パナマ侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パナマ侵攻
アメリカ軍の攻撃で炎上するパナマ市
アメリカ軍の攻撃で炎上するパナマ市
戦争冷戦
年月日1989年12月20日 - 1990年1月31日
場所パナマ
結果アメリカ合衆国の勝利
交戦勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 パナマの旗 パナマ
指揮官
アメリカ合衆国の旗ジョージ・ブッシュ
アメリカ合衆国の旗コリン・パウエル
パナマの旗マヌエル・ノリエガ
戦力
57,384以上 16,000以上
損害
死者 24
負傷者 325
死者 100-1,000

パナマ侵攻(パナマしんこう、英語: Invasion of Panama)は、1989年から1990年にかけて、アメリカ合衆国中央アメリカパナマに軍事侵攻した事件である。

経緯[編集]

ノリエガ独裁体制[編集]

1983年以来、マヌエル・ノリエガ最高司令官(将軍)は、パナマにおける事実上の最高権力者となっていた。しかしノリエガ体制のパナマは、非民主的な政治体制が原因で中南米の中でも孤立していただけでなく、中南米における麻薬ルートの温床となっているとされていた。ノリエガは、冷戦下の1966年からアメリカ中央情報局(CIA)のために働いていたことも明らかになっている[1]。ノリエガはブッシュ大統領がCIA長官時代にその手先となり、キューバフィデル・カストロ政権やニカラグアサンディニスタ政権など、中南米やカリブ海の左派政権の攪乱に協力していた。アメリカの麻薬対策にも協力していると考えられており、1978年から1987年まではアメリカの麻薬取締局(DEA)から毎年感謝状が贈られていた[2]

麻薬戦争と反ノリエガ運動[編集]

ところが1986年に税関主導によって行われた「Cチェイス作戦」により、ノリエガがアメリカへの麻薬の輸出ならびにマネーロンダリングに関与しているという疑いが浮上してきた。さらに1987年6月には1981年のオマル・トリホス大統領暗殺にノリエガが関与したという疑惑が持ち上がり、反ノリエガ派がノリエガ排除に動き出すという事態となった[3]。1988年2月にはエリック・アルトロ・デルバイエ英語版パナマ大統領はアメリカの支援を受けてノリエガ解任を発表したが、かえってノリエガ派の国会議員によって解任され、マヌエル・ソリス教育相が大統領代行となった[3]。これをうけて3月にはクーデター未遂事件が発生している。また3月にはマイアミの裁判所がノリエガを起訴し[3]ロナルド・レーガン大統領は「パナマに民主主義が建設されるまでは制裁を続ける」とし、パナマの在米資産凍結とパナマ運河使用料支払い停止を発表した[3]。パナマはこれに対抗してすべての在パナマ外国資産凍結を発表したが、これにより脆弱なパナマの経済システムは大混乱に陥り、産業稼働率が40パーセントに落ち込んだ[3]。アメリカは裏面でノリエガの引退によって訴追を免除するという司法取引を持ちかけたが、ノリエガは受けなかった。またCIAの工作も行われたがノリエガの権力は影響を受けなかった。このためレーガン政権末期の段階で「エラボレート・メイズ」作戦などのパナマ侵攻作戦が策定されている[4]

1989年1月にアメリカ合衆国大統領に就任したジョージ・H・W・ブッシュは、麻薬撲滅のために「麻薬戦争」と呼ばれる麻薬撲滅政策を掲げた。ノリエガは1989年5月に行われた大統領選挙に自派のカルロス・ドゥケ英語版を出馬させたが、当選したのは反ノリエガ派のギジェルモ・エンダラ英語版であった。しかしノリエガはアメリカの干渉があったとして軍をあげて選挙の無効を宣言し、フランシスコ・ロドリゲス (パナマの大統領)英語版会計院長を大統領とし、権力の保持を図った。この動きをうけて5月には暴動が発生しただけでなく、9月30日には再びクーデター未遂事件が発生した。12月15日、ノリエガは議会によって「最高の政治指導者」としての地位を承認させ、独裁体制の継続を誇示した[4]

ブッシュ大統領は5月の大統領選挙直後から特殊部隊のパナマ派遣を極秘裏に承認した[4]。12月16日頃からアメリカ軍人に対する殺害や暴行事件が発生しているという報告が伝えられるようになった。リチャード・ブラウン国防次官の報告によると米軍施設への武装侵入が数十回、そのうちの一件で2人のアメリカ軍兵士が殺害されたとしている[5]。12月20日午前0時45分、ブッシュ大統領はパナマ在住アメリカ人の保護、パナマ運河条約の保全、ノリエガの逮捕を主目的とする「ジャスト・コーズ作戦」の発動を命令した。15分前にはエンダラを大統領として宣誓させている[4]。ブッシュ大統領はこの侵攻をノリエガの煽動に対するアメリカの自衛権発動であると声明している[6]

パナマ侵攻に反対を唱える識者の意見[編集]

D・バーン(アメリカ人記者)

「アメリカはノリエガに反感を持つ将校をけしかけて、反乱を起こさせ、それが失敗することを最初から狙っていました。パナマ国防軍内部の反乱分子が、ノリエガを倒すチャンスをつぶし、アメリカ自身がやらなければならないという状況を作りました。これが、ノリエガもろともパナマ国防軍を叩きつぶすアメリカの戦略だったのです」

J・モリン(パナマ人権擁護センター)

「国際法の条項のどこを調べても、パナマ侵攻は違法です。パナマ侵攻は国連憲章にも、米州機構の憲章にも違反しています。どちらの憲章も主権国家に対する侵害や他国の領土への侵攻をはっきりと禁じています。こうした禁止条項は国際法のもとでは極めて明確です。パナマ市民を無差別に攻撃したアメリカの行為は人権擁護をうたったジュネーブ会議の決議にも反するものです」

E・キャロル(海軍准将 米国情報センター)

「ブッシュ大統領はパナマの民主主義を守るために侵攻しなければならなかったと言いました。一体どうやって、存在したことのないものを守ろうというのでしょう。1903年に独立国家となった時から、パナマに民主主義などありませんでした。 アメリカは再びパナマを支配するために侵攻したのです」[7][出典無効]

侵攻[編集]

アメリカ軍の侵攻の経緯
銃撃戦を展開する第75レンジャー連隊

「ジャスト・コーズ作戦」は当初「ブルー・スプーン」と名付けられていたが、リンゼイ陸軍大将から奇妙な作戦名だ、と評されたのをきっかけに作戦名は「ジャスト・コーズ」と改められた。ブッシュは12月20日未明に空軍海軍陸軍からなる5万7,384人のアメリカ軍をパナマに侵攻させ、ノリエガの率いるパナマ国家防衛軍との間で激しい戦闘が行われた。

アメリカ製の旧式の武器を中心としたパナマ国家防衛軍に対して、ロッキードF-117「ナイトホーク」やマクドネル・ダグラスAH-64 アパッチなどの最新鋭機を中心とした300機を超える航空機を投入するなど、圧倒的な軍事力を持ったアメリカ軍は間もなく首都パナマ市を占領した。

なお、ノリエガはアメリカ軍による拘束を逃れてバチカン大使館に逃れたものの、その後アメリカはバチカンと交渉しノリエガを大使館より退去させ、1990年1月3日にアメリカ軍に投降した。

終結[編集]

ノリエガはその後アメリカ国内に身柄を移送され、1992年4月にフロリダ州マイアミにて麻薬密売容疑等により禁錮40年の判決を受けた(後に30年に減刑され、さらに模範囚であったため2007年9月9日に釈放されたが、麻薬取引で得た資金のマネーロンダリングをフランスの銀行システムを悪用して行ったとして2010年4月26日に同国に移送された。同国にて起訴される予定[8])。また、パナマ国防軍は解体され、非軍事的性格の国家保安隊(国家警察隊、海上保安隊及び航空保安隊で構成される)に再編された。


脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]