レイセオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイセオン・カンパニー
Raytheon Company
Raytheon.svg
略称 レイセオン社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州 ウォルサム
設立 1925年
業種 軍需産業
事業内容 軍用機器、電気機器
従業員数 約7万名
テンプレートを表示
レイセオン本社(マサチューセッツ州ウォルサム

レイセオン英語:Raytheon Company、NYSE:RTN)とはアメリカ合衆国の軍需製品メーカーである。本社をマサチューセッツ州ウォルサムに位置する世界第1位のミサイルメーカーで、年2兆円超の売上のほとんどは軍やアメリカ合衆国政府向けの製品であり、従業員数7万人強のうち4万人近くが技術者である。

歴史[編集]

1922年ローレンス・K・マーシャルヴァンネヴァー・ブッシュチャールズ・G・スミスマサチューセッツ州ケンブリッジAmerican Appliance Companyとして創業する。最初の製品は「レイセオン」という名称の整流器で、1925年に「レイセオン」へ社名変更する。RaytheonのRayは古代フランス語のraiで「光のビーム」、theonはギリシャ語で「神々より」の意である。

第二次世界大戦中、レイセオンは英国のマグネトロン技術を基にしてマイクロ波レーダーの共同開発に着手し、マグネトロン・チューブの大量生産に成功により連合軍の勝利に貢献した。1945年パーシー・スペンサーマグネトロンは調理に使用できることを偶然の事故で発見し電子レンジ開発のきっかけになる。電子レンジは白物家電子会社のAmana社で生産されていたがレイセオンはエアコンメーカーのGoodmanにAmana社を売却、電子レンジを含め「白物家電」から撤退している。

1948年、誘導ミサイルを開発する。

1980年ビーチクラフト機の「ビーチ・エアクラフト・コーポレーション」社を傘下に収める。

1991年湾岸戦争パトリオットミサイルの映像が流れ知名度が上がる。

1993年8月、ブリティッシュエアロスペース(BAe)から中型機ホーカー・ジェット機の製品ラインを買収し、「レイセオン・コーポレート・ジェッツ」とする。1994年9月、「ビーチ・エアクラフト・コーポレーション」と「レイセオン・コーポレート・ジェッツ」は合併し、子会社「レイセオン・エアクラフト・カンパニー」になる。

1995-1997年、E-Systems社、Anschuetz社、Chrysler Technologies社、テキサス・インスツルメンツ社防衛部門、ヒューズ・エアクラフト(Hughes Aircraft)社を買収する。

2007年3月26日ビーチクラフト及びホーカーシリーズの民間航空機部門をゴールドマン・サックスGSキャピタルパートナーズおよびオネックスパートナーズへ33億ドルで売却する。

主な製品[編集]

ミサイル防衛、情報・監視偵察、精密攻撃、そして本土防衛関連の数多くの軍・政府系ミッションを手がけその多くは軍事機密である。主力製品はミサイルのほかに戦闘システム(BCS)、電子戦システム、海上統合システム統合空中システム指揮統制システム、ネットセンサー、無人機/地上システム、宇宙戦略システム、各種ソナー、指向性エネルギー兵器、ナノエレクトロニクス、フリア合成開口レーダー、連邦政府ITソリューション、地理空間システム、DCGS、NPOESSなどがあり顧客はロスアラモス研究所、陸軍研究所など。近年では軍向けのパワードスーツも開発している。

ミサイル
レーダー等

外部リンク[編集]