ブリティッシュ・エアロスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリティッシュ・エアロスペース BAe 146-300

ブリティッシュ・エアロスペース(英語:British Aerospace, 略称:BAe )はイギリス国内にあった航空機メーカー4社が統合して1977年4月29日に誕生した国有航空宇宙企業である。1999年にはBAEシステムズ (BAE Systems) に組織改編された。

経過[編集]

1977年にイギリス政府は航空宇宙産業の国有化法“Aircraft and Shipbuilding Industries Act”によって誕生したのがブリティッシュ・エアロスペースである。

1981年1月1日に1980年度ブリティッシュ・エアロスペース法 (British Aerospace Act 1980) が公布され、ブリティッシュ・エアロスペース有限公社 (British Aerospace Public Limited Company) へと組織改編された。同年2月にはイギリス政府と従業員が51.57%の株式を持つことが決定した。軍の車両や小銃、弾薬を製造するロイヤル・オードナンス(1987年合併)やローバーランドローバーミニなどのブランドを擁した自動車会社ローバー・グループ(1988年合併)を傘下におさめた。また、1991年にはヘッケラー&コッホを買収した。

統合後も合理化は進められ、1989年には持株会社の元で軍用機部門や民間機部門などに分割された。ローバー・グループは1994年にドイツのBMWに売却された。国際的な航空機業界再編の影響を受け、1999年11月30日にBAEシステムズへと移行した。また独自に航空機を単独で開発することが少なくなり、ヨーロッパのほかのメーカーと共同開発することが多くなっていた。

イギリス航空産業の変革[編集]

製品一覧[編集]

関連項目[編集]