交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
交通の諸相

交通(こうつう)とは、や物が物理的に行き交うことであり、人間の社会活動に伴って発生する社会現象である。「交通」は広義には思想の場所的移動(通信)も含む概念である[1]。ただし、一般に「交通」という場合には通信を含まない語として使われる場合がほとんどであり、例えば学問上も交通工学や交通経済学、交通地理学といった学問領域は通信を対象に含めない。

概要[編集]

交通という経済活動は、物を移動する必要性という交通需要とそれを移動させる交通労務の供給の上に成立するとされる[1]。交通は移動の対象から旅客交通と貨物交通に分けられる[1]。旅客交通における交通需要としては、日常的な通勤通学・通院などから観光まで様々なものがある。また、交通は移動の場所から陸上交通、水上交通、航空交通に分けられる[1]

交通機関[編集]

交通の手段・方法として整備された体系を交通機関または交通システムと呼ぶ。交通機関は、人間社会の発達に従って、より高度な手段を提供するように発達してきた。逆に交通機関における技術革新が人間社会の姿を大きく変化させてきた側面もある。

交通機関の要素[編集]

交通機関には、通路、運搬具、動力の三要素があるとされる[2]

通路
鉄道路線道路航路航空路などを指す。鉄道の線路・舗装路・運河のように著しい工事が必要なものと航路や航空路のようにほぼ自然のままのものとがある[2]。単一もしくは複数の交通機関によって網の目のようにめぐらされた交通路を交通網(交通ネットワーク)という。
運搬具
現代の交通機関の代表例として車両航空機船舶などがある。
動力
交通機関の動力としては、人力・畜力・風力・水力など自然的なものと、蒸気力・石油燃焼爆発力・電力など人工的なものとがある[2]。歴史的には交通機関は動力面において馬車から蒸気機関車・電車などへ、帆船から蒸気船・モーターボートなどへと機械化が進んだ。

かつて交通手段は人足、牛馬、ラクダといったもので運搬具と動力が未分化であったが、運搬具と動力源の分離によって自然的制約を受けることが少なくなり交通の発達に画期的な進歩をもたらしたとされる[2]

今日の交通機関は、ITS鉄道の運行計画、道路の信号制御、航空管制などを代表とする運行制御システム、また、運賃、収益管理、マーケティングなどの営業システムの点で著しい発達を遂げている。

交通機関の特性[編集]

交通機関には、次のような特性がある。

公共性
交通網が高度に発達した現代社会においては人や物は交通網を利用して円滑に移動することを前提とするようになった。交通機関の一部がストップするだけでも社会問題となるのは、多くの人が通勤・通学といった日常生活や業務を交通機関に頼っているからである。交通は人間生活の根幹にかかわる重大事であり、ここに交通の公共性が認められ、交通業に対する保護・助長・監督・統制あるいは交通の秩序と安全の維持といった交通政策・交通行政が行われる[1]
投資規模
一般に交通機関を整備するには巨額の費用がかかる。空間的に移動することが交通の目的であるため、広域な設備が必要になる。また、通勤ラッシュのように集中的な需要も発生するため、大容量の確保が過剰な投資に繋がりやすい。更に、これらの施設や交通具は、他の用途への転用が難しいため、埋没費用が大きくなる。
耐用年数
一般に交通機関に使用される施設の耐用年数は長い。コンクリート盛土などの材料でできた施設は、長い将来にわたって使用されることになる。将来の需要予測には大きな不確定要素が伴うので、投資の意思決定が困難になる。

陸上交通機関[編集]

陸上交通の輸送手段としては、古く人や動物の力を利用したものが広く利用されたが、今日では鉄道や自動車が主たる交通機関となっている[3]

水上交通機関[編集]

航空交通機関[編集]

交通の歴史[編集]

交通の起源[編集]

文明が生まれる以前は、人々は狩猟によって食料を得、それを自分達だけで消費するだけであったので、遠距離を移動したり大量の荷物を運んだりする必要はほとんど無かった。しかし、農耕牧畜が始まると、状況は一変する。計画的な食物の生産と貯蔵が可能となり、生産の効率化が進むと、共同体で消費する分より多く生産できるようになった。やがて共同体同士で必要な物資の物々交換が始まり、初めて交通が生まれた。また牧畜では家畜の食料を求めて移動しなければならず、一箇所に定住できないため大量の荷物を運ぶ必要があった。

物々交換を個別に行うのは不便であるため、地理的に離れた場所の取引を一箇所で行うための市場が成立し、物資を市場に運ぶ物流が生まれた。市場はやがて都市に発展し、都市を拠点として、自身は生産せず取引と物流だけを専門に行う商業を営むものが現れた。

このように、交通の変化は経済の発達と不可分のものである。そして交通の仕組みは、経済活動の要求に合わせて進化するように求められた。

初期の交通[編集]

もっとも基本的な交通手段は人間そのものが歩行することである。しかし、人間が歩くだけでは、移動距離が限られてしまう。人間は4km/h程度の速度であるので、一日当たりせいぜい30 - 40kmの移動が限界である。人間自身が荷物を担いで運搬することを担夫交通というが、一人の人間が持てる荷物はさほど多くない。一方、動物を利用した輸送は古くから行われた。主にラクダ、あるいはそれらの近隣種が家畜化されて利用された。荷物の運搬に使う家畜を駄獣といい、その輸送を駄獣交通と言うのに対し、家畜に荷車やソリをひかせることを輓獣交通と言う。このように動物を利用することで、人間が単独で行動するときの数倍のスピードや貨物輸送量を得られるようになった。、特に長期間にわたって水を飲まずに行動できるラクダは『砂漠の舟』とも呼ばれ、アラブ世界では自動車が普及するまで重要な輸送手段であった。

また、原始的な交通手段としては、の存在が挙げられる。洪水などで、流木などが流れるのを見て、流木につかまって、移動することを覚えたのだろう。しかし、そのままでは、転覆してしまうので、人間がより乗りやすく、さらに、もっと速く移動することを考え、人力で加速するオール、そして、の力を使って加速し、舟を安定させるが発明された。

車輪の発明[編集]

車輪

車輪は紀元前3500年ころ、シュメールで発明され、その後急速にユーラシア大陸の各地に広まった。古代メソポタミア文明でも車輪の絵が残っており、古代中国でも車輪が使われていた。一方で、マヤ文明には車輪を実用化した痕跡はない。

始皇帝車軌の統一を行った。車軌とは馬車についた2つの車輪の幅のことである。当時は車輪が通ってできる轍がレールのような役割をしており、車はこの轍にはまるように走っていたと考えられている。車軌の異なる馬車が同じ道を通ることは困難であるため、これを統一して流通を容易にした。車軌は鉄道軌間に似た概念であり、馬車によってできた轍が鉄道の起源と言えるかもしれない。

街道の整備[編集]

アッピア街道

ローマ帝国時代には、ローマから各地に向かう石畳道路が整備された。これらはローマ街道と呼ばれる。「帝国内の各地にいち早く軍隊を派遣することが出来る」という軍事目的であったが、ここから「すべての道はローマに通ず」という言葉も生まれた。ドイツの観光街道の1つ「ロマンチック街道」は、そのローマ街道が起源である。また、イタリアの「アッピア街道」もローマ街道を起源としており、石畳などはほぼ当時のままの形で残されており、21世紀の現在でも利用されている。ローマ街道のほかにも、当時それぞれの地域で覇権を握った国家によって建設された街道がいくつか存在する。日本では江戸時代五街道が制定され、江戸を中心とした各地への交通網が出来た。国土に遍く整備された街道は中央集権国家の存立には不可欠なものであった。

一方、街道の成立に伴って、その沿道には都市が生まれた。例えば、道路が川を横切る地点(渡津)は交通が滞留しやすく、都市が成立しやすい。また、古くからある街道は、後の時代において新設される主要な交通路のルートに選定されている場合が多く、高速鉄道高速道路の多くは古くからの街道沿いに建設されている場合が多い。そのため、街道沿いの都市は現在も交通の要衝であり続けていることがほとんどであり、今や大都市に成長している例も少なくない。一方で、移動可能な速度によって都市の間隔は決まるために、交通インフラの高速化によって、都市間の競争が起こり古くからの都市が衰退する場合もある。

鉄道の発明[編集]

蒸気機関車「ロケット号

近代における交通は、機械を利用した交通手段の発達なしに語ることはできない。その先駆けとなったのは、鉄道の発明である。

鉄道の歴史は古く、現在見られるような鉄道のアイデアは、少なくとも2000年前に登場した。車輪で同じ場所を何度も往復すると、どうしても轍がのこってしまい、これが輸送の妨げとなり、能率的な移動が期待できなかった。そこで、木をしいて、轍ができないようにした。しかし、木だと、すぐ削れる、腐るなどの問題が起こった。そこで、木を鉄板にかえることにより、丈夫なレールができた。しかし、これでも、脱線が起こるという問題が起こった。そこで、レールをL字型にするなど、脱線しないよう工夫がされ、現在のエの字型に落ち着いた。しかしその動力は人力馬力であった。

今日のような原動機の動力を用いた鉄道の出現は1804年トレビシックによる蒸気機関車の発明を待たなければならない。ただこの時点ではまだ実用に耐えるものでは無かった。実用化はスチーブンソン親子によってなされ、1830年、蒸気機関車による世界初の旅客鉄道がリヴァプール-マンチェスターに開通した。その有用性はすぐに認められ、以降、世界中で鉄道建設が進められることになった。ヨーロッパやアメリカでは19世紀中頃、日本では19世紀末から20世紀初頭にかけて、空前の鉄道建設ラッシュが起こり、現在も運行される主要な路線のほとんどはこの時代に、極めて短期間のうちに完成された。都市では路面電車地下鉄が敷設され、市民に身近な交通機関となった。

旅行の大衆化[編集]

鉄道が登場するまで、旅行は多くの危険を伴う行為であった。悪路を徒歩や馬車で長時間かけて移動する必要があり、かかる費用も莫大であった。ごく限られた層を例外として、現在では一般的なレクリエーションとしての旅行はまず考えられなかった。しかし、鉄道網の発達は長距離の移動を極めて容易に、しかも安価に実現した。産業革命が生み出した一定の余暇を持つ中産階級の成長に伴って、旅行が余暇を楽しむための趣味として初めて認識されるようになった。

自動車の発明[編集]

カール・ベンツによって初めて自動車が発明された。物珍しい存在であった自動車が一般化するのはアメリカでフォード・モデルTが発売されてからである。世界各国でも道路の整備が進み、自動車価格が中流階級が購入可能なものになると普及していった。 自動車の普及(モータリゼーションの進展)は、ドアツードアで移動できるという強さがあるために、鉄道の衰退や、都市の郊外化といった社会への変化も引き起こすことになった。また、世界中で地球温暖化問題が表面化する中で、化石燃料であるガソリンを利用して二酸化炭素などの温室効果ガスを排出する自動車の利用方法が問われるようになってきている。

飛行機の発明[編集]

現在[編集]

現代人は移動することを生業とするともいえ、建築家の黒川紀章は、牧畜民、農民といった生活形態での区別に、現代人を「動民」(ホモ・モーベンス)として位置づけた。

現代の交通[編集]

概観[編集]

地域交通[編集]

ある特定の地域内での交通においては、大都市部、中小都市部、それ以外の地域内輸送、それぞれにおいて、特徴的な交通実態になっている。

大都市部内での交通は、交通需要が極めて大きい。また、通勤通学時に極端に交通需要が増えたり、ビジネス地区への一方的需要が大きい。そのため、通勤通学時の混雑、渋滞などが問題になっている。

地域間交通[編集]

後述のように、地域間交通の主力な交通手段が、鉄道からバス、航空機へシフトしてきている。

陸上交通機関[編集]

鉄道[編集]

現在、日本など先進国のほとんどでは鉄道網はほぼ完成状態にあるといえる。主要都市間の鉄道網は完備し、現在は高速鉄道網(新幹線)の整備に重点が置かれている。

比較的近距離の都市間の移動には、鉄道は他の交通機関と比べても優位性がある。特に短・中距離(在来線で200キロ、新幹線で500キロ程度)以下の場合、航空機と比べて到達時間に優位性があること、比較的乗客が多いため、利益が確保できることなどがあるからである。日本中国インドヨーロッパなど、中・大都市間での移動需要が一定量ある場合、鉄道はよく使われている。

しかし、現在の鉄道は、いくつもの課題を抱えているのも事実である。

まず、乗用車バストラックといった自動車の存在があげられる。自動車の登場により、自動車の小回りのきく輸送力には鉄道は太刀打ちできず、主要都市間を除く鉄道網は次第に衰え始めた。さらに、都市内の路面電車においても、道路上の車の台数が多すぎて、身動きができなくなり、ついには廃止される都市が多くなった。しかし、地下鉄などの都市内部の鉄道網は、慢性的な通勤ラッシュが続いており、鉄道並みの輸送力を確保できる交通手段は他にないため、現在でも世界各地で都市鉄道網の拡張が続いている。

一方、都市間の交通需要も、最近では、高速道路の整備により、高速道路を利用した高速バスが、従来鉄道が得意としていた数十~数百キロの都市間連絡に使われ、鉄道の領域を脅かしつつある。特に、鉄道では遠回りになったり、速達性の高い列車が走っていない都市間ではよく使われている。また、鉄道を使った場合の運賃よりも安いのもメリットで、とりわけ都市間連絡の夜行バスなどは、夜行列車が少なくなっている現状では、現地での有効時間を十分に利用できること、鉄道運賃+ホテル宿泊費よりもバス運賃が安いことなどから大きな需要がある。これを狙って、さらに安価な主催旅行の形を取った貸切バスによる都市間ツアーバスも参入し、鉄道を脅かす存在になっている。

中距離 (300 - 500km) 以上の移動に関しては、飛行機と完全な競争状態にある。空港でかかる搭乗時間や空港までのアクセス時間等がかかるので、すべての県で新幹線網が使える東北地方、鉄道網が高度に発達した関東地方、および関東地方に隣接する甲信越地方静岡県では中距離輸送は鉄道が優位だが、それ以外の北海道西日本では長距離移動は飛行機・中距離移動は高速バスと拮抗状態にある。1997年の規制緩和以降国内線の航空券が、定価(普通運賃)よりも大幅に安い各種割引プランで買える場合が多くなり、金額的にもかなり不利であることが多い。長距離(おおよそ500km以上)では飛行機に分があるところの方が多い。

また、需要が多い都市近郊の輸送においても、輸送量が増えすぎ、設備の強化をすること(増結、複々線化、高密度運転化など)に多額の経費がかかり、経営に足かせとなっていることもある。鉄道が都市のインフラであることから、輸送力増強資金は自前調達が原則とされていた以前よりは公的な援助が受けやすくなってはいるものの、少子化で将来的に通勤/通学需要が減っていくことも懸念材料である。そのため、各社とも、効率的な投資、ダイヤの組み替えによる利便性の向上、駅設備での関連事業の強化(いわゆる駅ナカホテル事業など)等で、経営状態の安定化を図っている。たとえば、銚子電鉄では、片手間で始めた副業(煎餅の製造販売)が本業の赤字を補うほどの収入を上げているし、大手私鉄は古くから不動産・小売業に力を入れ、特に阪急電鉄東京急行電鉄では戦前からベッドタウン・商業地といった都市開発を本業としており、鉄道事業もその一部と位置づけられていた。民営化後のJRも交通事業のほか不動産不動産の分譲や賃貸など)や金融小売等関連事業の強化に乗り出している。

三大都市圏以外の地方でも、都市部などでは、環境問題のほかに高齢者や障害者などの交通の弱者対策を兼ね、最新式の車両を使ったLRTなどの導入が再検討されつつある。一方で近年では規制緩和の流れから、鉄道事業法が改正され、事業者の市場への参入(免許制から許可制に)と退出の規制(廃止時の沿線自治体などとの協議期間の短縮など)が緩和された。そのため、採算を取るのが難しい地方私鉄や第三セクター鉄道では、存廃論議の再燃や、実際に廃止されたところもあり、また、都市やニュータウンにおける鉄道も、初期投資の割に予想通りの輸送人員が得られず、赤字に陥っているところも多い。

しかし、エネルギー効率が悪く、排気ガス等の環境問題がある、自動車中心の交通網を見直す動きも出てきている。モーダルシフト(輸送手段の鉄道や船舶などへの移行)という概念である。地球環境に対する負荷の低さや、大量に、かつ定時性を確保するための交通手段として、陸上の輸送手段では最大の輸送力を持つ鉄道が見直されている。特に、日本の新幹線・フランスのTGVをはじめとした高速鉄道の成功は各国の注目を集め、近年は中国、韓国や台湾といった国々で次々に高速鉄道が開業した。インドベトナムでも、経済発展に伴い増大する交通量に対応するため、在来線の改良・高速化と高速鉄道の建設が計画されている。さらに、飛行機・自動車を中心とした交通網ができ上がっているアメリカ合衆国でも、高速鉄道専用線の建設が検討されている。

自動車[編集]

日本で、広い意味での自動車が交通手段として台頭(広義のモータリゼーション)してきたのは、道路網の本格的な整備が進められた1960年代(昭和30年代)以降であろう。1970年代(昭和40年代)以降になると自家用車の普及が進み、公共交通機関の衰退が進むようになる。しかし、環境問題により、自動車への懸念がなされている。

バス[編集]

現代の輸送手段としてのバスは、色々な形態で使われている。

1番目は都市内や地域内での輸送手段としてのバス(一般路線バス)である。主に住宅地や集落などから鉄道駅までの輸送を中心に、鉄道の補助的な交通手段として広く使われている。しかし、大都市内では交通渋滞の増加による定時運行の困難や地下鉄網の拡大、大都市周辺や地方都市では自家用車の利用度が高くなるにつれ、通勤や通学以外の需要が減ってきている。そのため、採算が取れず、便数の削減や路線そのものの廃止になっているものもある。

バス路線が廃止されてしまうと、自家用車に乗れない交通弱者にとっては移動手段が無くなってしまうという問題が出る。そのため、自治体が補助したり、自治体が主体となってバス(廃止代替バス)を運行させているところもある。その1つの形態としては、コミュニティバスがある。バス車両そのものも、バリアフリー化(たとえばノンステップ化、車椅子対応)を行なったり、低公害化を積極的に行なっている。

タクシー[編集]

日本ではタクシーの運賃は地域で固定化され、競争原理が働かなかったが、1993年に規制緩和により、まず「同一地域同一運賃」制度が廃止され、1997年にはある程度の範囲で運賃を自由に設定できるゾーン運賃制や初乗り距離を短くするかわりに初乗り運賃を安くする初乗距離短縮運賃制が実施されるようになった。さらに、2002年に道路運送法が改正され、一定以下であれば自由に運賃を設定できる上限運賃(プライスキャップ)制が導入された。そのため、同じ地域でも複数の運賃で運用されている場合が、事業者の多い東京などの大都市で存在する。

タクシーの利用は景気に左右されることが多い。景気がよい時には、社用族が深夜接待後に使うことが多かったが、不況になると、社用族の利用が減り、現在は利用が減っている。このため、現在では定額制(空港までXXXX円など)や、乗合タクシー、福祉タクシーなど、需要を増やすための工夫がなされている。

一方、地方のタクシーでは、自家用車の普及や過疎化などで利用が減っている。福祉タクシーや運転代行、乗合タクシーによるコミュニティバス受託などの業務を行うところが多い。

トラック[編集]

日本ではトラック輸送は1960年代までは、鉄道(貨物列車)の補助的な存在であったが、高速バス同様に高速道路の発達で長距離高速輸送が可能となり、貨物列車を脅かす存在に成長した。宅配便は高速道路のトラック輸送無しには実現不可能であろう。結果として貨物列車は壊滅的なダメージを受け、大幅に削減されてしまう結果となる。

成長したトラックは、交通事故大気汚染など環境問題の元凶ともいわれ、一部は鉄道や船を利用したモーダルシフトが行われている。

自家用車[編集]

大都市周辺の郊外や地方都市では自家用車が多く利用されている。日本では、1960年代までは、個人の自家用乗用車の保有はごく一部の富裕層を除いてほとんどなく、企業や商店などで荷物を運搬するための自家用トラックがほとんどであったが、1970年代以降、地方を中心に個人の自家用乗用車の保有が増える。これにつれて交通事故が激増し、毎年多数の死傷者が生まれ社会問題となった。さらにこれに連動して、地方での鉄道や路線バスといった公共交通機関の縮小が発生し、広い駐車場を持つ郊外型ショッピングセンターなどのような施設が多く建設されるようになった。

特に、公共交通機関の利便性が悪い地域では、1世帯に複数(運転免許を持つ家族ごとに1台)の乗用車を所有していることが多い。地方によっては自家用車と路線バス・鉄道を連携させるパークアンドライドの政策も進められている。

自動二輪車[編集]

自動二輪車が交通の主役となっている国・地域も存在する。工業化が始まったばかりの初期新興国では

  • 四輪車を購入できるだけの購買力がない
  • 四輪車と比較して燃費がよく維持も簡単で安価
  • 道路事情が悪く四輪ではかえって不便

等の理由から二輪車が最も普及した交通手段となっている。1950年代1960年代の日本はまさにそうであったし、現在のホーチミン市はその典型である。同市はバイクの街と呼ばれている。

自転車[編集]

自転車はその構造の性質上、大量輸送交通手段としてではなく短距離を結ぶ移動手段、輸送手段として用いられることがほとんどである。

移動手段としての自転車は他の交通手段、特に鉄道への連絡輸送手段として広く使われており、最寄駅まで若干距離がある(2 - 3km、あるいはそれ以上)住宅地から駅までの交通手段として使われている。主に普通免許や二輪免許を保持していない、または保持できない未成年で高校生以下の人にとっては唯一の運転できる輸送手段となる。特徴としては、維持運用コストが極めて安い、移動手段としての環境負荷が非常に少ない、移動にかかる制限が少ないなどである。

鉄道に乗り換えた利用者が利用していた自転車は、通勤・通学に用いられるところが多く、長時間にわたって駅前に置くことになってしまうため、その置き場所の確保が問題になっている。都市部の住宅地の中にある駅などでは駅前に十分な空間がないところが多く、駅前に放置されている自転車が大きな問題になっている。

そのため、駅前に有料の自転車駐輪場を作ったり、高架下を有効に活用したりするなどの対策を立てている自治体も多いが、住宅地の密集化により、追いついていないのが現状である。定期的に放置自転車を排除したりしている場合もあるが、せいぜい数日で元にもどってしまう。そこで、鉄道会社に対策費用を出させるためのを計画している自治体や、レンタサイクルの活用を考えている自治体もある。

輸送手段としての自転車には、バイク便に似た業種としての自転車便というものがあり、都市部においてその小回りの良さを捉えて運用されている。

水上交通機関[編集]

ふだん内陸部で生活することを常とする大半の人にとって、海運による航路というものは、交通手段としてあまり見えるものではないが、日本のような島国では、エネルギー食料の大半は国外からの海路で供給されるものであり、また、古くは国内の道路が近年まで整備されなかったためもあり、江戸時代には、日本の北部、日本海側と太平洋側、あるいは瀬戸内側の物資の交流、海産物木材交易は、北前船という独特の構造をもった船で運ばれた。大阪などの上方から江戸への物資の輸送に活躍した菱垣廻船樽廻船も有名である。今日、よく知られた書店にその名前を残す紀伊国屋文左衛門も、海路による交易で財を成した人物である。

江戸時代には、内陸部でも、淀川水系や利根川水系などの大河川では各所に河岸が設置され、内陸水運により内陸奥深くまで物資が運ばれた。江戸や大阪など水路に恵まれた町では小河川や運河が整備され、小舟により日用物資が市内の隅々まで運ばれた。

今日では、自動車、鉄道の発達で、内陸水運は完全に衰退したが、海運は、現在でも、重要度はいくらか下がったとはいえ、生活ラインを維持する上での大きな役割を果たしている。

現在は、長距離の旅客を輸送するという目的では、船舶の需要はほとんどない。小笠原諸島等、船舶以外に選択肢がないもの以外は、ほとんど航空機や鉄道、あるいは長距離バスによって需要がまかなわれている。船舶の速度は他の輸送手段に比べて格段に遅いため、競争にならないからである。

しかし貨物輸送においては輸送能力の大きさは他の交通手段を圧倒する。

旅客を輸送するという目的では、フェリーによる離島や対岸への輸送、高速船(水中翼船ホバークラフト)による短距離の輸送がほとんどである。新潟-佐渡大分-大分空港などがその代表的な例である。

長距離向けには主にフェリーが利用されている。たとえば、東京から北海道南紀、あるいは四国九州等へ、おおよそ2日くらいかけて航行する航路が開設されている。それほど急ぐものでない貨物の輸送(無人のトラックだけフェリーに載せて輸送する)や、安価に移動したい人が使っている。

国際航路については、客船は1950年代まで日本と外国を結ぶ交通機関として機能していたが、1964年以降の海外旅行の自由化と国際航空路線の拡充・一般化により、下関福岡 - 釜山といった距離の短い航路を除き、豪華客船によるクルージングと呼ばれるパッケージツアーとなり、交通機関としての機能は果たしていない。しかし、貨物輸送では、急ぐ必要のない、大量の貨物輸送を中心にコンテナ貨物船石油天然ガスなどを運ぶタンカーなどが重要な役割を担っている。

ヨーロッパでは、これに加えて運河網が発達しており、フランスなどは、ヨットで水路だけで国をほぼ一周できるといわれるくらいに、運河が発達している。ドイツも、東西に分割されていた時代は、西ドイツからのベルリンへの物資の供給はほとんど水路であったというくらい。オランダなどについては、言うまでもないことである。

航空交通機関[編集]

航空輸送航空会社)については、日本では1965年ごろまでは幼稚産業の側面が見られた。

すなわち、日本航空は国際線を独占するとはいえ、政治・外交上の理由から運航を強制される側面があり、国際線は恒常的に不採算であった。日航は国内幹線の収益で経営を維持する状況が長く続いた。それ以外の航空会社では合従連衡が繰り返され、ようやく全日本空輸が国内線最大手の地位を確立するものの、経営の安定性には問題があり、一時期日航が全日空に対し出資するという事態すら見られた。

1970年頃、航空業界の経営安定化と拡大が予想された航空需要に対応することを主な目的に、当時の運輸省主導のもと、日本航空と日本国内航空、全日本空輸と東亜航空の合併が企図された。ところが、当時東京急行電鉄が観光市場の拡大を背景に航空業界への進出を目指したことを背景に、日本国内航空と東亜航空の合併を進め、東急系の航空会社として再編されることになった。

結果、いわゆる45/47体制により、国際線と国内幹線を担当する日本航空、国内幹線と国内ローカル線、国際線チャーター便を担当する全日本空輸、国内ローカル線を主体とする東亜国内航空(現: 日本航空)の大手3社体制がここに成立し、日本の航空業界の構造を規定することとなった。この枠組みは1985年に一部修正され、全日空と東亜国内航空の国際線進出と日本航空の国内ローカル線参入が認められるようになった(東亜国内航空は1988年の国際線運航開始に伴い、日本エアシステムに社名変更)。また航空会社の裁量度合いも高まったが、基本的には45/47体制の延長線上に留まった。

こうした状況は、1990年代の規制緩和政策に伴い大きく変化した。整備などを外注化し、低運賃を目玉とするスカイマークエアラインズ(現: スカイマーク)や北海道国際航空(現:AIRDO)等の設立は、古くから見られた日本航空と全日本空輸との間で繰り広げられた競争とは異質の競争をもたらした。市場競争を通じた運賃の低廉化が進行し、それは激しいものとなった。事実、新規参入の航空会社はいずれも経営困難に直面している。大手の航空会社でも、日本航空と日本エアシステムは持株会社方式で経営統合が行われた。

一方で、近距離の都市間を、小さな飛行機(10 - 20人乗り程度)で結ぶコミューター路線も開設された。しかし、なかなか採算が取れないのも現状である。さらに、地元からの積極的な誘致により新しく開港した空港も、需要が見込めず、ほとんど飛行機の発着がない空港もある。たとえば、オホーツク紋別空港は一日2便(一往復)しかない。枕崎空港は開港から廃止まで定期便の発着がなく、チャーター便の会社も営業を停止していた。佐渡空港も一時期は定期便の発着がなかった。

日本を発着する国際線については、かなり前から運賃が自由化されており(時期や目的地によっては同程度以下の距離の国内線航空運賃より安いことも多い)目的地国の航空会社や運行コストの安い東南アジアの航空会社とも競争関係にあるが、アメリカ同時多発テロ事件の影響で航空業界全般に業績の悪化をもたらした2002年以降、グループ(航空連合)を作る動きが活発になり、各国の航空会社との提携を進め、一つの飛行機に複数の便名をつけて運行するコードシェア便が増加している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.212 1951年 古今書院
  2. ^ a b c d 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.213 1951年 古今書院
  3. ^ 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.266 1951年 古今書院

関連項目[編集]

外部リンク[編集]