ボンバルディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンバルディア
Bombardier Inc.
Bombardier.svg
種類 株式会社
市場情報
TSX BBD.A
TSX BBD.B
略称 ボンバル
本社所在地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
設立 1942年
業種 輸送用機器
外部リンク http://www.bombardier.com/
テンプレートを表示

ボンバルディアBombardier Inc.)は、カナダケベック州モントリオールを本部とする重工業を主たる業務とするコングロマリット企業。鉄道車両航空機スノーモビル等の車両製造から運行制御システム等の保安設備まで幅広く製造しており、鉄道部門では世界最大の生産設備を保有、飛行機部門では世界第三位。

1937年ジョゼフ=アルマンド・ボンバルディアが、小さな修理工場でスノーモービルを製造・販売することから始まった。

歴史[編集]

1937年に、ジョゼフは「B7」と名付けられた12台のスノーモービルを売り、1942年に、l'Auto-Neige Bombardier Limitée社を設立した。当初のスノーモービルは大型・多目的用途のもので、学校送迎、貨物輸送救急車代わりなどに利用された。

1948年にケベック州政府がによる交通障害を取り除くため、高速道路と一般道路を建設する法律を承認した。それに伴いスノーモービルの売り上げが半減した。それ以降、小型のスノーモービルや全地形対応車(ATV)、船外機などを開発・製造した。

ジョセフは、事業をスノーモービルや多目的車以外に広げることには消極的だったが、彼の死後、1967年に会社は Bombardier Limited に改名、1969年1月23日にボンバルディアはモントリオールとトロント証券取引所に上場して株式を公開した。そして1970年に、鉄道車両に事業を広げていった。

2003年にスノーモービル・多目的車製造部門を売却し、航空宇宙部門と鉄道車両部門に集中している。

航空宇宙部門[編集]

カナディアは国有企業時にカナダ史上最大の損失を計上した。その後の1986年にローラン・ボードウィン(アルマンドの義理の息子)率いる経営陣の下、ボンバルディアはカナディアを買収しボンバルディア・エアロスペースを設立、航空宇宙産業に参入する。1989年にはショート・ブラザーズ1990年リアジェット1992年にはボーイングからデ・ハビランド・カナダを買収し、ボンバルディア・エアロスペースは拡大を続ける。航空宇宙部門はグループの収入の半分を生み出し、ボーイング、エアバスに次いで世界3位の民間航空機製造会社である。

鉄道部門[編集]

1970年にボンバルディアはオーストリアのスノーモービルエンジン・路面電車メーカーである、ローナー・ロータックスを買収し鉄道車両製造業に進出した。この部門は北アメリカヨーロッパにおける「路面電車」または「ライトレール」の復権により、1990年代以降重要になっている。

1974年ボンバルディア・トランスポーテーションが設立され、モントリオール向け地下鉄電車の製造を開始。 さらに1975年モントリオール・ロコモティブ・ワークス (MLW) を買収した。

2001年ダイムラー・クライスラーからドイツアドトランツを買収し機関車製造に進出。

レクリエーショナル車両部門[編集]

2008年現在、ボンバルディアにはレクリエーショナル車両・多目的車両製造部門は存在しない。2003年8月にスノーモービルや多目的車両製造部門を、投資会社とボンバルディア創業家が出資する会社に売却し、BRP(ボンバルディア・レクリエーショナルプロダクツ)がボンバルディア社本体とは別会社で創業からのスノーモービルやATVの開発製造を受け継ぐ。

外部リンク[編集]