IRIS-T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IRIS-T
タイフーンに搭載されるIRIS-Tの模擬弾(2005年撮影)。
種類 短距離空対空ミサイル
製造国 ドイツの旗 ドイツ
スウェーデンの旗 スウェーデン
イタリアの旗 イタリア
性能諸元
ミサイル直径 127 mm
ミサイル全長 2.94 m
ミサイル全幅 45 cm
ミサイル重量 87.4 kg
弾頭 HE破片効果
射程 25km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 中間慣性誘導(INS)
赤外線画像(IIR)
飛翔速度 マッハ 3
テンプレートを表示

IRIS-T(アイリスティー)は、ドイツBGT社・スウェーデンSAAB社・イタリアアレニア社によって開発された短距離空対空ミサイルサイドワインダーの第3世代機の後継として開発された。

なお、IRIS-Tとは、赤外線画像システム・尾部制御(Infra Red Imaging System Tail/Thrust Vector-Controlled)のアクロニムである。

経緯[編集]

1980年代の時点で西ドイツイギリスAIM-132 ASRAAM開発のパートナーであった。しかし、ドイツ再統一後、過小評価していたAA-11 アーチャー(R-73)の多量な備蓄から顕著な能力を確認した。特に探索・捕捉(シーカー)、追跡能力などはるかに能力があり、機動性もより優れていることが判明した。これらの事実はドイツにASRAAMにおける機動性の欠如した一定軌道の推力など一部の設計に疑問をもたせた。その結果、イギリスと協定を結ぶことが出来ず、1990年にドイツはASRAAM計画から降りた。

ドイツのBGT(de:Diehl_Defence)社は自社開発したミサイルがサイドワインダーに敗れたため、各種サイドワインダーのライセンス生産を行ってきた。AA-11の対抗としてサイドワインダーを赤外線画像シーカーへ換装したIRISを提案したが、ドイツ空軍はこれを承諾しなかった。そのためBGTは独自でIRIS-Tを計画し、1995年6月に承諾された。

同年、ドイツはギリシャイタリアノルウェースウェーデンカナダと協力してIRIS-Tの開発計画を発表した。なお、後にカナダは計画から脱退したが、2003年スペインがプロジェクトに加わった。2005年12月5日に最初のIRIS-Tがドイツ空軍に引き渡された。

IRIS-T開発のワークシェア協定
ドイツの旗 ドイツ: 46%
イタリアの旗 イタリア: 19%
スウェーデンの旗 スウェーデン: 18%
ギリシャの旗 ギリシャ: 13%
残りはカナダ、ノルウェーの両国間で分割した。

特徴[編集]

IRIS-T構造図
シーカー部の挙動。
IRIS-Tの交戦可能域。

上記のとおり、本ミサイルの開発はASRAAMから派生していることもあり、技術的には、同ミサイルや、同様の経緯で開発されたアメリカのAIM-9Xとの類似点が多い。

前任者である第3世代サイドワインダーと比べての主な差異は、名称のとおり、

赤外線画像システム
赤外線画像(IIR)誘導方式を導入。ただし、128×128ピクセルのフォーカル・プレーン・アレー(FPA)方式を採用した上記の2機種と異なり、128ピクセルの線型アレイ方式を採用している。
尾部制御
制御翼を後部に移動するとともに、推力偏向制御(TVC)を導入

の2点である。前者は誘導精度の増強と赤外線妨害技術への抗堪性向上(IRCCM能力の増強)、後者は機動性の向上をもたらした。

またこのほか、オフボアサイト射撃能力の強化も重要である。IIR誘導システムのシーカーは90度の視野角があり、このため、尾部制御化による機動性向上とも相まって、従来通りの発射前ロックオン(LOBL)方式で運用した場合も、在来機よりも交戦可能域は拡張されている。中間慣性誘導(INS)方式の導入によって発射後ロックオン(LOAL)能力も獲得しており、LOAL方式で発射した場合、機体側に装備されたヘッドマウントディスプレイ(HMD)による照準システムと併用することで、交戦可能域はさらに拡張することができる。

また、サイドワインダーを搭載、使用できる航空機は大きな改造を行うことなくIRIS-Tも搭載、使用できる。

運用[編集]

2011年までに4,000発が生産される計画である。

運用国と搭載機

ドイツの旗 ドイツ

ユーロファイター タイフーン

ギリシャの旗 ギリシャ

F-16

オーストリアの旗 オーストリア

スウェーデンの旗 スウェーデン

JAS39 グリペン

ノルウェーの旗 ノルウェー

F-16

イタリアの旗 イタリア

ユーロファイター タイフーン

ベルギーの旗 ベルギー

オランダの旗 オランダ

スペインの旗 スペイン

EF-18A/B、ユーロファイター タイフーン

サウジアラビアの旗 サウジアラビア

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国


派生型[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]