Mk 84 (爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.84 汎用爆弾
Mk-84 xxl.jpg
Mk.84 GP爆弾
種類 低抵抗汎用爆弾
原開発国 アメリカ合衆国
値段 $3,100[1]
諸元
重量 925kg
全長 3,280mm
弾体直径 458mm

弾頭 トリトナール、マイノールまたはコンポジションH6
炸薬量 429kg

Mk.84(Mark 84、マーク84)もしくはBLU-117[2]は、アメリカ合衆国無誘導爆弾である。重量2,000ポンド(907.2kg)クラスのこの爆弾は、Mk.80 シリーズの兵器の中で最も広く用いられている。

概要[編集]

ベトナム戦争中に配備されたこの兵器は、Mk.80 シリーズで最も多くの高性能爆薬を積んでいる事から、一般的に投下されている大型無誘導爆弾である。その後、重量6,803.9kgのBLU-82「デイジーカッター」が配備されると重量では第二となり、現代では重量10,251.2kgのGBU-43/B MOABが配備され、第三となった。湾岸戦争中のイラクで飛行したF-117 ナイトホークの搭乗者達は、本爆弾の相当な破壊力と爆風半径により[3]、この爆弾を「ハンマー」と渾名した[3]。この際には、弾体にGBU-27 ペイブウェイIII キットが装着され、F-117専用として使われていた。

開発と運用[編集]

Mk.84爆弾の名目上の重量は907.2kg(2,000ポンド)とされるが、実質的な重量は、尾部や信管オプション、また、投下時に落下速度を遅める装置によって894.5-944.8kgと多様である。この爆弾は、流線型の製弾体にトリトナール高性能爆薬を428.6kg充填している[1]

Mk.84爆弾は、幅15.2m、深さ11.0mのクレーターを作る能力を持つ。本爆弾は、投下時の高度に依存するものの、381mm厚の金属板、または3.4m厚のコンクリートを貫通できる。また、致死的な破片を発生させ、その危害半径は365.8mである[3]

安定性の付与と投下時の減速装置を装着するため、多数のMk.84爆弾が改造された。これは、精密誘導能力を与えるためだった。こうした爆弾は、多様な精密誘導兵器の弾頭として働いた。そうしたものの中には、GBU-10/GBU-24/GBU-27 ペイブウェイレーザー誘導爆弾や、GBU-15en) 電子光学誘導爆弾、GBU-31 JDAM、また、クイックストライク機雷が含まれる[4]

アメリカ海軍では、USS「フォレスタル」の火災事故の際の脆弱性から、WSESRB(兵器システム爆発物安全評価委員会)が組織された。この機関が実行した試験の報告によれば、Mk.84爆弾のコックオフに要する時間はおよそ8分40秒である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Mk84 General Purpose Bomb”. Federation of American Scientists (2000年4月23日). 2010年9月1日閲覧。
  2. ^ Fiscal Year 2011 Budget Estimate Procurement of Ammunition”. US Air Force. 2011年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c Don, Holloway (March 1996). “STEALTH SECRETS OF THE F-117 NIGHTHAWK: Its development was kept under wraps for 14 years, but by 1991, the F-117 nighthawk had become a household word.”. Aviation History (Harrisburg, Pennsylvania: Cowles Magazines). ISSN 1076-8858. 
  4. ^ Mk 65 Quick Strike Mine”. Federation of American Scientists (1998年12月8日). 2010年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]