トランジットモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポートランド市のトランジットモール

トランジットモールTransit mall)とは、北米都市において、自家用自動車の通行を制限し、バス路面電車LRTタクシーなどの公共交通機関[1]の進入・運行のみを許可した形態の歩行者道路(モール)を指す。

欧州[2]では都市中心域の歩行者空間(広場)に公共交通機関が進入し共存する形態がしばしば見られるが、北米においてはこれを参考にしながらも、主に公共交通機関への依存度が高い低所得者層を呼び込むことにより、中心市街地を活性化させる施策の一つとして導入された。

概要[編集]

1962年、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市においてニコレット通りがアメリカで2番目のモール(歩行者専用道路)としてバス・タクシーのみ乗り入れで計画され、1967年から実地されたのが世界最初である。

日本では、1999年3月15日3月28日浜松市遠州鉄道と共にオムニバスタウン施策の一環として試験的に運用したのが最初である。しかし、これは静岡県警との交渉が長引いたことなどが起因し、PR不足や短い実施期間が災いとなり、効果があまり得られず本格実施に至らなかった。

北米の導入事例[編集]

日本国内の導入事例[編集]

既に実施されている地域[編集]

導入が予定されている地域[編集]

松山市の道後温泉駅前で進む工事


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公共交通機関を意味する「トランジットTransit)」は北米英語であり、したがって「トランジットモール」も北米における概念・言葉である。
  2. ^ 欧州では、北米の「トランジットモール」に相当する概念は無い。
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]