スポーツ・ユーティリティ・ビークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SUVから転送)
移動: 案内検索

スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle) は、自動車の形態の一つ。「スポーツ用多目的車」と訳すことができる。SUVと略すことが多い。本稿もSUVと記す。

3ドアと5ドアがあり、5ドア車の一部の車種では3列目の座席をもつものもある。

歴史[編集]

スポーツ・ユーティリティ・ビークルの「スポーツ」とは、スポーツアクティビティー、つまり人間の娯楽的な活動(サーフィンスキーキャンプなど)を指す。

アメリカでの自動車のジャンルの呼び方のひとつとして、政府各省や保険会社でも使われる一般的な用語である。ミニバンRV(アメリカでの本来の意味はキャンピングトレーラーモーターホームを指す)などと同様、あくまでも用途上での分類であるため、必ずしも「四輪駆動」である必要はなく、駆動方式など、クルマの構成、構造による定義は難しい。 あえて定義するならば、元来の、つまり狭義のSUVとは、

  1. アメリカ生まれ
  2. はしご形フレームを持つ
  3. 荷台にシェルと呼ばれるFRP製のハードトップを載せた、ピックアップトラックスタイルを模したクルマ

となる。

ウィリスジープワゴンやカイザー・ジープワゴニアが誕生した時代には、まだSUVの概念は定着しておらず、後年、さかのぼってSUVとしてカテゴライズされている。これらは当初から乗用車として開発され、特にワゴニアは、4枚のドアを持ち、高級ステーションワゴンにも劣らない装備と仕上がりを誇っており、後に登場するビッグスリーのSUVとは一線を画していた。

ピックアップが好まれる北米市場では、この手のクルマには、元となったピックアップに近いスタイルを与えることが販売上有利であり、不可欠となる。フォード・ブロンコは、オフロード走行に適したコイルリジッドフロントサスペンションと専用ボディーを持ち、理想的なクロスカントリーカーとしてデビューした。しかし、販売は芳しくなく、2代目へのモデルチェンジの際、同社のピックアップであるF-150と同様の車体とサスペンションとなった。高い志と先進性を失ったにもかかわらず、販売面では一転して大ヒットとなった、と言う例もある。

日本車では、古くから北米市場へピックアップトラックを輸出していた二大メーカーの、N60系ハイラックスサーフD21型系テラノが本来のSUVの解釈どおりで、2ドアであること、ピックアップ同様のフロントマスクで室内高が低いこと、取ってつけたような荷室の屋根(ハイラックスのFRP製シェル)や窓(テラノの三角形の窓)を持つこと、跳ねるような硬いスプリングを持つことが特徴である。この2車が日本国内で販売された際には、国内の事情に合わせ、スプリングは柔らかく変更され、ディーゼルエンジンがメインとなっている。さらにハイラックス・サーフにいたっては、維持費の低い小型貨物(4ナンバー登録の商用車)中心のラインナップとし、決して利便性に優れたクルマではなかったにもかかわらず、大きな成功を収めた。

アメリカのビッグスリーは以前は、小型ピックアップトラックを国内生産しておらず、日本車とバッティングすることもなかったため、このクラスの輸入関税は低く設定されており、日本製乗用車の輸入台数を制限する代わりの、一種の優遇措置でもあった。後にこれらのピックアップトラックをベースとした2ドアまでのハードトップ(ボンネットワゴン)にも優遇措置が認められたことにより、それまでSUVを手がけたことのない日本のメーカーが参入することとなり、低価格とスポーティーな雰囲気が受け、一大市場へと発展した。

その後ビッグスリーが小型ピックアップと小型SUVの生産に本腰を入れるようになり、2ドア優遇措置が廃止されると、トヨタと日産はこぞって4ドアモデルをメインとしたラインナップへ変更した。この機を逃さず日本のほとんどの自動車メーカーがこのジャンルに参入し、競争が激化することで商品力は急速に高まっていった。ホンダスバルフレーム式のシャシやFRのコンポーネントを持っていなかったことから、自力での開発を諦め、両社ともいすゞと提携することになった。

ランドクルーザー200

レクサス・LXランドローバー・レンジローバーメルセデス・ベンツ Gクラス (ゲレンデバーゲン)などの高級マーケットでの成功により、それまで「無風地帯」だったビッグスリーのフルサイズSUVにもキャデラックリンカーンなどの高級ディビジョンが参入し、もとよりエントリークラスの位置づけであったサターンまでもがSUVを発表するに至り、もはや全米でのブームは決定的となった。

車種の分類基準の不明確さと共に、日本においてSUVを定義することの妨げとなっているのは、国内では、それまで「四駆」と呼ばれていたものが、マーケティングの都合で「4WD」、「オフロード車」、「クロカン車」、「RV」、「SUV」とコロコロと名前を変えられて来たことが原因となっている。

本来軍用車を発端とするクロスカントリービークル(ジープなど)が乗用車化、高級化し、ピックアップ発祥のSUVが、荷台シェルのボディ一体化(メタルトップ化)や4ドア化したことによって、時代とともに互いに歩み寄り、1990年代からは同じSUVの範疇と考えられるようになった。しかしSUVを「スペース・ユーティリティー・ビークル」の略と解釈し、ミニバンも含めて用いる例があるが、これは上記出自からも誤りである。

SUVとオフロード車、または4WDも必ずしもイコールではなく、米国では、販売台数の増加に伴い、2WDモデルの比率が高まっている。山間部や降雪地の多い日本では、もしものときの「保険」的な考えで4WDが好まれる傾向がある。

かつて四輪駆動、4WDと呼ばれたものが非舗装路(オフロード・グラベル)の走破性に重きを置いていたのに対し、SUVはこれに加えて舗装路(オンロード、ターマック)での運動性能も重視して開発されている。しかし、明らかにオフロード重視でありながら、販売上の都合でSUVとされている車種も少なからず存在し、これも混乱の原因となっている。

また最近の乗用車ベースで、SUV風のスタイリングと快適性をウリにしたクロスオーバーSUVの登場により、SUVの定義も「ピックアップあがり」から、高級乗用車へのシフトが見られる。1990年代後半のトヨタ・ハリアーレクサス・RX)の成功以来、BMWボルボポルシェアウディなど、背の高いクルマとは無縁であった高級メーカーやブランドが次々にクロスオーバーSUVを製造するようになった。

また、さほど背が高くなく、見た目もステーションワゴンハッチバックと大きく違わないため、通常クロスオーバーSUVとは呼ばれず、単にクロスオーバーと呼ばれる車もある。これらは主に米国において悪路走破性が認められ成功したスバル・レガシィアウトバックと、それに追従したボルボアウディなどといった欧州メーカーの、グランツーリスモ的なラグジュアリーワゴンの相次ぐ登場と隆盛がその礎となっている。一方、悪路走破性の能力もなく、全高も最低地上高もさほど高くないが、SUV風のボディデザインを使い、クロスオーバーを名乗る車も増えている。SUV自体がシーンを選ばない走行性能とデザインを両立しようとする試みの中から生まれた点が否めない一方で、このようにファッション性のみを追求するようなものも生まれている。また、アメリカでは2000年代後半以降、形状はミニバンとさほど変わらないが、販売政策上有利なためクロスオーバーを名乗るような車や、ミニバンの後継車のデザインをクロスオーバーSUVスタイルにした車も増えている。

フルサイズSUV

スモールサイズSUV

SUVの欠点[編集]

元になったピックアップは、牽引のため、低回転域での大トルクが必要なことや、北米市場の好みから、排気量の大きなエンジンを搭載しているものが多く、SUVもその特徴を引き継いでおり、さらに、車体価格が高く、もしくは、頑丈なフレームや足回りの重量と、追加された駆動系の抵抗など、燃費が悪化する要因が多い。

このため衝突に対してのマージンも多いと考えるユーザーも多いが、最近の衝突安全ボディを採用した乗用車と比較して、自他両方のダメージが大きい自動車であることがわかっている。かつてこの手のクルマのユーザーは、本当にこれらを必要とする層や一部のクルマ好きなどに限られていたが、ブーム以降、不慣れな「にわか」SUVユーザーが急増し、さらにエクスプローラーファイアストンタイヤの相性問題から事故が急増した結果、保険料は大幅に引き上げられることになった。これには車重の大きさによる相手のダメージの大きさも関係している。

また国交省の調べでは一般の自動車に比べて最低地上高や車高が高く、視界が広くなるため運転しやすいことから、意外にも運転に自信のない人や初心運転者に人気が高いともされる。さらにトヨタ店の資料によると年齢的には20歳代、30歳代の交通事故発生率の最も多い若年層に人気が高いとされており、これら諸々の事情からSUVに対する危険を呼びかける場合も多々ある(車重の大きさも原因)。 また、同じ理由(車高が高い)から、多くの立体駐車場に駐車できないことが多く、SUVは路上駐車を助長する要因の一つにもなっていた。

アイルランドダブリンにあるトリニティカレッジの研究者シムズ講師らによると、米国から取り寄せた重大事故に関するデータを分析した結果、SUVはボンネットなど車体前部が乗用車より高く、歩行者と衝突した場合、歩行者が頭部や腹部などにより深刻な衝撃を受ける恐れがある。1990年代前半から日本などでアクセサリーとしてグリルガード(カンガルーバー、アニマルバー、ブッシュバーともよばれる)を装備することが流行ったが、対人衝突時の危険性が指摘され、プラスティック製の形だけのものへと代わり、現在ではそれも見られなくなっている。

各社の商標・ネーミング[編集]

SUVには上記のようなネガティブなイメージがある、あるいは他社製品と差別化したいなどの理由から、現在BMWのみSAV(Sports Activity Vehicle)という名称を使用している。さらにスバル(富士重工業)は乗用車種「レガシィ」をベースにしたワゴンタイプのクロスオーバーSUVスバル・レガシィアウトバック」にSUW(Sports Utility Wagon)という独自の呼称を用いている。そしてヒュンダイ・ベラクルスLUV(Luxury Utility Vehicle)を名乗っている。ほか、乗用車種のシャーシを使用している、または高級志向の強いものに対してCUV(Cross-over Utility Vehicle)という呼称を用いるジャーナリストもいる。さらに、キャッチコピーとしてではあるがトゥーソンixの韓国向けCMでは"Sexy Utility Vehicle"と言う語が登場した。

また、個別の車種についても、"CR-V"(Comfortable Runabout-Vehicle)、ボルボ"XC(X《=cross》 Country)"、レクサス"GX(Grand Cross-over)"など、似たコンセプトの名称を使う車種が多い。

一方で、米国に限られるが、スポーツ性や居住性を重視したスペシャリティーピックアップトラックSUTSport utility truck)、CUT(Crossover utility truck)などと呼んでいる。

車種の例[編集]

参考文献[編集]

  • キース・ブラッドシャー 『SUVが世界を轢きつぶす―世界一危険なクルマが売れるわけ』 片岡夏実訳、築地書館、2004年、ISBN 4-8067-1280-9

関連項目[編集]