カーチス・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーチス・ライト (Curtiss-Wright CorporationCWC) は、アメリカ合衆国のメーカー。第二次世界大戦直後まで航空機を製造、現在はコンポーネントメーカーとなっている。

第二次世界大戦中には全米製造業者中、第2位を誇った。現在は企業買収を進めながら事業の多角化を図り、アクチュエーターコントロールバルブ金属表面加工などでの小規模だが超先端技術を駆使したコンポーネントメーカーとして航空機分野、軍用分野を含む多分野多方面で活動している。

歴史[編集]

航空機産業時代[編集]

P-40ウォーホーク

グレン・カーチスによって1916年に設立されたカーチス・エアロプレーン&モーター(Curtiss Aeroplane and Motor Company )は第一次世界大戦中に発展した。カーチス JN4ジェニーが有名な機体である。1929年7月5日カーチス・エアロプレーン・アンド・モーター・カンパニーCurtiss Aeroplane and Motor Company )、ライト・エアロノーティカルWright Aeronautical )など12の別々の会社が合併しCurtiss-Wright Corporationとなる。7500万ドルの資本金をもち、米国最大の航空機メーカーだった。

一連のホーク・シリーズで米陸軍向け戦闘機の生産を続けた。第二次世界大戦ではP-36戦闘機を開発、米国を含む各国に販売。第二次世界大戦初期にはこれで大成功を収めていた。その後P-40戦闘機を生産。これは商売として最も成功した戦闘機でトマホーク、キティホーク、ウォーホークなどの名前がつけられた。1940年から1944年にかけて14,000機近く製造されている。C-46コマンドカーゴはヒマラヤズなどの連合軍航空機よりも多く積載可能だった。会社は戦時中に29,000機以上を生産した。戦争中カーチス=ライト社は製造業全米第2位の地位にいた。しかし、P-36、P-40ともに特別高性能ではなく当時の性能面での比較では二流の機体との評価もある。

戦後は、民間航空機用のレシプロ・エンジン、およびプロペラの生産に集中。ダグラス DC-7ロッキードスーパー・コンステレーションなどに使用された。軍用にはJ65エンジンが長期に生産された。

しかし、ジェット化の波に乗り遅れ、ようやく開発したジェット夜間戦闘機XF-87ブラックホークは一旦は採用が決定し発注まで行われていたが、生産直前の1948年10月10日に突然キャンセルされ、これにより多大な負債を抱えることになる。軍部はカーティス=ライトになんとか生きながらえてもらいたかったためブラックホークの完成度の低さにもかかわらず契約を行ったのだが、ノースロップ F-89 スコーピオンが想像以上のできばえだったためにそのまま押し切ることができなかったのである。航空機生産部門をノース・アメリカン・アビエーションに売却し航空機の機体メーカーとしての歴史に幕を引く。以降は現在に至るまで、部品供給や生産工程の援助、メンテナンスサービスなどの分野で航空機にかかわり続けている。ノースアメリカンは1967年ロックウェル・インターナショナルと合併したが、1996年にはロックウェル・インターナショナルの売却によりボーイングに組み入れられている。

機体リスト[編集]

コンポーネントメーカーへの道[編集]

1950年代プラスチック産業へ参入。産業向け、家庭向け、個人向けでそれぞれのメーカーに供給した。

1956年、皮一枚で首がつながっていただけのスチュードベーカー=パッカード・コーポレーションがカーチス・ライトとの管理契約に入る。全米第5位の自動車メーカーとしての破産を免れるためだ。一方のカーチス・ライトはこの契約により自社の多角化の一環としてメルセデス・ベンツ全米販売権を手に入れることになった。しかしこの協業も1959年にカーチス・ライト側から破棄している。

1957年、3分の2が政府購買でそのうち3分の2は非軍事用途だった。軍事用途に関する売上が全体に占める位置づけが減ってきていた。超音波計測に参入。 1958年には、軍事用原子炉制御棒機器や原子力研究炉の操業、太陽光研究所の開設、X線によるライン工程品質管理などを開始。コンチネンタル・コパー&スチール・インダストリーの部門を買収し土木機械へも参入。

1960年代は民間、軍用ともに航空機のパーツ販売、サービスも行ったが、経営陣はさらなる多角化を邁進。宇宙分野へも参入。ロケット・エンジン・ケース、エグゾースト・ノズルなどをサブ・コントラクターとして製造した。

宇宙・軍事向けのメカニカルシステム、油圧システム、メカトロニクスアクチュエーションシステムを手がけ、現在の動作制御(モーション・コントロール)事業部門につながる。

Metal Improvement Company (MIC) を買収し、産業界・宇宙関連へのショットピーニング技術提供に参入。

1972年ヴァンケル・ロータリー・エンジンの北米での製造権を持ち、インガソール(Ingersoll-Rand)社とロータリーコンプレッサーを製造しマツダ・RX-7でも使用された。AMCもカーチス=ライトの7番目のヴァンケル・エンジン・ライセンシーとなった。GM1975年のヴェガでロータリーを載せると発表したが、排ガス規制のために実現しなかった。

Cenco Inc.,の株を取得し排ガス汚染対応環境技術を手に入れる。

Lynch Corporationの株を取得し、ガラス形成機器、フロー機器分野の技術を得る。

Diebel Heat Treating Companyからは熱処理技術を得、自動車メーカー、石油開発会社、農業機器メーカーに提供。

1980年には株を取得しようとした銅関連企業のKennecott社から逆に買取攻勢を掛けられ32%を取得されテレダインを抜き第一位株主となる。その後Kennecottとの協議でお互いの株、子会社のやり取りなどがあり、テレダインがカーチス=ライトの過半数株を取得する。この経緯によりカーチス=ライトの財務状況はよくなり、Western Union Corporationを買収するが失敗。また、ロータリー技術の商用化に見切りをつけライセンス権をDeere & Companyに売却。

1980年代ブリティッシュ・エアロスペース/エアバス・インダストリー・コンソーシアムへピーン・フォーミング・サービスを提供。A-320A-330A-340などで利用される。

1989年1998年、ボーイング、マクドネル・ダグラスエアバスの3社寡占となり、カーチス=ライトはボーイング737747757に、アクチュエーション技術、制御技術を提供。ボーイング、マクドネル・ダグラス、エアバスに翼表面へのピーン・フォーミング技術を提供。

東西融和により米国軍備費が削減される。民間航空機産業も低調となり新規航空機発注も低迷。既存航空機のウイング・フラップシステムのトランスミッションアクチュエーターのオーバーホールサービスに参入。1996年にはAviallから、メンテナンスリペアオーバーホール事業を買収。

1995年韓国の商用原子力発電所にバルブ提供。1998年、Enertechを買収。

1998年、スイスのDrive Technologyを買収。武装車両駆動機構サスペンション機構

現在[編集]

カーチス=ライト・コーポレーションの下に3つの事業セグメントを持ち、それぞれの事業セグメントは独立した会社として経営されている。

  1. Engineered Systems
  2. Embedded Computing
  3. Integrated Sensing
  1. Shot peening
  2. Laser peening
  3. Shot peen forming
  4. Heat treating
  5. Coating services

1961年のTarget Rock社買収に始まる。

  1. Target Rock:原子力用バルブなど
  2. Enertech:1998年買収。商用原子力発電所用機器。
  3. Farris Engineering:1999年買収。圧力軽減(低減)バルブ
  4. Sprague Products:1966年創業。1999年に大株主TeledyneからCWCへ。
  5. EMD(Electro-Mechanical Corporation):初の原子力潜水艦USSノーチラスで使用されたポンプを製造。米国海軍とつながりをもつ。
  6. Peerless:2001年買収。米国海軍原子力関連フロー・コントロール・アプリケーションの主要企業
  7. DeltaValve:2001年買収。超高圧高温腐食性条件下でのメタル・シーテッド・インダストリアル・バルブ。

カーチス=ライト・コーポレーションは1999年フォーブスでの米国200ベストスモールカンパニー。アビエーション・ウィークのベスト=マネージド・スモール・カンパニー。

民間航空機のジェット機への移行に伴い、従来事業には得るものがなくなり、1960年代に航空機用や原子力潜水艦などのコンポーネントおよび生産へ移行する。原子力潜水艦は2005年時点でも契約が継続している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]