アームストロング・シドレー マンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンブラ城のアームストロング&航空博物館のASM.3エンジン

アームストロング・シドレー マンバ(Armstrong Siddeley Mamba)は、英国アームストロング・シドレー社が1940年代から1950年代にかけて製造した1,500 有効馬力 (effective horsepower、1,100 kW)を発生するターボプロップエンジンである。

設計と開発[編集]

アポロ旅客機に搭載されたマンバとプロペラ

マンバは、10段軸流式圧縮機、6個の燃焼室と2段タービンを持つ小型エンジン[1]である。プロペラスピナーの中には遊星歯車式減速ギアが内蔵されており、エンジンの始動にはカートリッジが使用された。社内での呼称はASM(Armstrong Siddeley Mamba)といい、ASM.3は1,475 ehp、ASM.6は1,770 ehpを発生した。

1948年に500時間のテストが実施され[1]、マンバはダグラス DC-3 ダコタに装着された最初のターボプロップエンジンになった。1949年にダコタ機のテストベッドはエンジンを2基共マンバに換装された。

マンバは開発されてダブル・マンバとなり、このエンジンは英海軍フェアリー ガネット 対潜哨戒機に搭載された。このエンジンは実質的に2基のマンバを並列に配し、共通のギヤボックスを介して2重反転プロペラを駆動した。減速ギヤボックスを外したマンバのターボジェットエンジン版がアームストロング・シドレー アダーとして開発された[2]

派生型と搭載機[編集]

展示中のエンジン[編集]

アームストロング・シドレー マンバは、ウォリックシャーコヴェントリー空港にあるミッドランド航空博物館コスフォード空軍博物館に展示されている。

要目[編集]

(ASM.3) Flight誌より[3]

  • タイプ:ターボプロップエンジン
  • 全長:2217.4 mm (87.3 in)
  • 直径:737 mm (29 in)
  • 乾燥重量:354 kg (780 lb)
  • 圧縮機:軸流式10段
  • 燃焼室:6 室
  • タービン:2段
  • 最大推力:4,610 kg (10,163 lb)
  • 最大推力:1,320 shp プラス 推力405 lb (1,475 eshp)
  • 最終圧縮比:5.35:1
  • 燃料賞比量:0.8 lb/時間/eshp
  • 推力重量比:1.9 eshp/lb

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Aero Engine Information”. RAF Museum. 2008年6月6日閲覧。
  2. ^ Gunston 1989, p.20.
  3. ^ Flight Global Archive - 1954 www.flightglobal.com. Retrieved: 4 November 2008

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9

外部リンク[編集]