アームストロング・シドレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サファイア(1958年)

アームストロング・シドレーArmstrong Siddeley )とは、20世紀前半に操業されていたイギリスの工業企業グループ。1919年に創業され、高級自動車と航空用エンジンの製造で最も有名である。

歴史[編集]

アームストロング・シドレーの歴史は、1902年にJ・D・シドレー(John Davenport Siddeley 、1866-1953年)によって創業が始められたシドレー・オートカーズ(Siddeley Autocars )までさかのぼる。第一次世界大戦ではトラック、指揮車や救急車を生産し、1915年に航空機とその航空エンジンの製造を同時に開始した。

1919年にアームストロング・ホイットワースに買収され、子会社化された。その時に社名はアームストロング・シドレー・モーターカーズに変更された。1927年には重工業事業をヴィッカースと合併させ、ヴィッカース・アームストロングが設立された。この時、J・D・シドレーはアームストロング・シドレーとアームストロング・ホイットワース・エアクラフトを手元に置き、アームストロング・シドレーは高級自動車と航空用エンジンの開発と生産を行った。

イギリス国内の航空関係メーカーの統合化の流れで、アームストロング・シドレーはブリストル・エアロ・エンジンズ (Bristol Aero Engines) と合併してブリストル・シドレーとなった。しかし1966年にはロールス・ロイス plcに吸収され、アームストロング・シドレーの社名は消滅した。

製造品目[編集]

自動車[編集]

12HP(1936年)
16HP(1939年)
ハリケーン・ドロップヘッドクーペ(1946年)

一覧[編集]

車種名 エンジン 生産開始年 生産終了年 生産台数
サーティ 多数 4960 cc 1919 1931 2770
エイティーン 多数 2400 cc 1921 1925 2500 18/50を含む
18/50 または 18 Mk.II 多数 2872 cc 1925 1926 2500 エイティーンを含む
フォー-フォーティーン 多数 1852 cc 1923 1929 13,365
トゥウェンティー ショートとロングシャーシ 2872 cc 1926 1936 8847
フィフティーン ツアラー、サルーン 1900 cc 1921 1925 7203 15/6を含む
トゥウェルブ ツアラー、サルーン、スポーツ 1236 (1931年からは1434 cc) 1929 1937 12500
15/6 ツアラー、サルーン、スポーツ 1900 cc (1933からは2169 cc) 1928 1934 7206 フィフティーンを含む
シドレー スペシャル ツアラー、サルーン、リムジン 4960 cc 1933 1937 253
ショート 17 クーペ、サルーン、スポーツサルーン 2394 cc 1935 1938 4260 ロング 17を含む
ロング 17 サルーン、ツアラー、アトランタスポーツサルーン、リムジン、ランドオーレット 2394 cc 1935 1939 4260 ショート 17を含む
12 プラス & 14 サルーン、ツアラー 1666 cc 1936 1939 3750
20/25 サルーン、ツアラー、アトランタスポーツサルーン、リムジン、ランドオーレット 3670 cc 1936 1940 884
16 サルーン、スポーツサルーン 1991 cc 1938 1941 950
ランカスター 16 4ドア サルーン 1991 cc 1945 1952 12470 ハリケーン、ホイットレー、タイフーンとテンペストを含む
ランカスター 18 4ドア サルーン 2309 cc 1945 1952 12470 ハリケーン、ホイットレー、タイフーンとテンペストを含む
ハリケーン 16 オープンカー 1991 cc 1945 1953 12470 ランカスター、ホイットレー、タイフーンとテンペストを含む
ハリケーン 18 オープンカー 2309 cc 1945 1953 12470 ランカスター、ホイットレー、タイフーンとテンペストを含む
タイフーン ハードトップ 1991 cc 1946 1949 12470 ランカスター、ホイットレーとテンペストを含む
テンペスト クーペ 1991 cc 1946 1949 12470 ランカスター、ホイットレーとタイフーンを含む
Whitley 18 多数 2309 cc 1946 1949 12470 ランカスター、ハリケーンとタイフーンとテンペストを含む
サファイア 346 4ドア サルーンとリムジン 3435 cc 1952 1958 7697
サファイア 234 4ドア サルーン 2290 cc 1955 1958 803
サファイア 236 4ドア サルーン 2309 cc 1955 1957 603
スター サファイア サルーンとリムジン 3990 cc 1958 1960 980
スター サファイア Mk II サルーンとリムジン 3990 cc 1960 1960 1

航空機エンジン[編集]

アブロ 618 テンサザン クラウドに搭載されたアームストロング・シドレー リンクス 7 気筒星型エンジン
サファイア ターボジェットエンジン

1920年代から30年代にかけてアームストロング・シドレーは低出力から中出力の航空用星型エンジンを製造した。それらの名称は全てネコ科の動物に由来した。同様に超軽量飛行機用の小型の2気筒のユキヒョウを意味するOunceも製造した。1939年からはロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメントアラン・アーノルド・グリフィスによって先駆的な設計のガスタービンエンジンの開発作業を始めた。"ASX"として知られる"Armstrong Siddeley eXperimental"は原型は純粋なターボジェットで後にプロペラを追加されて"ASP"になった。この時以降アームストロング・シドレーのタービンエンジンは蛇に由来する名称になった。アームストロング・シドレー マンバアームストロング・シドレー ダブルマンバターボプロップエンジンで後に複雑な配管で並列にマンバを共通のギアボックスを介して駆動してフェアリー ガネットに搭載された。アームストロング・シドレー パイソンターボプロップはウェストランド ワイバーン攻撃機の動力である。さらにマンバから変速機を取り外して開発されたのがアームストロング・シドレー アダーターボジェットである。 同様にロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメントのエンジンの先駆者はメトロヴィック F.2の設計で知られるメトロポリタン=ヴィッカースだった。このエンジンは量産されず、メトロヴィックはより大型の設計であるBerylや更に大型のアームストロング・シドレー サファイア に転向した。アームストロングシドレーは後にサファイアの設計を引き継ぎ最も成功した第二世代のジェットエンジンの一つに育て、より有名なロールス・ロイス エイヴォンと競合した。会社は元々はGAF ジンディビック標的機用として開発されたアームストロング・シドレー ヴァイパーを開発するようになった。この計画はブリストル・シドレーによってさらに開発され、さらに後にロールスロイスによって長年にわたり多数が販売された。スナーラーステンターを含むロケットエンジンも同様に開発された。ロケットの開発はブリストルで完成してブリストル・シドレーはイギリスにおけるミサイルのエンジンの主導的な生産業者になった。1966年にブリストル・シドレーもロールス・ロイスの傘下に入ることになる。

航空機用とロケットエンジン
種類
アームストロング・シドレー チーター 星型
アームストロング・シドレー シビット 7気筒星型
アームストロング・シドレー クーガー 1945 星型
アームストロング・シドレー ディアハウンド 1935 21気筒 3連星型
アームストロング・シドレー ジネット
アームストロング・シドレー ジネット メジャー 1928 星型
アームストロング・シドレー ハイナ 15気筒 3連星型
アームストロング・シドレー ジャガー
アームストロング・シドレー レパード
アームストロング・シドレー リンクス 1920 星型
アームストロング・シドレー マングース
アームストロング・シドレー オウンス 1920 対向式2気筒
アームストロング・シドレー パンサー
アームストロング・シドレー サーヴァル
アームストロング・シドレー タイガー
アームストロング・シドレー ASP ターボジェット
アームストロング・シドレー ダブルマンバ 2基のマンバをギアボックスで連結
アームストロング・シドレー マンバ ターボプロップ
アームストロング・シドレー パイソン ターボプロップ
アームストロング・シドレー ASX ターボジェット
アームストロング・シドレー サファイア 1948 ターボジェット
アームストロング・シドレー アダー 1948 ターボジェット
アームストロング・シドレー ヴァイパー
アームストロング・シドレー スナーラー ロケット
アームストロング・シドレー ステンター ロケット
アームストロング・シドレー ベータ ロケット

ラインナップ[編集]

外部リンク[編集]