M134 (機関銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M134 ミニガン
Gatling Minigun.jpg
概要
種類 連装機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ゼネラル・エレクトリックディロン・エアロ(M134D)
性能
口径 7.62mm
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
装弾数

ベルト給弾

リンクレス給弾方式など
作動方式 電気回転ドライブ方式
全長 900mm
重量 18,000g 総重量推定100kg
発射速度 毎分3,000発 可変式 その他バリエーションが存在する

M134は、ゼネラル・エレクトリック社製の口径7.62mmのガトリング銃。同じくGE社の製品であるM61A1を小型軽量化したもので、この開発経緯から「ミニガン(Minigun)」の通称で知られる。

最大で100発/秒と云う発射速度を誇り、生身の人間が被弾すれば痛みを感じる前に死んでいるという意味で「無痛ガン(Painless gun)」とも呼ばれる。

概要[編集]

M134は、アメリカ陸軍の形式名称で、アメリカ空軍ではGAU-2B/Aアメリカ海軍ではGAU-17/Aと呼ばれている。M61シリーズと同様に6本の銃身を持つ電動式ガトリングガンであり、毎分2,000-4,000発という単銃身機関銃をはるかに超える発射速度を持つ。初期は毎分6,000発だったが、速すぎて弾薬の消費が激しい上に作動不良が多発するため、発射速度が下げられた(当初はディロン社で生産されているM134Dが対応、GE製がこれに倣った)。ベルトリンクに見える部分は給弾ベルトで、この中を通って弾丸が送弾される。

主な用途は軍用ヘリコプターの地上目標に対する制圧射撃用であり、側面ドアの銃架に装着されてガンナー(ドアガン)が射撃する。また、一部の攻撃ヘリコプターでは機首のターレットや機体側面のラックに搭載されるなど、固定武装として用いられる。ベトナム戦争においては輸送機を改造したAC-47AC-119に複数搭載され、弾丸の豪雨を降らせるガンシップの武装となった(後にAC-130へ発展)。

従来の重機関銃のように、三脚を備え付けて地上で使用することも可能である。一部の特殊部隊ではハンヴィーに搭載し、比較的遠距離の敵を早急に無効化する「射程の長いショットガン」としても使用する。

本体重量だけで18kgもあり、加えて多数の弾薬と作動に必要な大容量のバッテリーが必要なため、歩兵の携行兵器としての使用は非現実的である。また、手で構えての射撃にしても、実弾発射時の反動および振動が射手の体力・体重程度では到底制御できるものではなく、不可能である。

そのため、二人以上の歩兵による携行運搬を主眼とおいた、M134の派生型のひとつとして、5.56x45mm NATO弾仕様のXM214(通称マイクロガン)が開発、試作されたことがある。それでもなお、重量過多、反動が強烈過ぎるなどの理由で、計画中止となった。

映画などのフィクションでも人気があるが、登場人物が携行し、手で構えて撃つという現実とは異なる描写がなされ、誤解を招くことも多い。映画に登場するような携帯型は実銃を改造した撮影用プロップである。ただ、これを使用する登場人物はサイボーグ、あるいは人間型ロボットであると設定されている作品も多い。あるいは登場人物が常識外の怪力である事を表現する演出として、現実ではあり得ない事は承知で用いられる場合もある。毎分の発射速度が速すぎてフィルムでは火を吹いているようにしか見えないため、発射速度を下げて撮影されることが多い。

バリエーション[編集]

陸軍型 空軍型 海軍型 説明
XM134/M134 GAU-2/A 該当なし 7.62x51mm NATO弾使用 別称"ミニガン" 6バレル仕様 ガトリングガン
該当なし GAU-2A/A 該当なし GAU-2/Aの派生型
M134 GAU-2B/A Mk 25 Mod 0 GAU-2A/Aの派生型
該当なし GAU-17/A 該当なし GAU-2B/Aの派生型 既存の派生型周辺機器に対応するモデル
MAU-201/AまたはMAU-56/Aの給弾システムを使用する事ができる
XM196 該当なし 該当なし M134/GAU-2B/A の派生型 薬莢排出スプロケット(ギア)を改良した物
AH-56 シャイアンにてXM53アーマメントサブシステムの一環として使用する
UH-1Nに搭載されたGAU-17/A
M134を搭載したハンヴィー
舟艇に搭載したミニガンで実弾演習を行うアメリカ海軍特殊部隊兵士
連続発射で赤熱した銃身


使用国[編集]


登場作品[編集]

漫画・アニメ[編集]

24話の強化外骨格相手の戦闘で、体の大半をサイボーグ化したバトーが使用する。
新撰組突撃隊長の猪首硬四郎が使用。猪首の怪力ぶりを示すアイテムとなっている。
密輸犯の倉庫に転がっていたもの。作中では打撃武器として使用された。
原作5巻で、敵スコードロンのベヒモスが使用。
アニメ第4話に登場。
デラックスモービルに装備されている武器として登場しており、レオナルド博士によると「苦しまずに一瞬にして死ねる武器を搭載してある!」と述べている。
宗像 形が所持。
原作3巻、アニメ6話でレームとマオがヘリコプターへの攻撃に使用。

映画[編集]

 TVドラマCHUCK/チャックSeason3第1話終盤において、チャックとサラを救出するためにケイシー大佐ヘリから掃射している。なお当該シーンはケイシー大佐を演じるアダム・ボールドウィンの注目作『フルメタル・ジャケット』の有名シーン「逃げる奴は皆ベトコンだ、逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ」のパロディである。
 アイアンマンマーク2がウォーマシンに改造された際の追加武装として登場。
エンリケ・サルセイダの武器庫にあった武器の1つにM134の携行用カスタムモデルがあり、普通の銃より大きな本銃を手にしたT-800に対してジョン・コナーは「あんたにピッタリだ」と評した。その後、サイバーダイン社の戦闘では社屋前に陣取るロサンゼルス市警の警官隊に対して窓から掃射を行い、パトカー多数や警官の足元近くを撃って追い立てるが、途中で弾が切れ、その場に破棄した。しかし、威力は通常の機関銃と大して変わらず、パトカーを蜂の巣にするが完全破壊に至らず、むしろM79 グレネードランチャーのほうが強力な武器として描写された。
冒頭の未来世界の戦闘シーンでは人類抵抗軍がM134の部品を用いて作られたフェイズトプラズマ機関銃を陣地機銃やテクニカルの車載機銃として用いている。
ブレインがゲリラとの戦闘時に、マックがプレデターとの戦闘時に使用。
ネオとトリニティーがモーフィアスを救出すべく乗り込んだビルの屋上で奪ったUH-1にドアガンとして搭載されていたものをネオが使用。並の銃とは比べ物にならない連射力を生かし、普通の銃撃を回避するエージェント達に直撃弾を与え、一時的に無力化させた。

ゲーム[編集]

「ミニガン」の名称で登場。ブルートと呼ばれるクローンの一部がミニガンを武装してプレイヤーに襲い掛かってくる。また、プレイヤーもミニガンを使用できるが、行動に制限がかかる。
ロシア人の大男「ヘビー」のメイン武器として登場。近距離では戦闘職の体力が175-300のゲームにおいて秒間500ダメージを叩き出すが、一方遠距離ではピストルの方がマシと言うピーキーな性能。
一部のステージに配置されている他、UH-60の武装としても登場。
MH-60のドアガンとして「機関銃」の名称で登場。ステージでは無限かつオーバーヒートなしで撃てる。ハインドを撃墜することも可能。
「ガトリング」の名称で登場。
「M134 ミニガン」として登場。また、ゲームオリジナルのカスタムとしてクリスマスの装飾が施された「M134 ChristmasEdition」及び性能が上昇した「M134 Predator」が登場。
ほとんどの作品に「ミニガン」として登場。最高の連射性能を誇る。
ヘリからの掃射ができる。
固定銃座かヘリからの掃射ができる。
UH-60 ブラックホーク・M1エイブラムス・UGVからの掃討ができる。
キャンペーンに「デスマシーン」の名で登場。
キャンペーンに「ミニガン」の名で登場。
「ガトリングガン」の名で登場、クリス・レッドフィールド専用銃。
輸送ヘリコプターRHIBボートなどに搭載されている。
「M134ガトリング機関銃」として登場。連射性能はゲーム中トップクラス。
 朱鷺戸沙耶が作中にて使用。

遊戯銃[編集]

実物からして電動であるため、必然的に電動ガンとなる。

1993年発売。ラジコンカー用ニッカドバッテリーで給弾機構を駆動させ、エアタンクやグリーンガスなどの外部ソースのエア/ガスで発射する。
1993年発売。鉛蓄電池で給弾機構・発射機構を駆動させる。2008年にはクラフトアップルより耐久性向上・ホップアップシステム搭載などの改良がなされたリニューアル版が発売された。

外部リンク[編集]

Self-operated
Non-NATO
  • GShG-7.62, Soviet equivalent to the M134.
  • CS/LM12, Chinese equivalent to the M134.
General