ホーカー・シドレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーハリアー FRS.1

ホーカー・シドレー (Hawker Siddeley) はイギリス企業航空機メーカーであるホーカー・エアクラフト社がアームストロング・シドレーとアームストロング・ホイットワースを合併してホーカー・シドレー・エアクラフト (Hawker Siddeley Aircraft) が誕生し、1955年からホーカー・シドレーは企業グループとなった。

ホーカー・シドレーで設計されたホーカー・シドレー ハリアーは、マクドネル・ダグラス社の参入によって発展し続け、ハリアー IIとして現在も運用されている。

歴史[編集]

1933年にホーカー・エンジニアリング (H.G. Hawker Engineering) 社が創立され、翌1934年にはホーカー・エアクラフト社への改名した。1935年にホーカー・エアクラフト社のジョン・ダベンポート・シドレーが、アブロを傘下に置くと同時にエンジンなどを製造するアームストロング・シドレーと航空機メーカーのアームストロング・ホイットワースを買い取り、ホーカー・シドレー・エアクラフト社に社名を変えた。1945年にはヴィクトリー・エアクラフト社をカナダ政府から買い取り、アブロ・カナダの社名で子会社化した。

1955年、ホーカー・シドレーはホーカー・シドレー・グループ (Hawker Siddeley Group) となり、航空機部門はホーカー・シドレー・アビエーションとして知られるようになった。1950年代後半から航空機の契約数減少に伴うイギリス政府の決定で、ホーカー・シドレーは1960年デ・ハビランドブラックバーン・エアクラフトを獲得した。これまで傘下企業は自社の名で自社の製品を製造、販売していたが、印象の一新と売り込みのため1963年からホーカー・シドレー、またはHSの名称を使い始めた。しかし、ホーカー・シドレー・グループは、1977年にイギリス政府によって国営化され、ブリティッシュ・エアロスペース (BAe) となった。BAeは1980年からホーカー・シドレー系列の会社を何社か設立しており、1993年にジェット機の製造ラインをアメリカ合衆国レイセオン社に売却した。ただし、現在ホーカー・シドレーはスイッチギア (HSS, Hawker Siddeley Switchgear) とパワー・トランスフォーマーズ (Hawker Siddeley Power Transformers) の2社のみに名を残している。

製品[編集]

ニムロッド MR.2

関連項目[編集]