刈払機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
両手ハンドル式刈払機

刈払機(苅払機、かりはらいき、Brushcutter(ブラッシュカッター))とは、草や小径木を刈払うための機械のこと。草刈機とも呼ばれることがあるが、この場合は草刈りに力点を置いているので、刈払機とは全く同義ではない。草刈り専用機では、山林の下草刈りを行うほどの能力がない。

構造は原動機シャフト、回転からなり、操作者は、シャフトに固定されたハンドルを操作して刈払いを行う。引用写真の右手部分の黒いレバーがスロットルになっており、これを調節することでエンジンの回転数(刃の回転数)を調節する。エンジン式では、ドライブシャフトとの間に遠心式のクラッチがあり、始動・アイドル時などの歯の無用な回転を防ぎ、草噛みなどによる歯の停止にも備えている。

使用に当たっては刈払機取扱作業者資格を有することが望ましい。なお、林業造園業など日本国内で労働として刈払機を用いる場合には、安全衛生教育を受講していない場合、労働安全衛生法違反となる。

動力[編集]

家庭の小作業には電動機水田の畦や道路脇などの草刈りには小型エンジンを動力とした刈払機が用いられる。エンジン式の場合、重量を軽減し、始動性を確保するため、長らく2ストロークエンジンが用いられてきたが、近年では環境保護の観点から、発生する排気ガス中の有害物質がより少ない4ストロークエンジンのもの(特にホンダマキタ新ダイワ工業)も増加している。また、ニカド蓄電池リチウムイオン二次電池を電源とした電動草刈機も発売されている[1]が、刈払能力と連続作業時間は制限される。

また、エンジン式には、リチウムイオン電池を用いたセルフスターターを搭載するものも存在する(ハスクバーナ・ゼノアのエンジン刈払機の一部)。

構造による区分[編集]

刈払機の外見的構造から見た区分:

  • 背負式刈払機 - 背中部分にエンジンを背負う。
  • 両手ハンドル式刈払機 - 写真のようなハンドルが付いた機種。平地での雑草刈り。
  • 片手ハンドル式刈払機 - コンパクトな小さめのハンドルが付いた機種。傾斜地・山地などでの雑草刈り。

背負い式以外では、着脱式のハンドルを交換する事で、作業姿勢や操作感を変えることができる。

回転鋸(刃)[編集]

ナイロン紐製の芝刈り用から、1cmを超える灌木用の超硬度合金を埋め込んだ回転歯まで、用途や対象別に多岐にわたる。 主な種類としては、以下の回転歯がある。

  • ナイロンカッター - 主として芝草用。回転盤に太めのナイロンが複数取り付けられており、高速回転によって、を鋭く叩きつけるのと同じ原理で紐に切断力を与え、草を「叩き」刈る。紐は先端部から徐々に磨耗して行くので、中心部にスプリング付きのリールを内蔵し、リールカバーを地面に接触させることで消耗分のナイロン紐を繰り出す機能もある。金属刃に比べ刈払能力は弱いが軽量で、誤って人体に接触したときの安全性も高いが、長期使用による部品の摩耗が原因で重傷事故が起こった例もあり、一定の注意は必要である。
  • 4枚刃・8枚刃 - 草刈り用。金属製。一定時間ごとに磨り減った刃をやすりやディスクサンダー等で研ぐ必要がある。
  • チップソー - 草刈り・山林の下刈り・小枝の切断。先端部に合金チップバナジウム鋼)が埋め込まれている。一般的な磨き刃に比べて先端部の刃先が非常に硬いため、摩耗した場合には細かいダイヤモンド粒子が埋め込まれた特殊なやすりで研ぐ必要がある。
  • 丸のこ刃 - 草刈り・山林の下刈り・小枝に加え、歯数が多いため潅木の切断にも適する。一定時間ごとに磨り減った刃をやすりで研ぐ必要がある。

取り扱い上の注意点[編集]

刈払機で草刈をする男性

回転刃が非常に高速で回転するため、刈払い作業には細心の注意を要する。農業機械による負傷事故のうち、刈払機による作業中の事故が、比較的多く発生している。また、刈払機を使う農家の9割が、事故につながりかねないヒヤリ・ハットを体験しているという調査結果が報告されている[2]

安全のためには、(回転刃が作業者から見て左回転の場合)左へ振るときに草を刈り、右へ戻すときには刈らないようにする必要がある。これは、高速回転している刃の右側が固い草や木の茎に接触し、回転力により刃が押し戻されて作業者に接触する事故(キックバック事故)を避けるためである。

作業の際は、本来であれば刃の手元側に、シャフトを介して防護カバーを装着し作業をする事が法律で義務付けられているが、刈った雑草類がシャフトとカバーの間に挟まって、取り除く手間が増え作業効率が落ちる事を厭うあまり、実際にはこの防護カバーを外したままで刈払い作業を行なう者が後を絶たず、事故の発生要因のひとつとなっている。

実際の使用の際は、肩紐で本体を吊った状態で作業を行なうのが鉄則である。前述のキックバック事故を抑制するには肩から吊っただけでは不足で、最低でも肩と腰の2本のベルトで身体に固定する必要がある。また、刃に跳ね上げられた砂利等が眼に当たると失明する危険もあり、前述の保護カバーを正しく装着したうえで、飛来物用の保護眼鏡等を使用しなければならない。さらに排気ガスの吸引を防止するためにマスクを使用する。

さらに、長時間作業の場合は特に、防振手袋、耳栓等も使用すべきである。

脚注[編集]

  1. ^ マキタリョービでは100V電源を用いるものも発売している。刈払能力はエンジン式とほぼ同等だが、当然のことながら作業ができるのはコードが届く範囲に限られる。
  2. ^ 日本農業新聞、2009年11月2日。久留米大学医学部、末永隆次郎講師による調査。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]