交通量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バークレー州間高速道路80号線。多くの車線があり、交通量が多い。

交通量(こうつうりょう)では、交通システムや関連問題を交通のの観点から説明する。

歴史[編集]

  • 黎明期
    人間がまだ自力のみで輸送を行っていた太古から交通問題は存在したと思われる。丸木や、狭隘な山道などでは人が一人しか通れない箇所が存在するため、鉢合わせしたときにどちらが譲るかが問題となる。
  • の発明
    船が発明されたことにより、交通量はより明確な問題となった。操船は潮流や風の影響を受ける上、船の大型化により要求される操船技術はより高度になっていった。たとえ海であっても安全な水深が確認されている航路は限られており、付近では特に交通量が集中する可能性が高い。
  • 鉄道の発明
    鉄道が実用化されたことにより、と駅の間の移動がより高速になった(システムとしては駅馬車の方が先に発明されている)。より少ないコストでより多くの輸送を実現するために、複数の列車を運行するようになった影響で、鉄道事故が発生するようになった。対策として発明された閉塞方式ダイヤグラムの進歩などで問題発生は抑制されている。
  • 自動車の発明
    自動車が実用化されたことにより、移動方向に大きく自由度が増えたため、交通量の問題は複雑化した。もはや道路そのものの拡張では交通量を適切にすることは出来ず、都市計画を含めて対策しなければ問題解決にならない可能性がある。また、自動車事故も密接に関係している。
  • 飛行機の発明
    旅客用飛行機が実用化されたことにより、遠距離移動の速度が劇的に速くなり、飛行場および上空でのニアミスが問題として浮上してきた。航空事故は飛行機の大型化に伴い死者を増やす方向にあるため、航空交通管制の技術向上が望まれている。飛行場の近隣では騒音問題も絡んでくるため、深夜の離着陸が自粛されている場合もあり、移転以外に問題解決の目処は立っていない。
  • 交通量の情報化
    道路地図の詳細なデータ化、目的地への自動探索機能、GPS技術を利用したカーナビゲーションの登場により、未知の道を走る不安を自動車運転者から減少させている。また、これにVICSなど現在の交通量を反映するシステムにより渋滞回避をおこなうことも可能となっている。

交通量に影響するもの[編集]

  • 道路の殆どは公共事業によって作られるため、工事が年末や期末に集中する問題が挙げられる。
  • 交通事故が発生すると、怪我をした人の救急搬送、事故車や破片の撤去、実況検分などで交通に影響する。
  • ショッピングセンターなどの大型施設の新設により、特に自動車の目的地が変わることによって交通量が当該箇所に集中する。

法律[編集]

安全かつ円滑な交通を維持するため、交通に関する様々な規則が法律道路法道路交通法道路運送法など)で定められている。

交通量調査[編集]

信号機の設置や点灯時間の調整、道路の立体交差化など交通量を調整して交通の円滑化を図るため、交通量調査(こうつうりょうちょうさ)が行われる。

道路に関する項目[編集]

高速道路に関する項目[編集]

組織[編集]

日本の交通量に関する組織には以下のようなものがある。