バス・ラピッド・トランジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バス・ラピッド・トランジット: bus rapid transit, BRT)とは、バスを基盤とした大量輸送システムである。真のBRTシステムは、システムの品質向上及び遅延防止のための特殊なデザイン、サービス、設備を備える。BRT導入を検討する場合、バスの運行経路の重要箇所では交通渋滞を避けるため、バスレーンのような交通の優先権を十分に用いてバスは運行すべきである。さらに、真のBRTシステムには以下の要素の大部分が備わる。

  • 道路中央における配列 (典型的な歩道の縁石側での遅延防止のため)
  • 駅での車外料金徴収 (運転手への料金支払いに関連する乗降時の遅延を減らすため)
  • バスの床高に合う駅のプラットフォームの高さ (段差に起因する乗降時の遅延を減らすため)
  • 交差点でのバスの優先権 (交差点の信号による遅延防止のため)

世界初のBRTシステムは、1974年開業のブラジルクリティーバRede Integrada de Transporte ('Integrated Transportation Network') である。同システムは、2000年開業のコロンビアボゴタTransMilenioを例として、ブラジル及び世界中の多くの類似システムに影響を与えた。2014年10月時点で世界186都市でBRTが運行され、路線の総延長距離は4,757kmに達する[1]。世界の1日当たりのBRT推定乗降客数は約3,170万人とされ、ブラジルが33都市で運行と主導しているラテンアメリカでは、世界最多の60路線が存在し、推定乗降客数は約1,970万人である[1]

2011年及び2013年、BRTシステムには多くの差異及び明白な特徴が存在するため、Institute for Transportation and Development PolicyBRT Standard Technical Committeeを組織した。同委員会は、BRTとしての資格を有するシステムにはどのような特徴を備えるべきかという最低限の定義を設定し、既存のシステムを評価するBRT Standardを創設した[2]

語源[編集]

世界初のBRTシステムである、ブラジルクリチバRede Integrada de Transporte (1974年開業)

「バス・ラピッド・トランジット」の名称は、英語で都市高速鉄道を意味する「レール・ラピッド・トランジット」を由来とする。都市高速鉄道とは、交通の優先権を有し、短い運転時隔で多数の車両が運用され、伝統的な路面電車及びバスより長い停車間隔で運用される大容量の都市公共輸送システムである。BRTは、混合交通、平面道路でのバス専用車線、他の交通から分離したバス専用道路を含む多種多様な優先権でバスが運用される。

主な特徴[編集]

BRTシステムは、通常以下の特徴の大部分を有する。

バス専用車線[編集]

バス専用車線を導入した場合、目的地までの所要時間が短縮され、混合交通での渋滞による遅延が回避可能だ。分離優先道路を導入する場合、高架道路、地下道路、トンネル、鉄道路線の廃線跡を利用可能だ。トランジットモール又は「バス・ストリート」は、中心市街地にも導入可能である。

バス専用道路[編集]

車道の中央又はバス専用道路でバスを運行した場合、乗用車やトラックが、停車、一時停止、方向転換し、交通量の多い歩道の縁石側からバスを離すことが可能である。

車外運賃徴収[編集]

バス内での料金支払いの代わりに駅での料金支払いを行うことにより、バス内での乗客の料金支払いに起因する遅延を防止可能である。

交差点での待遇[編集]

バス専用車線を横断する方向転換を禁止することにより、バスの遅延は大いに減少する。バス車両優先システムを導入した場合、通常の順序と比較し、バスの進行方向での青信号の時間が拡大し、赤信号の時間が縮小することにより遅延が減少するため、信号交差点に導入されることが多い。方向転換の禁止は、交差点を通過するバスの移動に最も重要な方策になり得る。

乗降口の高さ[編集]

駅のプラットフォームの高さをバスの床高に合わせることにより、乗降が迅速で容易になり、車いす、体の不自由な乗客、ベビーカーの利用が十分容易になり、遅延を最小限に抑えることが可能である。

高床バスの床高に合わせた高床式プラットフォームを導入した場合、プラットフォームの外側での停車及び高床式プラットフォームでの通常のバスの停車が困難になるため、BRTの停車は他のバスの停車とは完全に分離する必要がある。鉄道車両とは対照的に、バス及びプラットフォームの間隙の高い危険性もまた存在する。

ドアでの段差のない低床バスは人気があり、増加傾向にある。低床バスは容易な乗降及び他のバスと互換性のある停車が可能である。

追加設備[編集]

最大乗車定員270人のTransMilenioの車両

高頻度全日サービス[編集]

大容量車両[編集]

二連節バスのような大容量車両は、乗客の乗降を迅速化するため、通常複数のドアが用いられる。ガイドウェイバスもまた用いられ得る。円滑な乗車には先進的なパワートレイン制御が用いられ得る。

上質な駅[編集]

TransMilenioの駅入口における改札口

BRTシステムは、魅力的なガラス製の引き戸、職員が配置された切符売り場、案内所、その他前記の標準設備以上のものを含み得る密閉型の駅において、通常かなり多額の投資を要する特徴がある。乗客の乗降を迅速化するため及び体の不自由な乗客の利便性向上のため、BRTシステムには、低床バス又は高床式プラットフォームのいずれかを用いた高低差のない乗降口や、複数のドアが用いられることが多い。特に利用客の多い駅においては、地下鉄のシステムと同じような方法で、車両乗車時ではなく「駅」への入場時での切符確認も一般的である。

優れたブランド又はアイデンティティー[編集]

Viva, Max, Transmilenio, Metropolitano, Selectを例として、バスだけでなく停留所及び駅にもマークを付している[3]。固有かつ特色を示すアイデンティティーにより、自動車運転の代替案としてのBRTの魅力を高められる[4]。大都市は通常大規模なバス路線網を有する。全てのバス路線を示す路線図は理解し難くなり得るため、乗客が低頻度のバスを待つ原因となる。特有のブランド及び分離した路線図を用いり、主要な高頻度のバス路線に数字でブランド設定を行うことにより、主要路線網がより理解しやすくなる。

各地のBRT[編集]

都市 BRTシステム
広州市 GBRT
(中山路)
ボゴタ Transmilenio
(Americas, Calle 80, Calle 26,
NQS (Norte-Quito-Sur), SUBA, El Dorado
)
クリチバ Curitiba BRT
(Linha Verde)
リオデジャネイロ TransOeste
リマ Metropolitano
グアダラハラ Macrobús
メデジン Metroplús

日本においてBRTと呼ばれることがある交通システム[編集]

日本国内でも、バス専用の走行空間を有する輸送システムや、運行車両に連節バスを用いた一般バス路線が各地に存在している。定時性確保かつ大量輸送実現の指向に基づき、近年、それらをBRTと呼ぶことが日本では好まれる動きがある[5]

ガイドウェイバス[編集]

バス専用道路を運行する路線[編集]

一般道上のバスレーンを運行する路線[編集]

  • 基幹バス(名古屋市):2号系統では一般道の中央部に専用レーンや停留所を設置し、交差点ではバス優先信号を使用。

連節バス[編集]

  • 岐阜市:市の施策の一環として、市内の幹線バス路線に連節車両を導入し、輸送効率を向上[10]

構想中の路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Global BRT Data
  2. ^ Greenfield, John (2013年3月12日). “Taking the Guesswork Out of Rating BRT: An Interview With Walter Hook | Streetsblog Chicago”. Chi.streetsblog.org. 2014年2月24日閲覧。
  3. ^ What is Select Bus Service? NYC Metropolitan Transit Authority. Retrieved 12 March 2010
  4. ^ Characteristics of BRT for decision making. page ES-8. Federal Transit Administration (August 2004).
  5. ^ 国土交通省は「BRTの導入促進等に関する検討会」の中でBRTを「連節バス、PTPS(公共車両優先システム)、バス専用道、バスレーン等を組み合わせることで、速達性・定時性の確保や輸送能力の増大が可能となる高次の機能を備えたバスシステム」としている。
  6. ^ a b 鉄道ファン』2012年7月号「BRTの現状と実例」p.42
  7. ^ 新交通(BRT)導入 - 日立市
  8. ^ 気仙沼線におけるBRTの運行開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース(2012年11月19日)
  9. ^ 大船渡線におけるBRTの運行開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース(2013年1月31日)
  10. ^ 「岐阜市型BRT」の導入について - 岐阜市(2013年1月22日)
  11. ^ 新潟市BRT第1期導入計画 - 新潟市(2013年3月14日)
  12. ^ 都心と臨海副都心とを結ぶ公共交通に関する方針を策定 - 東京都(2014年8月29日)