ゼネラル・エレクトリック J85

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼネラル・エレクトリック J85

ゼネラル・エレクトリック J85は、小型で単軸のターボジェットエンジンである。軍用のものは推力 2,950 lbf (13 kN) であり、アフターバーナー付きでは最大 5,000 lbf (22 kN) に達する。このエンジンは、追加の装備やモデルにより 300 から 500 ポンド (140 から 230 kg) の重量であり、これまでに製造されたターボジェットエンジンの中で、最も推力重量比が高いものである。J85はGEで最も成功したエンジンの一つであり、軍用ジェットエンジンとして最も長い期間使用されている。民間機向けは1650万時間を超える運用時間を達成している。アメリカ空軍は2040年までJ85を航空機で使い続けることを計画している。CJ610として知られる民間機向けは、同様の設計であるがアフターバーナーを持たない。CF700燃費を改善するために、後方にファンを加えていることが違いである。

設計と開発[編集]

J85 のカットアウェイモデル。左側に見える動翼列がコンプレッサ(圧縮機)、右側の二列の動翼列がタービン

J85は当初は大型のデコイ航空機、マクドネル・エアクラフトADM-20 クェイル (en:ADM-20 Quail) の動力として設計された。Quailは、飛行中のB-52 から切り離され、地上のSA-2地対空ミサイルが狙うターゲットを増やすために、発射した航空機と編隊で長距離飛行するように設計されている。この目的のため、ジェット爆撃機に追走できる十分なパワーのある小型のエンジンが要求された。イギリスで製造されているアームストロング・シドレー ヴァイパーのように、飛行体クェイルのエンジンは長時間動作する必要が無いので、低品質の材料で製作することができた。

Quailで成功を収めたJ85はその性能を認められ、後に通常の品質の材料で製造され、ヴァイパーのように、T-38 タロンノースロップ F-5カナディア CL-41 チューター、小型攻撃機のセスナ A-37 ドラゴンフライなどの小型のジェット航空機の動力として使用された。最近では、J85 はスケールドコンポジッツの宇宙船スペースシップワンの輸送機であるホワイトナイトで使用され、米国のMe 262 プロジェクト(en:Me 262 Project)のMe 262復元機でも使用された。

上述の通り推力重量比が極めて高い事が、本エンジンが広く普及した理由である。ジェットエンジンは小型であればあるほど推力重量比が高い傾向にあるため、極めて小型にまとめられた本エンジンの高性能は、ある意味当然の事である。サイズは直径が約18インチ(46 cm)で、全長が45インチ(114 cm)である。2段のタービンで駆動される8段の軸流圧縮機を持ち、最大で2,950 lbf (13 kN)のドライ推力があり、アフターバーナの使用でより大きい推力を得られる。海面高度におけるアフターバーナを使用しない最大出力運転時、1時間当たりおよそ400 USガロン(1,520 L)の燃料を消費する。巡航高度および巡航出力においては、1時間当たりおよそ100 USガロン(380 L)の燃料を消費する。

いくつかの派生機種が作られている。J85-21はベースの8段の圧縮機の前に1段追加して、9段の圧縮機とし、推力を向上している。

派生機種[編集]

  • J85-GE-1 - 推力 2,600 lbf (11.6 kN)
  • J85-GE-3 - 推力 2,450 lbf (10.9 kN)
  • J85-GE-4 - 推力 2,950 lbf (13.1 kN)
  • J85-GE-5 - 推力 2,400 lbf (10.7 kN), アフターバーナーでの推力 3,600 lbf (16 kN)
  • J85-GE-5A - アフターバーナーでの推力 3,850 lbf (17.1 kN)
  • J85-GE-13 - 推力 4,080 lbf (18.1 kN), 推力 4,850 lbf (21.6 kN)
  • J85-GE-15 - 推力 4,300 lbf (19 kN)
  • J85-GE-17A - 推力 2,850 lbf (12.7 kN)
  • J85-GE-21 - 推力 5,000 lbf (22 kN)

搭載航空機[編集]

アフターバーナー付きのGE J85を2機装備したホワイトナイト

その他[編集]

仕様[編集]

J85エンジンのカットモデル

概要[編集]

  • 形式: ターボジェットエンジン (アフターバーナ付き、又は無し)
  • 全長: 115~130 cm (装備した機器に依存)
  • 直径: 45 cm
  • 乾燥重量: 180~191 kg (装備した機器に依存)

構成[編集]

性能[編集]


関連項目[編集]

関連した開発

競合するエンジン


参照[編集]

  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X. 

外部リンク[編集]