NC-4 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーチス NC-4 飛行艇
飛行の行程

NC-4は、カーチス(Curtiss Aeroplane and Motor Company)がアメリカ海軍のため開発および生産した計10機の飛行艇(カーチス)NC 中の1機[1]である(en:Curtiss NC-4)。 1919年5月に、途中何度か着水しながら19日をかけて大西洋を横断し、最初の大西洋横断飛行に成功した。

第一次世界大戦中に連合軍の船舶がドイツの潜水艦に脅かされたことから計画は始まった。 自力でアメリカからヨーロッパに飛行できる機体が求められ、それがこの カーチスNC である。 当時としては超大型機で(仕様)、就寝区画や無線設備もあった。 戦争終了までに完成しなかったが、アメリカ海軍は大西洋横断をしようと決定した。

1919年5月8日、NC-4は、2機の飛行艇NC-1、NC-3と飛行を開始した。ニューヨークのロングアイランドを出発し、ニューファンドランドに到着、5月16日アゾレス島に15時間後に到着した。悪天候のためNC-1とNC-3はここで断念したがNC-4は補給後、離水しポルトガルのリスボンに5月27日到着した。

NC-4の搭乗員は、指揮官および航法士アルバート・リード(中尉)、 操縦士ウォルター・ヒントン、エルマー・ストーン、 機関士ジェームス・ブリース、ユーゲン・ロード、 通信士ハーバート・ロッド、である。

脚注[編集]

  1. ^ 機種名はNCで、それの4機目ということ。 NCは Navy Curtiss(海軍カーチス)の略。 大破してスペアパーツとなったNC-2、横断飛行開始時に水没したNC-1を除き、残り7機も1920年代初頭まで活躍した。

外部リンク[編集]

  • NC4号機画像[1]