A-37 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A-37 ドラゴンフライ

OA-37B

OA-37B

A-37は、アメリカ空軍セスナT-37を基にして開発した軽攻撃機(COIN機)である。愛称はドラゴンフライ(DragonFly:トンボの意)。

概要[編集]

1960年代初期、東南アジアにおいて南ベトナム解放民族戦線パテート・ラーオクメール・ルージュ新人民軍などの共産系ゲリラの活動が活発化しており、アメリカは対抗策の一つとして、親米国にCOIN機としての運用が可能なA-1スカイレイダー(旧米海軍機)やT-28Dトロージャン(旧米空軍機)を供与していたが、A-1、T-28共に1957年に製造終了となっており、将来的に機体の損耗補充や補修用部品の供給が困難になることが予想された。これに対処する形で、T-37の機体を基にしてアメリカ空軍の親米中小国向け新型COIN機開発要求に基づいて設計開発された機体である。

開発・運用[編集]

原型となったT-37には主翼下にハードポイントを設けて武装の搭載を可能にしたC型と、これを基により本格的な軽攻撃機型としたXAT-37Dがあり、このうちXAT-37Dを選定、YA-37Aと改称し、T-37Bの生産機のうち39機が改装の上A-37Aとして配備された。

A-37Aは1967年8月より4ヶ月間、ベトナム戦争において『コンバット・ドラゴン』の作戦名で近接航空支援を始めとして救難ヘリコプター護衛、前進航空統制 (FAC)、夜間阻止攻撃などの実戦評価が行われた。結果は良好であり、続いて『コンバット・ドラゴン』作戦の結果から得られた戦訓を元に各所を改修したA-37Bが開発され、これはすべて新造機として生産された。

A-37Bは南ベトナム空軍にA-1スカイレイダーの後継機として187機が供与されたが、1975年4月30日の南ベトナム敗北によって95機が統一後のベトナム空軍に鹵獲され(残りの92機はタイへ逃亡後アメリカへ返還)、F-5と同様にカンボジア侵攻中越戦争の頃まで戦力として運用されたが、予備部品の枯渇から一部の機体がポーランド、旧ソ連、旧東ドイツに送られたり、ベトナム国内の軍事博物館に展示されたり、海外の軍用機コレクターに売却されるなどされた。

アメリカ空軍では第一線部隊から退役した後、空軍州兵や空軍予備役部隊に配備され、一部の機体はOA-37Bとして前線航空管制(FAC)任務に就けるように通信装置の強化改造を施されたが、現在、A-37Bはより高性能のA-10に更新され、中古のA-37B/OA-37Bは韓国やラテンアメリカ諸国へ輸出・供与された。

各型[編集]

YA-37A
XAT-37Dより改称。2機製作。
A-37A
実戦評価試験用先行量産型。以下の点をT-37Bより改修して製作。39機製造。
エンジンを強力なJ85-GE-5に換装。
6ヶ所(後に8ヶ所に増加)のハードポイントを追加。
通信・航法機材を更新した。
A-37B
A-37Aの運用結果を基に改良された本格量産型。557機製造。
エンジンはより強力なJ85-GE-17Aを搭載。
機体構造を強化。
機首に空中給油プローブとGAU-2B/A 7.62mmミニガンを固定装備。
OA-37B
A-37Bの通信装備を改修し、前線航空管制機(FAC機)とした改修型。

使用国[編集]

アメリカ空軍
ウルグアイ空軍:8機
エクアドル空軍:12機
エルサルバドル空軍:18機
カンボジア空軍
グアテマラ空軍:13機
コロンビア空軍:14機
後に12機を追加購入。
タイ空軍
大韓民国空軍
1975年に旧南ベトナム軍のA-37Bを23機、米国から供与された。2007年に退役し、T/A-50KO-1が配備される予定。退役した機体はパキスタンとペルーが購入を希望していたが、2006年にペルーへの売却が決定した。
また、第239戦術戦闘飛行隊に配備された10機のA-37Bは韓国空軍アクロバットチーム「ブラック・イーグルズ」として活動していたが、もともと曲技飛行に難がある機体である上に、老朽化から2006年に墜落事故を起こし、2007年のソウルエアショーを最後に引退した。こちらもA-50が替わりに配備される予定。
チリ空軍:34機
ドミニカ空軍:4機
ハリケーン被害により全損。現在はスーパーツカノに更新されている。
南ベトナム空軍:187機
うち95機が北ベトナムに鹵獲され、ベトナム空軍で運用された。
ペルー空軍:36機
のちに韓国空軍の中古機を購入。
ホンジュラス空軍:15機
パナマ空軍(現・パナマ航空保安隊):機数不明
詳細不明(1980年代に購入、パナマ侵攻時に米軍によって全機破壊されたといわれる)。

スペック (A-37B)[編集]

A-37 三面図
要目
性能
  • 最高速度:770km/h
  • 巡航速度:480km/h
  • 航続距離:1,480km
  • 実用上昇限度:12,700m
武装

登場作品[編集]

小説[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

@Wiki日本周辺の軍事兵器 - A-37B戦場統制機「ドラゴンフライ」

@Wiki日本周辺の軍事兵器 - ブラックイーグルズ(韓国空軍アクロバット・チーム)