アームストロング・ホイットワース AW.681

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AW.681 / HS.681

AW.681の模型

AW.681の模型

アームストロング・ホイットワース AW.681 (Armstrong Whitworth AW.681) は、イギリスホーカー・シドレー社で開発されていた長距離型STOL軍用輸送機である。1965年に開発中止となり、実機は完成していない。ホーカー・シドレー社におけるアームストロング・ホイットワースのブランドによる設計名称は1961年に使用中止となったため、その後はホーカー・シドレー HS.681の名称でも知られる。VTOL能力を付与することも視野において開発されていた。

設計と開発[編集]

NATOのBMR-4仕様および、それに対応するイギリス空軍の作戦要求351(OR351)のC.241に基づき、STOL軍用輸送機の提案が要請された。BAC社の提案を抑えて、ホーカー・シドレー社アームストロング・ホイットワース部門の提案が採択された[1]

機体の特徴は、主翼は肩翼配置で後退角を持っており、尾翼はT字型尾翼である。胴体尾部に貨物ドアがあり、そこから貨物を搬入できる。4基のロールス・ロイス RB.142 メッドウェイ推力偏向エンジンを翼下にポッド式に懸架している。ブラウン・フラップ前縁エルロン境界層制御を行う。メッドウェイ推力偏向エンジンは、本機にSTOL能力を付与できるとされ、その他に推力6,000 lb(26.7 kN)のRB.162-64ターボジェットエンジンを追加するか、または4基のペガサスエンジンに換装することでVTOL能力を獲得することも計画された。このペガサス 5-6エンジン1基の推力は18,000 lbに達すると評価された[2]

計画はイギリス空軍の元で進められたが、1965年1月に中止され、製造されなかった[3]

仕様 (STOL)[編集]

諸元

  • 乗員: 不明
  • 全長: 31.75 m (102 ft 2 in)
  • 全高: 11.53 m (37 ft 10 in)
  • 翼幅: 40.84 m(134 ft)
  • 動力: ロールス・ロイス メドウェイ ターボファン推力変更型、61.3 kN (13,790 lb) × 4

性能

  • 最大速度: (マッハ 0.71 時 7,620 m)
  • 航続距離: (7,725 km)
  • 実用上昇限度: (7,620 m)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Skomer. “United Kingdom Aerospace and Weapons Projects - Operational and Experimental Requirements”. 2009年7月18日閲覧。
  2. ^ Pegasus engine variants”. Harrier.org.uk. 2009年7月18日閲覧。
  3. ^ Taylor, John W.R. (1990). The Lore of Flight. London: Universal Books. pp. p.348. ISBN 0-9509620-15. 

外部リンク[編集]