XBTC (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーチス XBTC / XBT2C

カーチス XBTC-2 "Model B" 1946年の撮影

カーチス XBTC-2 "Model B" 1946年の撮影

カーチス XBTC(Model 96)は、第二次世界大戦中に開発された、艦上単座雷撃機の実験機である。XBT2C(Model 98)はXBTの複座型で、エンジンを換装しレーダーを搭載した型である。

設計と開発[編集]

カーチス XBTC-1(Model 96)は、二重反転式プロペラを備えた2,200馬力(1,641kW)のライト R-3350星形エンジンを搭載し、引き込み式主脚を装備した低翼単葉機である。XBTCは1943年アメリカ海軍による次期主力雷撃機として開発され、ダグラスXBT2D-1マーチンXBTM-1、カイザー-フリートウイングXBTK-1と競合した。XBTCの示したそのエンジンパワーと武器の搭載能力から来る第1級の実力とにも関わらず、XBTD-1(後のダグラス A-1 スカイレイダー)とBTM-1(後のマーチン AM モーラー)が選定されたが、すでにXBTCの製造準備は完了していた。2機のBTC-2が完成したが、それぞれ翼の形状は変更されており、「Model A」は標準的な主翼にフラップが装備されており、「Model B」は主翼の後縁と後退角最先端が直線で形成され、二重のフラップ翼を特徴としていた。両試作機とも、3,000馬力(2,237kW)のプラット・アンド・ホイットニーXR-4360-8Aエンジンを搭載、2重反転プロペラを用いていた。

2機の試作機は1946年にメリーランド州パタクセント・リバー海軍航空基地の海軍航空戦センターに引き渡された。1947年2月に1機目が墜落、1947年8月に2機目が墜落し、両型とも失われた。

XBT2C-1(Model 98)[編集]

複座型のXBT2C-1(Model 98)にはプラット・アンド・ホイットニー R-4360エンジンが使用される予定であったが、ライト社のエンジンに関する問題はBTC-2をより小型のR-3350-24星型エンジンを搭載した機体として完成させることとなった。複座にするために兵装の搭載量を減らし、右翼にはレーダーをポッド式に搭載した。

XBT2C-1(Model 98)は1945年3月に完成したが、程なく戦争は終結し、XBT2Cに対して大規模な発注がなされることはなかった。10機の製造計画のうち9機が製造され、この機体がカーチス社がアメリカ海軍へ納入した最後の航空機となった。

スペック[編集]

XBTC-2 "Model B"の三面図
  • 乗員:パイロット 1 名(XBTC)、2名(XBT2C)
  • 全長:11.94 m
  • 全幅:14.5 m
  • 全高:3.68 m
  • 主翼面積:38.65m2
  • 空虚重量:2810 kg
  • 運用時重量:-- kg
  • 最大離陸重量:5,565 kg
  • 動力:ライトR-3350星型エンジン
  • 出力:2,500HP
  • 最大速度:531 km/h
  • 航続距離:2,108km/最大
  • 実用上昇限度:8,015 m
  • 武装:20mm 機関砲×4爆弾: 907kg、もしくは魚雷×1

外部リンク[編集]