二条駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二条駅
JR二条駅西口
JR二条駅西口
にじょう - Nijō
所在地 京都市中京区西ノ京栂尾町
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
京都市交通局駅詳細

二条駅(にじょうえき)は、京都府京都市中京区西ノ京栂尾町(にしのきょうとがのおちょう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・京都市交通局京都市営地下鉄)のである。

概要[編集]

JR西日本の山陰本線(「嵯峨野線」の愛称区間に含まれている)、京都市交通局の京都市営地下鉄東西線の2路線が乗り入れ、接続駅となっている。地下鉄の駅には「T15」の駅番号が与えられている。

JR西日本の駅は、特急列車を含む全列車が停車する。また、特定都区市内制度における「京都市内」エリアに属する。

JR西日本の駅ではICOCAの、地下鉄の駅ではPiTaPaと「スルッとKANSAI」対応各種カード、「トラフィカ京カード」の利用エリアにそれぞれ含まれている[1]

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 二条駅
にじょう - Nijō
丹波口 (1.7km)
(1.6km) 円町
所在地 京都市中京区西ノ京栂尾町3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   E   山陰本線嵯峨野線
キロ程 4.2km(京都起点)
電報略号 ニテ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
12,337人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1897年明治30年)2月15日
備考 直営駅
みどりの窓口
京 京都市内

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。2010年1月に丹波口駅までの複線化が完成したことにより、分岐器絶対信号機がない停留所となった。直営駅亀岡駅の被管理駅)。

駅舎設計は浦辺設計が担当[2]し、屋根は大きな木造トラスで覆われたデザインとなっている。このデザインは以前の駅舎との対比を含めて賛否両論[要出典]あるが、1997年度にグッドデザイン賞を受賞した。ホーム上からは、遠く比叡山なども見渡すことが出来る。高架駅化される前は東の千本通側からしか駅に入ることができなかったが、現在は東西両方向に出入口が設けられており、乗降客以外の往来も可能であることから歩行者用自由通路としても機能している。

改札口からホームへは階段が2本、エレベーターが1本、上りエスカレータが1本通じている。また、改札口の前にはキヨスクハートインがある。また、ホームには待合室自動販売機があるが、売店はない。トイレは改札内の地上北側にあり、男女別・車椅子対応である。

JR二条駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   E   嵯峨野線 上り 京都方面
2   E   嵯峨野線 下り 亀岡園部福知山方面
改札口(2008年1月撮影)


京都市営地下鉄[編集]

京都市営地下鉄 二条駅
にじょう - Nijo
二条城前 (0.8km)
(1.1km) 西大路御池
所在地 京都市中京区西ノ京栂尾町3
駅番号 T15
所属事業者 京都市交通局
所属路線 東西線
キロ程 15.1km(六地蔵起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
17,166人/日
-2013年-
開業年月日 1997年平成9年)10月12日

地下鉄
二条駅
配線図

二条城前駅

2 1


STRg STRf
KRWgl+l KRWgr+r
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

西大路御池駅

島式ホーム1面2線の地下駅である。東西線の駅は駅ごとにステーションカラーが制定されており、当駅のステーションカラーは山吹色である。

地下鉄二条駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 東西線 太秦天神川行き
2 東西線 烏丸御池六地蔵/浜大津方面

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員及び1日平均乗降人員の推移は下記の通り[3]

年度 JR西日本 京都市交通局
乗車人員 乗車人員 乗降人員
1997年 7,704 7,474 14,626
1998年 8,764 7,247 14,184
1999年 9,142 8,046 15,757
2000年 9,395 8,279 16,216
2001年 9,792 8,578 16,745
2002年 9,912 8,655 16,888
2003年 10,227 8,842 17,235
2004年 10,416 8,985 17,466
2005年 11,090 9,482 18,419
2006年 11,700 9,695 18,895
2007年 11,899 9,783 19,074
2008年 11,600 8,867 17,120
2009年 11,501 8,498 16,582
2010年 11,734 8,489 16,557
2011年 11,923 8,492 16,563
2012年 12,337 8,733 17,033
2013年 8,802 17,166

駅周辺[編集]

従来のJR駅は東の千本通側のみの出入り口であったが、地下鉄東西線開通および山陰本線嵯峨野線)の高架化以降は西側も整備され、近年は西口にも路線バスやタクシーが乗り入れている。また、駅周辺は京都市の副都心となりつつある。

立命館朱雀キャンパス(中川会館)
駅前には円山公園の枝垂桜三代目が植えられている

千本通が駅東側を南北に走る。また、東西方向の御池通は当駅で分断されており、自動車はいったん駅北寄り高架下の押小路通を迂回し御池通に戻る線形になっている。駅東側は千本通、御池通沿いを中心に多くの商店がある。西側は西大路通に至るまで住宅地と中小の工場の密集地帯である。駅の北西に二条自動車教習所がある。隣の円町駅までは、山陰本線高架化に伴う道路整備により、側道を歩いて行くことができる。(山陰本線の高架化並びに御池通の拡張が行われるまで東西方向への移動の為には駅を大きく迂回する必要があり北は旧二条通、南は三条通まで迂回が必要であった。高架化が完了するまで千本三条交差点の西側は線路の下をくぐるアンダーパスであったが現在は埋め戻されて三条通は平坦化している。)

駅東側[編集]

神泉苑二条城および中京区総合庁舎(区役所)は徒歩圏内にあるが、地下鉄利用の場合は隣の駅である二条城前駅からのほうが近い。

駅西側[編集]

路線バス[編集]

最寄りのバス停は、駅西口ロータリにある二条駅西口と駅東側の千本通にある二条駅前がある。京都市交通局市バス)・京都バス西日本JRバスなどの各社が、以下の路線を運行している。

二条駅西口[編集]

市バス
リムジンバス

二条駅前[編集]

市バス
京都バス
  • 61系統四条河原町 三条京阪行き
  • 62系統:四条河原町 三条京阪行き
  • 63系統:丸太町通・映画村経由 嵐山・苔寺すず虫寺行き/四条河原町 三条京阪行き
  • 64系統:丸太町通・映画村経由 阪急嵐山駅・大覚寺・清滝行き/四条河原町 三条京阪行き
  • 65系統:丸太町通・映画村経由 有栖川行き
西日本JRバス

歴史[編集]

初代駅舎(1988年撮影)

凡例:【JR】 - JR駅、【地】 - 地下鉄駅。 ※地下鉄二条駅開業以降のみ記述。

かつては駅西側には小規模ながら貨物ヤードが存在しており、駅の南側は引込み線として貨車が留置されていたほか、ここから南方へ三条通を越えて日本食糧倉庫や油槽所へ専用線が続いていた。
  • 1997年(平成9年)10月12日 - 【地】京都市営地下鉄東西線の駅が開業。当時は末端の駅だった。
  • 2000年(平成12年)9月23日 - 【JR】当駅 - 花園駅間が複線化される。
  • 2003年(平成15年)11月1日 - 【JR】JR西日本でICカードICOCAの供用を開始する。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 【JR】JR貨物が貨物取扱を廃止する。
  • 2008年(平成20年)1月16日 - 【地】京都市営地下鉄東西線が当駅から太秦天神川駅まで延伸され、途中駅になる。
  • 2010年(平成22年)1月31日 - 【JR】丹波口駅 - 当駅間が複線化されるとともに、交換設備を廃止する。

JR木造駅舎の歴史と移転の経緯[編集]

木造駅舎は移築され、梅小路蒸気機関車館の資料展示館として活用されている
駅舎新築時の新聞。2月15日竣工の予定とある。(大阪朝日新聞京都付録1904年2月11日)

JR駅の地上駅時代にあった木造駅舎は、荘厳な社寺を彷彿とさせる造りや貴賓室も設置された立派な駅舎として全国的に知られていた。

建築当時は京都鉄道本社を兼ねており、建築家の伊東忠太によって手掛けられたものである。京都鉄道社長田中源太郎によれば、当初はレンガ造りの計画だったが、二条城に近いので景観に配慮して和風建築に改めることにし、日本鉄道(東北本線)宇都宮駅の駅舎が優美であったため同社に種々問い合わせを行い模範としたという[7]

二条 - 花園間の高架化事業に伴う仮線の設置に支障するため1990年10月、木造駅舎の建物を東側に15m移動させる曳家工事が行われ、約300トンの建物を2日間掛けて移動させた。その後、高架化工事中の仮駅舎として使用が続けられたが1996年、高架化工事および新駅舎の完成に伴って駅舎としての役割を終えた。明治期の和風駅舎建築として唯一の残存例であり、京都の近代化を象徴する建物でもあることから1996年4月1日、京都市指定有形文化財に指定され、幅を縮小して梅小路蒸気機関車館に移築されている[8]

かつては現役最古の駅舎とされ[9][10][11]、近年でもそう言われる事がある[12]が、これは誤りである。現存最古の駅舎は1882年(明治15年)築の旧長浜駅であるほか、現役最古の駅舎は1886年(明治19年)築の亀崎駅(異説もある)とされる。また、1980年代から1996年までの駅スタンプ(わたしの旅)は「入母屋造りの日本最古の駅」と書かれ、「国鉄で一番」を示す黒六角形のものであった[10]が、二条駅より前に建てられた入母屋造りの駅舎は建部駅など数多く現存している。

その他[編集]

JR西日本の駅は2002年の第3回近畿の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  E   嵯峨野線(山陰本線)
快速
京都駅 - 二条駅 - 円町駅
普通
丹波口駅 - 二条駅 - 円町駅
京都市営地下鉄
東西線
二条城前駅(T14) - 二条駅(T15) - 西大路御池駅(T16)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その他の相互利用可能ICカードについては各項目を参照。
  2. ^ 作品紹介(交通施設) - 浦辺設計
  3. ^ 京都市統計書 第8章 都市施設”、“京都市交通事業白書(事業概要)” 平成20年度版 (PDF)平成25年度版 (PDF)
  4. ^ 口腔保健センター - 京都府歯科医師会(2010年10月20日閲覧)
  5. ^ 児童福祉センター - 京都市情報館(京都市公式サイト、2010年10月20日閲覧)
  6. ^ JR西日本NKビル(詳細情報) - ジェイアール西日本不動産開発
  7. ^ 1904年2月11日大阪朝日新聞京都付録
  8. ^ 高架化工事と旧駅舎の曳家工事および移転に関しては、梅小路蒸気機関車館の資料による。
  9. ^ 『京都の明治文化財 建築・庭園・史跡』(京都府文化財保護基金、1968年)長浜駅の次に古い、と表現
  10. ^ a b ビッグ・コロタン3『国鉄全駅ものしりガイド 西日本編』(鉄道友の会東京支部監修、小学館、1983年)P90
  11. ^ 杉崎行恭『日本の駅舎 残しておきたい駅舎建築100選』(日本交通公社、1994年)P.10-11、151
  12. ^ 二条駅 - 京都観光Navi(京都市産業観光局・(財)京都高度技術研究所、2013年1月24日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]