ブラックバーン・エアクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラックバーン・エアクラフト (Blackburn Aircraft Limited) は、イギリス航空機メーカー。海軍向けに製造した航空機の納入実績がある。

社史[編集]

1908年にロバート・ブラックバーン (Robert Blackburn) はモノプレーン (First Monoplane) を製作した。これをきっかけにブラックバーン・エアロプレーン・アンド・モーター (Blackburn Aeroplane & Motor Company) が1914年に創設され、イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのブラフに工場が建設された。1937年に買収したシーラス・エンジン (Cirrus Engine) の獲得を通して航空機用エンジンの製造を始め、1939年に社名はブラックバーン・エアクラフトへ改められた。そして、1949年にはジェネラル・エアクラフト (General Aircraft Limited) と合併し、社名はブラックバーン・アンド・ジェネラル・エアクラフト (Blackburn and General Aircraft Limited) となったが、1958年までブラックバーン・エアクラフトの名が使われた。

イギリス航空産業改編の流れを受け、ブラックバーンはホーカー・シドレーに買収された。ホーカー・シドレーが子会社名の使用を中止した1963年までブラックバーンの名前が使用された。

製造した航空機[編集]

関連項目[編集]