大西洋横断飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大西洋横断飛行(たいせいようおうだんひこう)は1910年代から、航空機の性能の発達の指標として目標になった飛行記録である。

主な大西洋横断飛行記録は以下である。

1919年5月飛行艇により、アメリカニューヨーク州ロングアイランドからポルトガルリスボンへ着水しながらの横断
カーチスNC4飛行艇
1919年6月カナダニューファンドランド島アイルランド無着陸横断
ジョン・オルコック、アーサー・ブラウン(ビッカース ビミー
イギリスの新聞デイリー・メール紙の1万ポンドの賞金を獲得。
1927年5月20日ニューヨークパリ単独無着陸飛行
チャールズ・リンドバーグ(ライアンNYP-1)
レイモンド・オルティーグの25,000ドルの賞金(オルティーグ賞)獲得
1928年アイルランド~カナダ大西洋逆横断
キュンター・フォン・ヒューネフェルト、ケール、ジェイムス・フィッツモーリスユンカースW33)
1930年パリ~ニューヨーク逆横断
デュドネ・コスト、モーリス・ベロント(ブレゲー19GR)
1932年女性の単独横断飛行
アメリア・イアハートロッキード ベガ
1978年 気球ダブルイーグルⅡ号による横断飛行
ベン・アブラッゾ、マキシー・アンダーソン、ラリー・ニューマン
1984年 気球による単独横断飛行
ジョゼフ・キッティンジャー

関連項目[編集]