北野白梅町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北野白梅町駅
北野白梅町駅(2006年11月26日撮影)
北野白梅町駅(2006年11月26日撮影)
きたのはくばいちょう - Kitanohakubaicho
(0.7km) 等持院 B8
所在地 京都市北区下白梅町
駅番号  B9 
所属事業者 京福電気鉄道
所属路線 北野線
キロ程 0.0km(当駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 櫛形3面2線
乗降人員
-統計年度-
3,366人/日
-2012年-
開業年月日 1943年(昭和18年)10月1日
北野白梅町駅ホーム
駅周辺

北野白梅町駅(きたのはくばいちょうえき)は、京都市北区下白梅町にある京福電気鉄道北野線。駅ナンバリングはB9

駅構造[編集]

頭端式3面2線ホームを持つ地上駅。ホーム全体がドーム状の屋根で覆われている。乗車は中央のホームから行う。降車は両端のホームへ行うことが多い。トイレは1番線側の降車ホームの端に設置されている。駅前広場は3方向(東・北・南)とも道路に囲まれており、どこに行くにも信号つきの横断歩道を渡る必要がある。

のりば
1 北野線 帷子ノ辻嵐山方面
2 北野線 帷子ノ辻・嵐山方面

駅員配置駅だが、18時までの勤務である。18時までに到着する列車では、改札口で運賃を支払う。18時以降は他の無人駅と同様、下車時に運転士に運賃を支払う。

駅周辺[編集]

バスのりば[編集]

西大路通今出川通の交差点上にある。 市バスJRバスでバス停名が異なる。

北野白梅町
北野白梅町市バスのりば案内図
北野
京都駅行/栂尾・周山行

歴史[編集]

鉄道ファン (雑誌)」連載記事「電車をたずねて」の嵐電の記事によると、以前の駅は現在の位置でなく、専用軌道から路面区間に入って交差点を進み、交差点の東に路面式の白梅町電停があったという。この位置では京都市電が延長すると邪魔になるため、交差点西つまり現在の位置に専用軌道の駅として北野白梅町駅を新設した。つまり北野線自体も廃止区間以上に若干短縮されている事になる。

過去の接続路線[編集]

隣の駅[編集]

京福電気鉄道
北野線
北野白梅町駅(B9) - 等持院駅(B8)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]