F/A-18 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F/A-18 ホーネット

US Navy 030411-N-0780F-271 An F-A-18 Hornet strike fighter assigned to the ^ldquo,Bulls^rdquo, of Strike Fighter Squadron Three Seven (VFA-37) embarked aboard USS Harry S. Truman (CVN 75).jpg

F/A-18は、アメリカ合衆国マクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機アメリカの軍用機命名規則ハイフン以外の記号の使用を禁じており、正式にはFA-18である。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。

スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。

開発の経緯[編集]

開発前史[編集]

F/A-18の開発は、そもそもノースロップ社が社内開発していたP-530 コブラにまで遡ることができる。アメリカ空軍のLWF(Light Weight Fighter)計画に際してP-530を基にYF-17を開発し、更にF/A-18へと改良していった。P-530はノースロップ社内のF-5発展型の研究成果であり、F-5も社内プロジェクトのN-156計画から派生した航空機である。

F-16との競争試作[編集]

開発機になったYF-17試作戦闘機

アメリカ空軍は、新型戦闘機研究のLWF(軽量戦闘機)計画で、ジェネラル・ダイナミクスのYF-16とノースロップのYF-17の競争試作を行った。さらにF-15が極めて高価になり、前任機たるF-4を全て更新できなかった事から、これを実用機として発展させたACF(空戦戦闘機)計画でYF-16の実用化を決定し、F-16とした。

同時期にアメリカ海軍でも装備を開始したF-14は、艦隊防空に特化した戦闘機であり、また、価格が極めて高価になり、空軍同様に前任機たるF-4の更新ができなかった。さらに、アメリカ海兵隊においてF-4を更新する戦闘機が必要になった。また、攻撃機A-7の後継機を必要とした事から、制空戦闘と対地攻撃の両能力を持つ艦上戦闘機を求めていた。

海軍は当初、VFAX(新戦闘/攻撃機)計画として新規開発を検討していたが、議会からの強い意向により、1974年8月にNACF(海軍航空戦闘機)計画として、ACF計画の候補機を採用する事として具体化した。議会は経費削減の観点から、空軍と同様にF-16の採用を期待したが、評価の結果、海軍はYF-17を採用して発展させ、F/A-18を採用した。

空軍はF-15の数を補うハイ・ロー・ミックスの観点から、F-15と同系のエンジンを単発装備したローコストなF-16を採用した。しかし、海軍は、海上でのエンジン異常が致命的であることから多発機が有利と判断。また、艦隊防空の専任機であるF-14に対して汎用機を求めていた事(海兵隊においては主力機となる)から、価格面ではより高価ながら、双発で電子機器などを積む余裕のある大型の機体という理由でYF-17を採用している。

開発メーカーの変更・大型化[編集]

アメリカ海軍は、YF-17艦載機へ改造するための契約を、YF-17開発元のノースロップ社ではなく、マクドネル・ダグラス社と交わした。アメリカ海軍はその理由を、ノースロップ社には艦上機開発実績が無いためとしていた。この際、マクドネル・ダグラス社の管轄が艦上機のみとする契約であったにもかかわらず、同社が地上機用途に対しても海外セールスを行なったことから訴訟問題となった。マクドネル・ダグラス社のボーイング社への吸収合併以降、F/A-18はボーイングのブランドとなっている。

YF-17は研究用の陸上機だったため、海軍の要求を満たすべく、艦載機化のためのアレスティング・フックの装備と主脚や胴体構造の強化、搭載能力強化のためのストレーキの大型化を含む翼面積の20%増大やエンジンの換装強化、全天候運用のAN/APG-65 FCSの装備など、機体の大幅な変更が実施された。

試作機は1978年11月18日に初飛行を行ったが、その時点で軽攻撃機であったA-7Eよりも爆弾搭載量が更に少なかったため、追加の改良が進められた。

名称の変更[編集]

当初F/A-18は、F-4を更新してF-14を補佐する対空戦闘用のF-18と、A-7を更新する対地攻撃用のA-18という2つの名称になる予定だった。しかしその後、統合されてF/A-18という特殊な名前となった。

本機のように就役当初から複数の使用名称を持つ航空機は珍しい部類にある。著名機では本機とスウェーデン製のJAS39位である(かつてはF-22F/A-22と名称変更された時期があった)。

特徴[編集]

US Navy 100216-N-4236E-325 Cmdr. Thomas Bush, commanding officer of Strike Fighter Squadron (VFA) 131, executes a high-speed fly-by in an F-A-18C Hornet.jpg

本機の外見上の特徴は、エリアルールを適用して主翼と水平尾翼の間に配置された垂直尾翼と、直線翼に近い後退角の小さな主翼と大きなストレーキとの組み合わせである。原型機といえるP-530も大きなストレーキを有しており、P-530の愛称「コブラ」は、ストレーキをコブラの鎌首の左右への広がりに見立ててのものだった。

F-5の経験を踏襲したこの主翼設計は、高翼面荷重でありながらも中低速域での機動性と離着陸性能に優れた特性を持つものである。これらの利点は、離着陸性能をより重視する海軍に本機が採用された一因となっている。その一方、遷音速域から超音速域での性能や加速性は良いものではない。これらの欠点はアメリカ空軍の空戦戦闘機計画におけるYF-17不採用の理由ともなっている。

本機の最高速度はマッハ1級に留まっている。これは、軽戦闘機による空戦において大量の燃料消費を要するマッハ2の速度域での戦闘は実際には起きないというLWF計画の時期からの想定の下、軽量単純な固定式エアインテークが採用されたためである。

複合材料の使用率は10%で、同時代機のF-15の1.2%、F-16の4%と比べ際立って大きい。また、チタンの使用率も8%で、F-15の25.8%にはおよばないが、F-16の2%よりも大きい。価格低減を重視したF-16に対して、性能をより重視した設計となっている。

火器管制装置APG-65は、8目標を同時追尾する能力を持っており、F-14の24目標にはおよばないものの、F-15/F-16には無い能力を備えている[1]

操縦装置にはフライ・バイ・ワイヤを採用しているが、バックアップとして機械的リンケージ機構を持つ疑似フライ・バイ・ワイヤであり[2]CCV設計は採用されていない。また、主翼の前縁には前縁フラップ、後縁には内側にフラップ、外側にドループ・エルロンが装備されており、機体設計に関してはF-16よりも保守的である。元のP-530計画は1966年にはじまっており、F-16よりも一世代古い設計である。

派生型[編集]

F/A-18A/B[編集]

F/A-18A

1979年より生産された初期型。B型は複座型で当初はTF-18の名称だった。

1980年から海軍に先立ち海兵隊F-4の更新のための配備が開始された。これは、F-14の価格の高騰を受けて当初海兵隊の予定していたF-4からF-14へ更新を断念させる代わりに、F/A-18を優先して割り当てるという政治決着によるものである。そのため海軍においては、F-4B/F-4Jを近代改修し、F-4N/F-4Sとして使用し続けた。なお、生産途中より垂直尾翼内側の付け根部分にL字型の補強用ブラケットが装着されている。この改良は、既存の機体にも施されている。

F/A-18C/DやE/Fの登場により、現在は生産は終了している。

CF-18A/B
カナダ空軍向け機体。カナダ軍における名称はCF-188A/B。138機製造。
AF-18A/B
オーストラリア空軍向け機体。75機製造。
空中給油を受けるスペイン空軍のEF-18A
EF-18A/B
スペイン空軍向け機体。スペインでの名称はC.15およびCE.15。72機製造。


F/A-18(R)
機関砲を撤去し、カメラを搭載した偵察機型。
F/A-18A+
A型を後述のC型に準じた規格に改修したもの。ライトニングATFLIR英語版を搭載可能とした他、背部にGPSアンテナを追加し、EGI統合航法システムを装備している。
海兵隊の機体はレーダーAN/APG-73に変更し、AN/APQ-111 IFFを搭載した。概観上の差異としては機首に5枚のIFF用アンテナが付いたことがあげられる。また、その内46機については2009年に改修を受けており、チャフフレアディスペンサーがAN/ALE-47英語版に換装されたほか、リンク 16への対応やJHMCSおよびAIM-9Xの運用能力を獲得している。海兵隊ではこの機体を2020年までの運用を可能としている。なお、この海兵隊仕様はF/A-18A++とも呼ばれる。
F-18 HARV
F/A-18AをベースとしたHARV高迎え角研究機(High Alpha Research Vehicle)実験用の機体。
X-53
F/A-18Aをベースとした能動空力弾性翼(Active Aeroelastic Wing, AAW)実験用の機体。

F/A-18C/D[編集]

F/A-18C
爆弾を投下するF/A-18D

1986年度会計で導入された機体から単座型はAからC、複座型はBからDへとアップグレードされた。F/A-18Cの初飛行は1987年9月3日。当初生産されたC/Dと在来型の相違点はコックピット後方の電子戦システムアンテナだけだった。ビューローナンバー161353以降の機体からストレーキ上部にLEXフェンスを追加している。この改修はそれ以前の機体に対しても行われている。ビューローナンバー163985から夜間攻撃能力を強化したC[N]/D[N]となっている。

ビューローナンバー164693以降の機体では新型の射出座席の搭載や燃料を消費状況に応じて移送し機体重心を安定する機能を装備した。

ブロック36以降のD型の一部はATARS(新型戦術機上偵察システム)搭載可能となっている。後に夜間攻撃型も開発され1988年5月6日に夜間攻撃型のF/A-18Dが初飛行している。GPS、新型IFF、AN/AVQ-28 ラスター・スキャン型HUD、AN/AAR-50TINS、カラー多機能表示ディスプレイ、カラー・デジタル自動移動地図などのシステムが装備されている。暗視ゴーグルの利用も可能となった。また、レーダー目標指示/距離測定システムを持つ前方監視赤外線ポッド英語版も装備され始め、レーダー誘導爆弾の投下能力、各兵器の精密誘導投下が可能となった。くわえて、電波吸収体の使用によりRCSが低減した。

従来、複座型であるF/A-18B/Dは訓練用として使用されていたが、新型のF/A-18DはA-6Eの後継機として実戦部隊での攻撃任務のために配備されている。

2000年8月アメリカ海兵隊に引き渡されたF/A-18Dを最後に生産を終了している。

KAF-18C/D
クウェート空軍向け機体の非公式名称。40機製造。


F/A-18E/F[編集]

1999年より配備された大型化し全面再設計されたもの。愛称はスーパーホーネット。

EA-18G[編集]

かつて運用していたEA-6B電子戦機の後継機として運用中の機体。専任の電子戦要員を必要とするため複座のF/A-18Fをベース機としている。

F-18L[編集]

F/A-18が海軍機として製作され、マクドネル・ダグラスが主契約者だったのに対して、ノースロップが主契約となる輸出用として開発した機体。海軍仕様の降着装置の簡素化や主翼折りたたみ装置の撤去、翼下パイロンの増設や簡略化した電子機器を搭載するなどYF-17とF/A-18を足して2で割ったような機体となっている。

カタログデータ上はF/A-18やF-16よりも高性能の機体ながらモックアップのみの段階のまま受注がなく、試作機すら製作されずに終わった。モックアップにはF/A-18Lと書かれていた。

なお、「マクドネル・ダグラスが、F/A-18を海外セールスに出したのは契約違反である」として訴訟を起こし結論まで6年かかった上に、訴訟費用を要求予算の中に含むという行為を両社がおこなっている。この訴訟中もF/A-18の製作に支障はなかったという。

システム[編集]

F/A-18Aのコクピット

電子化が進んでおり、操縦時間よりコンピュータの操作時間の方が長いと言われる。離艦時はコンピュータで自動制御するため、パイロット操縦桿から完全に右手を離してキャノピー枠の取っ手を掴んで離艦する。風速の条件次第では自動着艦も可能だが、操縦技量維持のために通常は手動着艦が多い。これらの自動化は安全性の向上に大きく寄与している。

F/A-18E/FではJHMCSに対応しており、レーダーシステムと連動しているヘルメット(価格は約10万ドル)を装着してAIM-9Xなどの視界外追跡能力(HOBS=High-Off-Bore-Sight)による機体搭載時のミサイルの追尾可能範囲外の目標への発射を可能としている。

実戦経験[編集]

B-2と編隊飛行を行うF/A-18

F/A-18は、これまで多くの戦争紛争に派遣されているが湾岸戦争イラク戦争が特に著名な活動といえる。

湾岸戦争ではアメリカ海軍アメリカ海兵隊のF/A-18A、F/A-18C、F/A-18Dが活躍した。前方監視赤外線システムとレーザー照準装置などによって正確に探知した目標に対して電子光学誘導(TV誘導)兵器による攻撃を行った。アメリカ海軍やアメリカ海兵隊のF/A-18は主に艦上から発進したが、任務の大半は地上目標への攻撃だった。また、多国籍軍によっても使用された。

また、コソボ紛争ではアライド・フォース作戦に参加し、B-52戦略爆撃機の護衛などにあたった。

性能・主要諸元[編集]

McDONNELL DOUGLAS F-A-18 HORNET.png
  • 乗員
    • A/C:1名
    • B/D:2名
  • 全長
    • 17.07m
  • 全幅
    • 11.43m
  • 全高
    • 4.66m
  • 翼面積:37.2m²
  • 空虚重量
    • A/B:12,973kg
    • C/D:10,810kg
  • 最大離陸重量
    • A/B:21,888kg
    • C/D:23,542kg
  • エンジン
  • 推力
    • A/B:7,258kgf×2
    • C/D:8,145kgf×2
  • 最大速度
    • A/B:M1.7+
    • C/D:M1.8
  • 航続距離
    • 3,700km(フェリー)
    • C/D:戦闘行動時 290海里(約537km)
  • 実用上昇限度
    • C/D:15,240m

兵装[編集]

固定武装
各種ミサイル
空対空ミサイル
空対地ミサイル
空対艦ミサイル
対レーダーミサイル
対地爆弾

など


電子戦装備
型式 搭載位置 補足説明
レーダー警報受信機
AN/ALR-50 内部 F/A-18A/Bに搭載
AN/ALR-67ドイツ語版 内部 F/A-18C/Dに搭載
ミサイル警報装置
AN/AAR-38 内部 F/A-18A-Fに搭載
AN/AAR-57ドイツ語版 内部
チャフフレアディスペンサー
AN/ALE-39ドイツ語版 内部 F/A-18A-Dに搭載
AN/ALE-40ドイツ語版 内部
AN/ALE-47英語版 内部 F/A-18C-Fに搭載
ジャミング装置
AN/ALQ-126Bドイツ語版 内部 F/A-18A-Dに搭載
AN/ALQ-184ドイツ語版 外部
AN/ALQ-162ドイツ語版 内部
AN/ALQ-167ドイツ語版 外部 F/A-18A-Dに搭載

採用国[編集]

F/A-18の採用国

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

オーストラリアの旗 オーストラリア

カナダの旗 カナダ

フィンランドの旗 フィンランド

クウェートの旗 クウェート

マレーシアの旗 マレーシア

スイスの旗 スイス

スペインの旗 スペイン

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後にF-15/F-16はレーダーの改良によりこの機能が実装された
  2. ^ 最強 世界の軍用機図鑑 2013年 学研パブリッシング 59頁
  3. ^ スイス空軍の機体は当初爆撃能力を持っていなかった(後で追加)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]