・中央高山線方面(特急)
2・3 琵琶湖線 草津米原方面 一部列車は0番のりばから発車
湖西線 堅田近江今津方面
4・5 JR京都線 大阪三ノ宮方面 一部列車は6・7番のりばから発車
6・7 きのくに線(特急) 白浜新宮方面
智頭急行線(特急) 鳥取倉吉方面
東海道・北陸本線方面からの大阪行き特急
8 - 10 JR奈良線 宇治奈良方面
30 関西空港線
(特急「はるか」)
関西空港方面 一部列車は6・7番のりばから発車
31 嵯峨野(山陰)線
(特急列車)
福知山城崎温泉東舞鶴天橋立方面 一部列車は30番のりばから発車
32・33 嵯峨野(山陰)線
(快速・普通)
亀岡園部・福知山方面 一部列車は31番のりばから発車
34 (33番のりば到着列車の降車専用)
JR東海 新幹線ホーム
11・12 Shinkansen blue.svg 東海道新幹線(上り) 名古屋静岡新横浜東京方面
13・14 Shinkansen blue.svg 東海道新幹線(下り) 新大阪博多方面

のりばは上記のように案内されているが、細かく分けると以下のように使用されている。

  • 琵琶湖線の新快速・普通と、大阪方面から湖西線に直通する列車は基本的に2番のりばを使用するが、平日朝ラッシュ時の一部の新快速(琵琶湖線・湖西線とも)と、夕ラッシュ時に琵琶湖線経由で草津線に直通する普通列車は0番のりばからの発着となる。3番のりばは湖西線普通列車(および始発の快速)と、当駅で新快速を待避する琵琶湖線普通列車が使用する。
  • JR京都線方面の列車は、普通は主に4番のりば、新快速・快速(高槻駅から快速となる普通も含む)は主に5番のりばから発車する。ただし、朝ラッシュ時の新快速は6・7番のりばから発車する。
  • 東海道本線経由の特急については関空特急「はるか」を除き、米原・北陸方面へ向かうものは0番のりば、新大阪(山陰・南紀)方面へ向かうものは6・7番のりばを使用する。
  • 関空特急「はるか」は通常、行き止まりの30番のりばを使用するが、米原・草津発の列車に限り6・7番のりばを使用する。
  • 0番のりばは、「スーパーはくと」・「くろしお」などの当駅終着列車も到着し、列車によっては「はるか」用の30番のりばに到着するものもある。
  • 6・7番のりばは琵琶湖線・湖西線・草津線・奈良線からの当駅終着列車も到着する。その多くは京都総合運転所への回送になる。
  • 2006年まで運行された東京発の寝台特急「出雲」は、東海道本線から山陰本線への直通が2番線以外では不可能なため、2番のりばを発着した。また、大阪方面から奈良線へ直通する臨時列車は、2・3番のりばを使用する。

JR西日本 京都駅 構内配線図

ダイヤ[編集]

在来線[編集]
JR京都線・琵琶湖線
日中時間帯は1時間あたり新快速が4本、普通(高槻駅 - 大阪駅間で快速になる列車を含む)が6本で、普通の2本は当駅で折り返す。朝ラッシュ時の大阪方面は新快速・快速・普通ともそれぞれ8分間隔で発車する。夕方ラッシュ時は新快速が7分半間隔、普通が8本(4本は当駅止まり)停車する。
湖西線
日中時間帯は1時間あたり4本(新快速を含む。土曜・休日は5本)発着する。朝時間帯の到着は本数が多い。夕方は4本(19時台は5本)発車する。
嵯峨野線
日中時間帯は1時間あたり快速が1本、普通が3本発着する。朝晩は福知山駅始発・終着列車の設定がある。
奈良線
日中時間帯は1時間あたりみやこ路快速が2本、普通が4本発着する。朝晩は区間快速が発着する。

発着する在来線優等列車[編集]

当駅は、山陰方面へ向かう「スーパーはくと」、関空特急「はるか」、山陰本線経由で北近畿方面へ向かう各種特急の起点となっている(ただし、「はるか」の一部は米原駅へ直通する)ほか、南紀方面の特急の一部も当駅まで乗り入れてくる。また、大阪駅発着の北陸・信州方面行きの特急も停車する。

出入口[編集]

烏丸中央口

在来線の出入口は、北側地上に「烏丸中央口」、北側地下1階に「地下中央口」、南北自由通路に通じる西側橋上駅舎上に「西口」、地下自由通路に通じる地下1階に「地下東口」、南東側地上に「八条東口」、山陰線ホームからアクセスできるビックカメラJR京都店二階に「西洞院口(にしのとういんぐち)」がある。

新幹線の出入口は、南側地上に「新幹線八条口」、南東側地上に「新幹線八条東口」、新幹線コンコース西側に「新幹線中央口」がある。在来線と新幹線は「新幹線中央乗換口」と「新幹線東乗換口」を介して乗り換えできる。

乗り換えは、烏丸口のバス利用者は「烏丸中央口」、八条口のバス利用者は「八条東口」「新幹線八条口」など、在来線⇔近鉄線は西口、在来線⇔地下鉄は地下東口、新幹線⇔近鉄線は新幹線中央口、新幹線⇔地下鉄は新幹線八条東口が至近である。

他の京都市内にある各線の駅や大都市の主要駅と比べると、烏丸中央口は駅前のターミナル(バス・タクシー)が広くゆとりがあるのが特徴である。

京都駅ビル(JR西日本)[編集]

駅ビル西側(ジェイアール京都伊勢丹)
京都駅は巨大な空洞で構成される

京都駅の駅舎のうち、JR西日本の烏丸中央口側のものを「京都駅ビル」と呼ぶ。地上16階、地下3階 (高さ60m)、敷地面積38,000m²、延床面積は238,000m²、東西の長さは470mにのぼり、鉄道駅の駅舎としては日本有数の規模である。1997年に完成し、新しい京都市の顔となりつつある。

現在の駅舎は4代目に当たる。1915年大正天皇御大典に併せて古典様式の2代目駅舎が渡辺節の設計により建築されたが、1950年失火により焼失、その後1952年鉄筋コンクリート造の近代的な3代目駅舎が竣工した。しかし、駅が発展するとともに増築に次ぐ増築を重ねたため、地下街を含む商店街や連絡通路などを含めると構内の構造は複雑化し、不便なものになっていた。また駅舎本体にも老朽化に伴う種々の問題が生じて来た。そこで、抜本的対策として駅ビルの新築が計画された。これは1994年平安遷都1200年記念事業の一環でもあった。

なお、ホーム南側(八条口側)にはJR東海の駅舎があるが、これは新幹線開通時に建設されたもので近鉄・新幹線のホーム下にあり、規模は小さく、新しい京都駅ビル建設の際も南北自由通路の設置やJR線と近鉄線の改札を完全分離化したこと以外は大きな変更はなかった。

京都駅ビルの設計[編集]

京都駅ビル(JR西日本)は、日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペ方式で行われ、新駅ビル設計者には原広司安藤忠雄池原義郎黒川紀章ジェームス・スターリングベルナール・チュミペーター・ブスマンの7名の複数の建築家が指名された。設計審査の結果、先ず原広司案、安藤案、スターリング案の3案に絞り込まれ、さらなる協議を経て、原広司案が最終案として採用された。京都駅周辺は高さ120mまでの建築物が建築可能となる特例措置が設けられているが、高さ制限の緩和は古都の景観を損なうものとして反対意見も根強かったため、建物の巨大さ、高さに起因する圧迫感を回避し、いかに周辺環境との調和を図るかが作品の評価のポイントとなった。採用された原広司案は、最大高さを60mに抑えた上で、南北方向の道路に合わせて建物を分割して視線を通すなど、圧迫感を回避するような配慮が随所に見られる。

採用にいたらなかった諸案の概要は次の通り。

  • 安藤忠雄案:線路上に巨大な屋根を架けてその上を広大な広場とし、さらにそこをまたぐようにして羅城門をイメージした逆凹字形の駅舎を建設する。
  • ペーター・ブスマン案:屋根部分を長大な弓形に湾曲させ、北面には京都の町屋を意識して高さ31mに揃えた軒先線を設ける。
  • 池原義郎案:烏丸通の正面側を巨大な門形とし、そこから中央部に向かって階段状に高さを下げ、さらに西側に向かって上昇させる。
  • 黒川紀章案:羅城門を意識した高さ120mの門型の超高層建築。圧倒的な重量感と黒色の配色の威圧感が賛否両論を呼んだ。
  • ジェームズ・スターリング案:空間を3分割し、西側に高さ120mの円筒形のホテルを建てる。
  • ベルナール・チュミ案:駅舎を南北に分割し、北側は31mのスカイラインを強調してその上に「京の七口」を意識した7本のタワーを建てる。南側は45mのスカイラインで揃える。

この他、駅ビル建設に反対した市民グループは、寺社風木造建築の駅舎で、周辺の商店を保護するため、大型商業施設をテナントに入れないという独自の案を提唱し、当時駅ビル問題を扱った『NNNドキュメント』(日本テレビ系列・当該回は読売テレビ制作)でも紹介されていた。

京都駅ビルの構造[編集]

京都駅ビルは、東側にホテルグランヴィア京都、西側に百貨店のジェイアール京都伊勢丹が位置する。その間の中央コンコースは、4000枚のガラスを使用した正面と大屋根で覆う広々とした吹き抜け(横幅147m、奥行29m、高さ50m)になっている。吹き抜けの最上部には地上45mの空中径路が通っている。

吹き抜けから東西へは渓谷状の階段が設けられている。伊勢丹側の大階段は段数171段、高低差は11階建てビルに相当する35m、全長は70mある。大階段はコンサートや、毎年2月の「JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」(主催:KBS京都)などイベント会場としても利用されるほか、カップルや観光客の憩いの場ともなっている。また、非常時の避難経路となることも想定されている。

京都駅ビルの延床面積238,000m2の内訳は、駅施設が約12,000m2、ホテルグランヴィア京都が約70,000m2、百貨店などの商業施設が約88,000m2、「美術館・えきKYOTO」などの文化施設が約11,000m2、駐車場が約37,000m2、行政関係施設などが約38,000m2、となっている。

建築・設計

  • 建築設計:原広司 / アトリエファイ建築研究所
  • 施工:京都駅ビル建設工事JV大林鉄建大鉄他JV)
  • 竣工:1997年
  • 用途:駅舎・複合施設
  • 構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート
  • 階数:地上16階、地下3階 (高さ60m、横幅470m、奥行80m)
  • 敷地面積:38,000m2
  • 建築面積:32,400m2
  • 延床面積:238,000m2
  • 所在地:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901番地
  • 第40回建築業協会賞受賞

ジェイアール京都伊勢丹[編集]

駅ビルに対する賛否両論[編集]

京都駅ビルは、規模の巨大さとデザインの斬新さにより、建設時はもちろん建築後もその評価には賛否がある。

賞賛意見
単なる交通ターミナルではなくさまざまな機能が盛り込まれており、京都の新しい中心核を創り上げている。巨大な吹き抜け空間と大階段など、未来指向のデザインに溢れており、これほどまでに人目を引く駅舎は日本では他に例を見ず、今や京都の新しい観光スポットとしてもすっかり定着した。こうした斬新な建築は、新しいものと歴史あるものとが調和をもって共存する京都に相応しいとの意見。
批判意見
採用された設計案では圧迫感を回避するような配慮が随所に見られるが、根本的な解決になっているとは言い難い部分がある。ハーフミラーのガラスやアルミパネルを多用した造形も歴史ある古都の景観を破壊している。高さ60mの巨大建築は京都を分断する衝立のようなものであり、京都の南北の一体化を阻害している。京都・まちづくり市民会議などが中心になって、激しい反対運動が起こった。また1990年代初頭、京都仏教会はこの駅ビル建設に「景観が悪くなる」という趣旨で強く反対していた。この件は当時のKBS京都やNHKニュースで数度放送されていた。

沿革[編集]

開業当時の京都駅
2代目駅舎(1914年 - 1950年
2代目駅舎時代のホーム。駅舎と同時に建築された、軒飾り付きの上屋は現存する。(1938年撮影)
3代目駅舎(1952年 - 1993年

開業は1877年明治10年)2月6日。 当初は、新橋駅 - 横浜駅間の鉄道に続いて2番目に開業した、神戸駅 - 当駅間鉄道の終着駅であった。

路線形状の都合や用地買収の楽な寂れた地域だったという理由から、旧来の繁華街である三条通などからは遠く離れた八条通付近に当駅が設置された。初代の駅舎の位置は現駅よりやや北側で、1914年(大正3年)に線路を付け替えて現在地に新駅が建設されるまで使用された。跡地は駅前広場の一部にあたる。

後に当駅から大津駅までの鉄道も開業するが、この時のルートは東山トンネルを開削するだけの技術がまだなかったことから、現在のJR奈良線を稲荷駅周辺まで南下した後、現在の名神高速道路が走っている敷地を通って、大津駅へと向かうものとなった(大津駅の項目も参照)。

その後山陰本線が開通し、後に近鉄京都線となる奈良電気鉄道や、市内の路面電車京都市電)も乗り入れるようになり、当駅周辺は急速に発展していった。

1921年(大正10年)8月1日に東海道本線のルートが新逢坂山トンネル東山トンネルの開通によって馬場駅(現:膳所駅) - 当駅間で変更・短縮されることになった際に、利便性を上げるため五条の市街地近くに駅を移設する案と、新しい市街地の開発を図るため当地の北部を経由するルートに変えて、二条駅が現在設けられている付近に新しい京都総合駅を設けようという案もあったが、市街地付近に線路を引き込むのは予算や用地・工事の面で困難であったことと、当駅付近で線路を迂回させるのはトンネル開通に伴う距離短縮効果を失わせるということから、どちらも立ち消えになった。

東海道新幹線の計画当初は、当駅を経由せずに京都府南部を短絡させて同地に新幹線の駅を設け、速達列車の「ひかり」は同駅を通過させる案となっていたが、自治体や地元財界、地元住民などの猛反発を受けたことから、当駅に新幹線ホームを併設して全営業列車停車に落ち着いた経緯がある。また「のぞみ」が登場した1992年平成4年)3月、東京発の一番列車「のぞみ301号」は名古屋駅と当駅を通過していた。JR東海の本社所在地である名古屋では「名古屋飛ばし」として問題となったが、京都では観光に適さない時間帯の列車であることから、ほとんど問題視されなかった。1997年(平成9年)11月29日ダイヤ改正で、この「のぞみ301号」は廃止されている。

年表[編集]

  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 日中の快速が高槻駅まで各駅に停車するのに伴い、この時間帯の当駅始発・終着の普通の運行を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、新幹線部分を東海旅客鉄道(JR東海)、在来線部分を西日本旅客鉄道(JR西日本)が継承。
  • 1989年平成元年)3月11日 - 山陰3・4番のりば(現在の32・33番のりば)増設[5]
  • 1991年(平成3年)3月16日 - 奈良線用ホーム8・9番のりば増設。従来の8番のりばを10番のりばに呼称変更[6]
  • 1994年(平成6年)
    • 9月4日 - 山陰1番のりばを「はるかホーム」に、山陰2 - 4番のりばを山陰1 - 3番のりばに呼称変更。
    • 12月3日 - 「はるかホーム」を30番のりばに、山陰1 - 3番のりばを31 - 33番のりばに呼称変更。
  • 1997年(平成9年)
    • 7月12日 - 4代目駅舎となる新・京都駅ビル完成。駅部分供用開始。同時に近鉄京都駅と改札を分離する。
    • 9月1日 - 駅ビル開業を控えて日中の当駅始発・終着の普通の運行を復活。
    • 9月11日 - 京都駅ビル全面開業。ジェイアール京都伊勢丹開業。
  • 1998年(平成10年)3月4日 - 新幹線改札口に自動改札機を導入。
  • 2002年(平成14年) - 1番のりばを0番のりばに呼称変更[7]
  • 2003年(平成15年)11月1日 - JR西日本でICカードICOCA供用開始。
  • 2007年(平成19年)8月23日 - JR京都駅NKビル開業。ビックカメラJR京都駅店が入店。店内に嵯峨野線ホームと直結する改札口の西洞院口を開設。
  • 2008年(平成20年)2月13日 - 南北自由通路の西側橋上(西口改札前)に「スバコ(SUVACO)・ジェイアール京都伊勢丹」開業[8]
  • 2009年(平成21年)7月20日 - 嵯峨野線当駅 - 丹波口駅間(京都駅構内は単線)が複線化。

その他(JR関連)[編集]

  • 現在の駅ビルが完成すると同時に、接近メロディが西武鉄道西武秩父駅発車メロディとして使われていた曲と同じものに変更された。なお、導入後しばらくは発車時にもメロディが鳴動していたが、運行管理システム整備後は廃止されるとともに、次列車案内の際にJR神戸線で使われているサイン音と同様のものが使用されるようになった。
  • 現駅舎には、2・3代目駅舎には存在しなかった駅名を示す看板(「京都」)が掲出されている[注釈 1]
  • 南北自由通路を南(または南西)に八条通を跨ぐ形で延伸する計画があったが、財政難などの理由で頓挫した[9]

隣の駅[編集]

※東海道新幹線の列車および在来線特急・急行の停車駅は各列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
JR京都線・琵琶湖線(東海道本線)、湖西線
新快速
山科駅 - 京都駅 - 高槻駅
快速(朝の時間帯のみ、琵琶湖線内は普通)
山科駅 - 京都駅 - 長岡京駅
普通(高槻駅 - 西明石駅間は快速となる列車を含む)
山科駅 - 京都駅 - 西大路駅
嵯峨野線(山陰本線)
快速
京都駅 - 二条駅
普通
京都駅 - 丹波口駅
奈良線
みやこ路快速・快速・区間快速・普通
京都駅 - 東福寺駅
※各路線の物理的な隣駅は、普通の停車駅と同様である。ただし、東海道本線の京都駅 - 西大路駅間には貨物専用の京都貨物駅がある。
東海旅客鉄道
東海道新幹線
米原駅 - (栗東信号場) - 京都駅 - (鳥飼信号場)- 新大阪駅

かつて存在した路線[編集]

鉄道省(国有鉄道)
奈良線(旧線)
京都駅 - 東寺仮停車場

近畿日本鉄道[編集]

駅構造[編集]

近鉄 京都駅
中央改札口
中央改札口
きょうと - KYŌTO
(0.9km) 東寺
所在地 京都市下京区東塩小路釜殿町31-1
所属事業者 Kintetsulogo.png近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 京都線
キロ程 0.0km(京都起点)
電報略号 キト
駅構造 高架駅
ホーム 4面4線
乗降人員
-統計年度-
80,732*人/日
-2012年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月15日
備考 *調査日11月13日

近鉄京都駅
配線図
4 3 2 1


ENDEa+BSal ENDEa+BSalr ENDEa+BSalr ENDEa+BSalr
STR+BSl STR+BSlr STR+BSlr STR+BSlr
STR+BSl STR+BSlr STR+BSlr STR+BSlr
STRlf ABZdg ABZgr+l STRrf
KRWgl+l KRWgr+r
STRg STRf

東寺駅

櫛形ホーム4面4線を有する高架駅で、ホーム有効長は6両編成分である。新幹線ホームの真下に位置する。

1990年代後半にJR京都駅4代目駅舎が竣工して南北自由通路が通行可能になる以前には、烏丸口に有人個別対応の出札窓口が存在していた。また中央口改札には、開業当初から長らく(国鉄→)JR京都駅の構内に入り込む形で乗換用の改札機があったが、現京都駅ビル建設および同駅南北自由通路設置に合わせて、両社の乗換改札口は完全に分離された。そして、後述の駅リニューアルの一環として、2007年12月1日に1階の八条口改札・切符売り場が廃止され、定期券売り場、駅営業所等を含めて2階改札口(中央口)に移転、集約された。

近鉄京都駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1・2 京都線 特急 奈良橿原神宮前伊勢志摩方面
3・4 京都線(一般種別) 丹波橋新田辺大和西大寺・奈良・天理・橿原神宮前方面
  • 1・2番線は特急専用ホームであるが、朝および深夜時間帯は一般種別の列車も使用する[10]。3・4番線については、平日日中は急行が3番線で普通が4番線、土曜・休日は急行が4番線で普通が3番線をそれぞれ使用するが、ラッシュ時はこの限りではない。
  • 1・2・3番線は乗降分離型となっている。ホーム配置は南から1番線乗車ホーム、1番線降車・2番線乗車ホーム、2番線・3番線降車ホーム、3番線乗車・4番線乗降車ホームの順である。

沿革[編集]

近鉄京都線の前身は奈良電気鉄道であり、同社が京都駅への乗り入れを最初に計画した時は、地下線を採用して国鉄駅の下を通り、烏丸口の北側へ設ける予定としていた。しかし、昭和天皇即位の礼が実施されるのに間に合わせる必要があったこと、それに予算の問題もあって、とりあえず仮設駅として、現在地に地上でターミナル駅を建設した。その後、仮設置の予定であった駅設備は移設されることもなく、東海道新幹線の建設に合わせて駅を高架化し、現在のように新幹線駅の真下にホームが設けられる構造となった。

2007年から2012年にかけては、近鉄の主要ターミナル整備計画により駅のリニューアルが行われた[11][12]。1階にあった八条改札口跡地に「近鉄名店街」を増床し、「近鉄名店街みやこみち」と名を改めて2008年10月にリニューアルオープンした。また、新たに4番線を増設し、その直上には2011年10月に「ホテル近鉄京都駅」がオープンしている。

年表[編集]

2009年(平成21年)3月20日改正現在
  • 1928年昭和3年)11月15日 - 奈良電気鉄道(現在の近鉄京都線)が京都駅 - 桃山御陵前駅間を開業させた際に設置。
  • 1948年(昭和23年)7月30日 - 3号線新設工事竣工
  • 1963年(昭和38年)
    • 9月1日 -高架化。
    • 10月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道京都線の駅となる。
  • 2005年平成17年)
    • 2月24日 - 駅構内での列車案内の放送を自動放送に切り替え。
    • 11月3日 - 京都線開業77周年。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月6日 - 非常通報装置を設置。
    • 6月1日 - ICカード対応の乗り越し精算機の設置。
    • 6月26日 - 京都駅改良工事に伴い3番線の停止位置を変更(停止位置を西側の東寺寄りに約1両分20m)。
  • 2007年(平成19年)
    • 9月22日 - 京都駅改良工事に伴い中央改札口を移動(約10mホーム寄り)。
    • 11月30日 - 京都駅改良工事に伴い八条口改札口を閉鎖。
  • 2008年(平成20年)10月9日 - 近鉄名店街を、「近鉄名店街 みやこみち」としてリニューアルオープン。
  • 2012年(平成24年)3月14日 - 4番線を使用開始[13]。従来1番線のみの発着であった特急は1・2番線両方からの発着となる。

隣の駅[編集]

京都線
急行・準急・普通
京都駅 - 東寺駅
  • 1946年まで、当駅と東寺駅の間に八条駅が存在した。

京都市営地下鉄[編集]

駅構造[編集]

京都市営地下鉄 京都駅
プラットホーム
プラットホーム
きょうと - Kyoto
五条 (1.0km)
(0.8km) 九条
所在地 京都市下京区東塩小路
駅番号 K11
所属事業者 Kyoto Municipal Subway Logo.svg 京都市交通局京都市営地下鉄
所属路線 Subway KyotoKarasuma.png 烏丸線
キロ程 10.3km(国際会館起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
109,499人/日
-2012年-
開業年月日 1981年昭和56年)5月29日

地下鉄
京都駅
配線図

五条駅

2 1


STRg STRf
KRWgl+l KRWgr+r
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

九条駅

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。改札口は北改札、中央1改札、中央2改札、南改札の4か所で、JR在来線への乗り換えは中央2改札が、JR奈良線・新幹線および近鉄線との乗り換えは南改札が便利である。駅番号K11

地下鉄京都駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 烏丸線 竹田新田辺近鉄奈良方面
2 烏丸線 四条烏丸御池北大路国際会館方面

沿革[編集]

便宜上、京都市電京都駅前電停の歴史についてもここで触れる。同電停には伏見線(のちに河原町線に編入)、堀川線烏丸線が乗り入れていた。

  • 1895年(明治28年)2月1日 - 京都電気鉄道(のち京都市電に統合)の伏見線七条停車場(後の京都駅八条口)- 下油掛(後の京橋)間が開業。
  • 1901年(明治34年)4月12日 - 伏見線が京都駅前電停まで延伸。
  • 1904年(明治37年)12月28日 - 京都電気鉄道堀川線が四条西洞院から延伸し京都駅前に乗り入れ。
  • 1912年(明治45年)6月11日 - 京都市電烏丸線が開業。
  • 1918年(大正7年)7月1日 - 京都電気鉄道が京都市に買収され、京都市電の路線となる。
  • 1929年(昭和4年)1月16日 - 京都市電伏見線が河原町線に編入される。
  • 1961年(昭和36年)8月1日 - 京都市電堀川線(通称:北野線)が廃止。
  • 1977年(昭和52年)10月1日 - 京都市電烏丸線の残存区間(京都駅前 - 烏丸七条)が廃止。
  • 1978年(昭和53年)10月1日 - 京都市電全廃(河原町線も廃止)。京都駅前電停はこれで廃止となる。
  • 1981年(昭和56年)5月29日 - 京都市営地下鉄烏丸線(当駅 - 北大路駅間)の開通と同時に地下鉄京都駅開業。
  • 1988年(昭和63年)6月11日 - 京都市営地下鉄烏丸線(当駅 - 竹田間)が延伸開業。

隣の駅[編集]

烏丸線
五条駅 (K10) - 京都駅 (K11) - 九条駅 (K12)
  • 括弧内は駅番号を示す。

利用状況[編集]

  • JR西日本 - 2012年度の1日平均の乗車人員189,486人である。
    同社の駅では大阪駅に次ぐ第2位。ここ20年は概ね増加傾向である。
  • JR東海 - 2012年度の1日平均の乗車人員は33,414人である。
    同社の駅では第7位。
  • 京都市営地下鉄 - 2012年度の1日平均の乗降人員109,499人である[14]
    同局の駅では第1位。近年はほぼ横ばいである。
  • 近畿日本鉄道 - 2012年11月13日の乗降人員は80,732人である。
    同社の駅では大阪阿部野橋駅鶴橋駅大阪難波駅名古屋駅に次ぐ第5位。2012年の年間推計乗降人員は36,933千人であり、1日平均では100,910人となる。いずれの数値も、京都府内の近鉄の駅では最多の利用客数である。

近年の年度別乗降・乗車人員数は下表のとおり。

年度 JR東海 JR西日本 地下鉄[15] 近鉄[注釈 2][16]
1日平均
乗車人員
1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
特定日 1日平均
乗降人員
年間
乗降人員
調査日 乗降人員
1992年(平成04年) 25,482[17] 139,419[18] -
1993年(平成05年) 25,623[17] 144,545[19] -
1994年(平成06年) 24,659[17] 147,953[20] -
1995年(平成07年) 25,253[17] 151,904[21] -
1996年(平成08年) 26,166[17] 155,995[22] -
1997年(平成09年) 25,926[17] 163,463[23] - 124,488 45,438,000
1998年(平成10年) 25,150[24] 163,803[25] - 123,293 45,002,000
1999年(平成11年) 24,472[24] 162,287[26] - 121,260 44,260,000
2000年(平成12年) 24,753[24] 164,712[27] - 119,633 43,666,000
2001年(平成13年) 24,666[24] 167,416[28] - 116,071 42,336,000
2002年(平成14年) 24,579[24] 169,378[29] - 113,019 41,252,000
2003年(平成15年) 26,958[30] 171,653[31] 108,450 54,641 110,882 40,472,000
2004年(平成16年) 29,120[32] 173,934[32] 106,435 53,699 108,727 39,794,000
2005年(平成17年) 30,921[33] 176,403[33] 105,704 53,133 11月8日 89,420[34] 108,512 39,607,000
2006年(平成18年) 32,263[35] 179,156[35] 105,327 53,262 - 108,907 39,751,000
2007年(平成19年) 33,637[36] 180,413[36] 104,650 53,077 - 108,014 39,425,000
2008年(平成20年) 33,255[37] 182,534[37] 103,659 52,572 11月18日 90,194[38] 107,801 39,455,000
2009年(平成21年) 31,066[39] 179,882[39] 102,292 51,590 - 102,945 37,575,000
2010年(平成22年) 31,726[40] 183,715[40] 105,771 53,144 11月9日 87,880[41] 103,611 37,818,000
2011年(平成23年) 32,093[42] 185,983[43] 106,891 53,707 - 101,181 36,931,000
2012年(平成24年) 33,414[44] 189,486[45] 109,499 55,017 11月13日 80,732[46] 100,910 36,933,000

駅周辺[編集]

周辺は商業地域である。

烏丸口[編集]

京都タワー

駅の北側に位置している。

駅付帯施設など

名所・旧跡など

公共施設

企業・金融機関など

西洞院口[編集]

八条口[編集]

駅の南側に位置している。

駅付帯施設など
  • 定期観光バスターミナル
  • 高速バスターミナル
名所・旧跡など
公共施設
企業・金融機関など

バス路線[編集]

南東北関東中部中国四国九州方面の高速バス路線が発着している。また市内を縦横に結ぶ市内バスの起点や市内定期観光バスの出発地でもあり、多数のバスが発着している。

路線バス[編集]

以下の段組表記(系統別の記述)は左から順に、乗り場番号・運行事業者と方面・系統番号など・主要経由地・行先を示す。

烏丸口[編集]

京都駅前停留所

Aのりば
A1 京都市営バス
平安神宮銀閣寺方面
5号系統 平安神宮・銀閣寺 国際会館駅・岩倉操車場
A2 京都市営バス
河原町通方面
4号系統 深泥池 上賀茂神社
17号系統・MN17号系統 河原町通 銀閣寺・錦林車庫
205号系統・MN205号系統 河原町通 北大路バスターミナル 方面行
四条河原町ショッピングライナー 河原町通 四条河原町・三条京阪方面行(土曜・休日のみ運行)
A3 京都市営バス
千本通方面
206号系統 千本通 北大路バスターミナル 方面行
Bのりば
B1 京都市営バス
堀川通方面
9号系統 堀川通 西賀茂車庫
B2 京都市営バス
二条城・北野天満宮方面
50号系統 北野天満宮 立命館大学
101号系統 洛バス 二条城・北野天満宮 金閣寺・北大路バスターミナル
B3 京都市営バス
西大路通方面
205号系統 西ノ京円町・金閣寺道 北大路バスターミナル 方面行
快速205号系統   北野白梅町・立命館大学
水族館シャトル   【直行】 京都水族館梅小路公園
208号系統 梅小路公園・西大路駅 九条車庫 方面行
岡崎・東山・梅小路エクスプレス   【直行】 京都水族館梅小路公園
【直行】 清水寺・祇園・岡崎公園動物園
Cのりば
C1 京都市営バス
九条通方面
205号・快速205号系統   九条車庫 まで
C2 京阪京都交通 2系統 桂駅経由 亀岡駅・保津川乗船場
14系統 桂駅経由 長峰
28系統 桂駅経由 桂坂中央
■26系統 桂駅経由 桂坂中央
■26B系統 桂駅経由 桂坂中央(桂イノベーションパーク前)
■26C系統 桂駅経由 三ノ宮街道・西京車庫
■28A系統 桂駅経由 京都成章高校
■28B系統 桂駅経由 沓掛西口
■21系統 五条通経由 桂坂中央
■27系統 五条通経由 桂坂中央
■21A系統 五条通経由 桂坂中央(京都成章高校)
丹後海陸交通 ■丹海快速バス   宮津・天橋立間人
C3 京都バス 17系統 四条河原町・出町柳駅前 八瀬八瀬・大原
■庫 四条河原町・出町柳駅前 高野車庫
■18系統 東山通・銀閣寺 八瀬・大原
C4 京都市営バス
洛南・伏見・久世方面
16号系統 南区総合庁舎 京都駅八条口アバンティ前
19号系統 京阪国道・中書島 横大路車庫
42号系統 JR桂川駅前 阪急洛西口駅
78号系統 吉祥院運動公園前 久世工業団地
81号系統 竹田街道・中書島 横大路車庫
京阪中書島・伏見港公園
特81号系統 竹田街道・竹田駅東口・中書島 横大路車庫
南5号系統 稲荷大社 竹田駅東口
C5 京都市営バス
洛西・映画村方面
33号系統 三ノ宮 洛西バスターミナル
特33号系統 三ノ宮 洛西バスターミナル 行(川勝寺経由)
73号系統 五条通 洛西バスターミナル
75号系統 太秦天神川駅前 映画村・山越
C6 京都バス 51系統
比叡山ドライブバス)
ロテル・ド・比叡 延暦寺 比叡山
71系統 四条烏丸・映画村 嵐山大覚寺
■72系統 四条烏丸・映画村 嵐山・清滝
■73系統 四条烏丸・映画村 嵐山・苔寺すず虫寺
■74系統 映画村・嵐山 大覚寺・清滝
■75系統 四条烏丸・映画村 有栖川
81系統 五条通 映画村・大覚寺
■83系統 五条通・映画村 嵐山・苔寺すず虫寺 行
45系統 烏丸通 岩倉村松
京阪バス 57号経路
(比叡山ドライブバス)
ロテル・ド・比叡 延暦寺 比叡山頂
Dのりば
D1 京都市営バス
清水寺祇園
平安神宮・銀閣寺方面
100号系統 洛バス 清水寺・祇園 銀閣寺
D2 京都市営バス
東山通方面
206号系統 東山通 北大路バスターミナル 方面行
208号系統 泉涌寺道 東福寺・九条車庫 方面行
D3 京都市営バス
御室・嵐山方面
26号系統 北野白梅町 御室・山越
28号系統 松尾橋 嵐山・大覚寺
JRのりば
JR1 西日本ジェイアールバス ■高速バス 東京横浜金沢富山静岡名古屋
津山出雲徳島高松 方面
JR2 西日本ジェイアールバス ■高速バス さいたま金沢舞鶴
広島松山高知 方面
JR3 西日本ジェイアールバス 高雄・京北線 栂ノ尾周山
定期観光バスのりば
  京阪バス ■定期観光バス  

八条口[編集]

京都駅八条口京都駅八条口アバンティ前京都駅八条口西の3つの停留所がある。京都駅八条口は南北自由通路に近いところ、京都駅八条口アバンティ前は八条東口に近い場所、京都駅八条口西は新・都ホテル付近にある。

京都駅八条口アバンティ前(市バス)・京都駅八条口ホテル京阪前(その他バス) 停留所
1 京都市営バス 16号系統 南区総合庁舎 九条車庫
71号系統 京都水族館
京都外大
松尾橋
202・207号系統   九条車庫 まで
2 京都市営バス 78号系統   京都駅
3 京都市営バス 19号系統   京都駅
京阪バス 直Q京都号   松井山手駅・京田辺市役所・大阪国際大学・関西外大学研都市キャンパス
  京阪交野駅・なんば(OCAT)・ホテル京阪ユニバーサル・タワー
4 京都市営バス 84号系統 葛野大路通 太秦天神川駅前
空港バス 大阪空港交通 空港リムジンバス   大阪(伊丹)空港
京阪1 京阪シティバス 26号経路   京阪淀駅
京阪2 主に京阪バス
(その他バスとの共同運行)
■高速バス   下部参照
京阪3 京阪バス ■定期観光バス    
5 京都市営バス 81・特81号系統   京都駅
京阪バス 山科急行線   京都橘大学・醍醐寺・石田
京阪香里園駅・新香里
6 京都市営バス 19号系統 中書島 横大路車庫
78号系統   久世工業団地
81号系統 竹田街道・中書島 横大路車庫前
京阪中書島・伏見港公園
特81号系統 竹田街道・竹田駅東口・中書島 横大路車庫前
京都駅八条口 停留所
東行 京都市営バス 19号系統 中書島 横大路車庫
78号系統   久世工業団地
京都急行バス ■プリンセスライン11・12・18号   京都女子大学
京都らくなんエクスプレス ■【直行】 京都パルスプラザ・京セラ 油小路大手筋
主に近鉄バス
(その他バスとの共同運行)
■高速バス   下部参照
西行 京都市営バス 16号系統 南区総合庁舎 九条車庫
19号系統   京都駅
78号系統   京都駅
京阪京都交通 フラワーライン 京都リサーチパーク 光華女子学園
京都駅八条口西(新・都ホテル前) 停留所
西行 主に近鉄バス・南海バス
(その他バスとの共同運行)
■高速バス   下部参照
京阪バス 直Q京都号   松井山手駅・京田辺市役所・大阪国際大学・関西外大学研都市キャンパス
京阪交野駅・なんば(OCAT)・ホテル京阪ユニバーサル・タワー

高速バス(烏丸口)[編集]

烏丸口(JRバスのりば)[編集]

国鉄時代から自動車駅として独立した窓口が設置されていた。

烏丸口(民営バスのりば)[編集]

新阪急ホテル前[編集]

阪急バスが共同運行している路線などが発着する。[注釈 3]

新阪急ホテル前 現在停車しない高速バス

高速バス(八条口)[編集]

八条口観光バス駐車場[編集]

かつてのツアーバスから移行した路線が発着している。

八条口ホテル京阪前[編集]

空港リムジンバスと京阪バスが共同運行している路線などが発着する。

八条口(八条通東向)[編集]

近鉄バスが共同運行している路線(一部を除く)などが発着する。下記路線のうち発車場所と到着場所が異なる路線もある。

八条口(八条通西向)[編集]

新・都ホテル前[編集]

近鉄バス
南海バス
その他の高速バス

八条通竹田街道東側[編集]

ツアーバスから移行した路線の内、日中時間帯や車両容量などで観光バス駐車場に発着できない便が使用している。また、向かいにはWILLER GROUPが降車専用の停留所『京都駅ホテルセントノーム京都前』を設置している。

  • 熊本方面:「ロイヤルエクスプレス」(ロイヤルバス
  • 博多方面:「O.T.B.ライナー」(天領バス
  • 山形方面:「O.T.B.ライナー」(オー・ティー・ビー)
  • 新宿方面:「キラキラ号」(旅バス
  • TDL方面:「NETWORK」(中央交通バス
  • TDL/TDS方面:「ハートライナー」(神姫観光バス
  • 東京方面:「ナイトライナー」(東京富士交通・広栄交通バス)
  • 東京方面(サンシャインエクスプレス)
  • 長野・松本・伊那方面「花バス観光」(トラビスジャパン

京都VIPラウンジ[編集]

国道1号イオンモールKYOTO沿いに設置。

  • 川崎・秋葉原・東京・新宿・東京ディズニーランド・千葉・王子・さいたま新都心・志木・大宮方面:「VIPライナー」(平成エンタープライズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3代目駅舎については、使用時期の末期となるJR化後に駅名看板が掲出された。
  2. ^ 1日平均乗降人員は年間の数値を各年の日数で除して算出。年間乗降人員は、京都市が近鉄からの報告を基にまとめた統計表より、記載された乗客(定期外+定期)と降客(定期外+定期)の数値を合算。
  3. ^ 阪急観光バス 西日本鉄道が運行するムーンライト号は、八条口京阪ホテル前から発着となる。(これは、西日本鉄道 と京阪バスが運行していた「きょうと号」を統合したため。)

出典・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ a b 京都駅 ホーム番号のトリビア”. 広報だより「トレナビ」. JR西日本 (2013年1月31日). 2013年1月31日閲覧。
  3. ^ 大阪日日新聞「街の駅再発見 京都駅」街の駅再発見 京都駅 - 大阪日日新聞
  4. ^ http://www.mtm.or.jp/pavilion/collection/tenji/page01.html
  5. ^ JR時刻表』1989年3月号(弘済出版社、No.311)の当駅構内図による。
  6. ^ 『JR時刻表』1991年3月号(弘済出版社、No.335)の当駅構内図による。
  7. ^ 『JR時刻表』2002年6月号(交通新聞社、No.470)の当駅構内図による。
  8. ^ 「時の灯」と「スバコ・ジェイアール京都伊勢丹」プレスリリース
  9. ^ 公共交通優先へ京都駅南口再編 京都市、整備計画まとめる - 京都新聞(2011年3月9日付)
  10. ^ 近鉄京都駅の駅掲出時刻表 (PDF) (2012年3月20日変更)- 近畿日本鉄道公式ウェブサイト、2012年9月22日閲覧
  11. ^ 京都駅ターミナル整備計画の概要について (PDF, 近畿日本鉄道 平成19年3月1日)
  12. ^ 京都駅ターミナル整備工事の概要と進捗について (PDF, 近畿日本鉄道 平成20年3月6日)
  13. ^ 近鉄京都駅ホーム新設 4線化工事終え混雑に対処”. 京都新聞 (2012年3月9日). 2012年3月25日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 京都市交通事業白書 平成24年度版 高速鉄道事業
  15. ^ 京都市交通事業白書 平成20年度版平成24年度版
  16. ^ 京都市統計ポータル/京都市統計書 第8章 都市施設 07 私鉄市内駅乗降客数(JRを除く)
  17. ^ a b c d e f 平成9年京都府統計書
  18. ^ 平成4年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  19. ^ 平成5年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  20. ^ 平成6年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  21. ^ 平成7年京都府統計書より、記載された数値を366日で除して算出。
  22. ^ 平成8年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  23. ^ 平成9年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  24. ^ a b c d e 平成14年京都府統計書
  25. ^ 平成10年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  26. ^ 平成11年京都府統計書より、記載された数値を366日で除して算出。
  27. ^ 平成12年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  28. ^ 平成13年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  29. ^ 平成14年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  30. ^ 「都市交通年報 平成17年版」(財団法人 運輸政策研究機構)より、「各駅旅客発着通過状況(中京交通圏)」に記載された数値について、定期外と定期を加算し、365日で除して算出。
  31. ^ 平成15年京都府統計書より、記載された数値を366日で除して算出。
  32. ^ a b 平成16年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  33. ^ a b 平成17年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  34. ^ 駅別乗降人員 京都線 伊賀線|近鉄企業情報”. Internet Archive. 2013年4月13日閲覧。2007年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  35. ^ a b 平成18年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  36. ^ a b 平成19年京都府統計書より、記載された数値を366日で除して算出。
  37. ^ a b 平成20年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  38. ^ 近鉄ウェブサイトより。
  39. ^ a b 平成21年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  40. ^ a b 平成22年京都府統計書より、記載された数値を365日で除して算出。
  41. ^ 駅別乗降人員 京都線|近鉄企業情報”. 近畿日本鉄道株式会社. 2013年4月13日閲覧。
  42. ^ 平成23年京都府統計書 Page white excel.png (XLS)より、記載された数値を366日で除して算出。
  43. ^ データで見るJR西日本2012 上位50駅の乗車人員(平成23年度1日平均)
  44. ^ 平成24年京都府統計書 Page white excel.png (XLS)より、記載された数値を365日で除して算出。
  45. ^ 鉄道事業ダイジェスト”. 西日本旅客鉄道. 2013年9月7日閲覧。
  46. ^ 近畿日本鉄道|駅別乗降人員 京都線
  47. ^ 京都府民ステーション(仮称)整備事業 - 京都府(2011年12月26日更新、2012年4月19日閲覧)
  48. ^ 京都駅南口地区第一種市街地再開発事業 - 京都市情報館(京都市公式サイト、2012年2月18日閲覧)
  49. ^ 2013年3月16日より 鳥取エクスプレス京都号 米子エクスプレス京都号 運行開始西日本ジェイアールバスHP 2013年02月19日 発表
  50. ^ a b c 夜行便のみ 停車 昼行便は停車しない
  51. ^  2013年7月27日より、通過 阪急バスHP 2013年7月13日発表 信州三系統ダイヤ改正について、
  52. ^ ウィラー・エクスプレスが初の路線バスを運行開始(プレスリリース) - WILLER ALLIANCE(2011年12月22日付、2012年1月11日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]